刺身をよりおいしく撮るには皿にこだわれ!

2016902tp201

料理をおいしく撮るのはプロでも難しい。刺身は彩りが乏しく、難易度は更に上昇します。

どうしてもまずそうに写るんだけど…」と悩める人は、まず皿に気を使ってみましょう。

スポンサーリンク

刺身は盛り付けより皿にこだわろう

(ある程度)気軽に釣れる魚は白身が大半。どこの家庭にもある大きい皿は洋物が多く、白色が多いから料理と皿が同化します

キレイな白色に濁った色が乗るから、刺し身自体が「なんか汚くない?」ように見えるわけです。

これが、刺身がまずそうに写る最大の理由

皿は料理にとってのキャンバス

◯◯焼」のような陶磁器に、真っ白な皿はほとんどないでしょう?

料理に対する皿選びは、「コントラストを真逆にする」ように気を使うと、ガラリと変わります。

これは「白い皿には暗色で絵を書く」、「黒い皿には明色で絵を書く」かの違い。

──白いノートに白の修正ペンで文字を書いても、わかりにくいでしょ?

文字だけでは伝わりかねると思いますので、この前釣れた”キス”を例にして、皿選びの重要性を説いてみましょう。

※これからの写真は全て同条件(自然光+蛍光灯)をもとにスマホで撮影しています

白身の魚には黒っぽい皿を選ぼう

2016902tp202

これはキスを開いたものですが、白い皿だとこんな感じに写ります。

身に光沢があり「おいしそう」に見えなくもないけれど、血合いが際立ってしまい「生臭そう」に見えます。

この写真には「白と赤」しか存在せず、コントラストが真逆の「血の赤」が目立ってしまう。

同条件で黒い皿に乗せると……

2016902tp203

濁ったように見える皮が皿と同化して透き通ったように見え、身の白さが際立ちました。

先の写真よりはおいしく写っているかと思います。

白い皿は薬味で彩りを、黒い皿は単品でこそ映える

白い皿に大根のツマを乗せても、「シュレディンガーのダイコン」になるので意味がない。

こういう時に使いたいのが「大葉」「しそ」「細ねぎ」などの緑色。「笹」を敷くのも効果的で、模造の「タンポポ」を乗せてもいいし、「もみじおろし」もアクセントになります。

コツとしては一皿に「3色」を使うよう意識すると見栄えが良くなりますよ。

黒い皿だと緑色は同化してしまうので、刺身とツマだけで勝負する。

この時に重要なのが、刺身の”厚さ”です。

身の厚さでも皿はこだわるべき

先の写真を見てもらえばわかるとおり、身が薄いと皿が見えてしまい、同化してしまいます。

なのでこの場合にはなるべく厚く切り、透過しないようにすると刺身が映えます。

どうしても薄く造りたい場合にはツマを敷くか、柄物の皿を使うと効果的。

2016902tp204

ふぐ刺し」がいい例です。薄く造る場合には柄物の皿が役に立ちます。

イラストを写した「痛皿」があっても、おもしろいんじゃないかなと。

料理にフラッシュは厳禁!照明もこだわるとプロっぽくみえる

料理の写真に”影”が必要な場面は、「高さ」を表現する時。

ラーメンの”二郎盛り”は、逆から光を当てて野菜に影をつけるほうが、その高さが伝わりやすいでしょう?

ステーキの”厚さ”も同様で、絵を立体的に見せるために”影”は欠かせない存在です。

飲食店はテーブルごとに照明が備え付けられており、”昼白色”の蛍光灯を使っている所は少ないです(清潔感を出したいなら昼白色)。

赤みを帯びた”電球色”は、室内に暖かみを持たせる効果があります。

これがあるとないとでは、料理を写真に撮る場合の”見え方”が全然違います。

照明を用意しても1人じゃ持てない、照明クルーを雇わなきゃ(使命感)」と思うかもしれません。

そんな時に役に立つのが「クリップ型の間接照明」です。

小型もあるので、それをスマホに付けるってのもアリ。

LEDの昼白色で同じような物があれば、肌色のストッキングをかぶせるとか、コンビニの弁当袋をかぶせるとかでもある程度対応できます。

ほとんどの家庭でもダイニングテーブルを置く場所には、白色の照明が存在するか付けられるようになっているので、キッチンで撮るよりもリビングで撮ったほうがまだおいしそうに撮れやすいです。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

刺身をよりおいしく撮るには皿にこだわれ!
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
JINSサングラス
スポンサーリンク