メタルバイブの弱点をなくした「飛び過ぎダニエル」でサーフを戦う

2017318tp191

Jacksonから発売された「飛び過ぎダニエル」は、個人的に「いい仕事してますねぇ!」と思ったルアー。

春サーフで幾多のフラットをげっちゅしそうな雰囲気ですが、見た目とキャッチコピーは、もううんざりするほど”いつもの”です。

けれど、わりと馬鹿にできない点がある。

ルアーの飛距離なんてもう、うさぎとうさぎの競争みたいなもの。

メタルジグではやりにくいスローリトリーブでのアクションと、メタルバイブを使う上で厄介な糸絡みを軽減する。

その使い勝手こそ、推していきたい

スポンサーリンク

「飛び過ぎダニエル」の超後方重心がもたらすメリット

「飛び過ぎダニエル」くんは、これより先に発売された「ダニエル」のマッチョ版。

こちらはトラウト向け”プレートジグ”として生まれ、見た目通りメタルジグとメタルバイブを融合させた、新しいタイプのハードルアー。

ぶっちゃけ「スプーンの亜種」みたいなもの。

メタルジグは鉛の塊で、どうしても薄くできない難点がある。

厚さが均一であれば、水中の抵抗によるアクションに期待できないため、ただ巻きで使うと他よりアクションが控えめになってしまう。なので、上下に動かしてヒラヒラさせるのが定石だった。

これは前を鉄板に、後を鉛で太くすることで、水中の抵抗で尻をフリフリと──ただ巻くだけで誘えるルアーとなっている。

……というのがアクション面での”ウリ”で、ただ巻きで誘えるとか他にいくらでもある。

同型と比べるならフリッパーが先行した今では、わりとどうでもいいレベルだし、飛距離にしても「同じ重さのメタルバイブ内では」の意味ならNo1であるのも間違いない。

既にユーザーが飽きて懐疑的になっている点を今更推しても、道化っぽく映るだけ。

コイツのメリットは2つある。

スローリトリーブで使えることと、メタルバイブより糸絡みが軽減されること。

よく飛ぶルアーほど糸絡みすると困る

メタルジグ・バイブをぶん投げた時、糸がフックに絡まって即回収するハメを経験した人は多いと思う。遠くへ飛ぶ後方重心ほどよくなりやすく、その時は時間の無駄に感じてしまう。

同タイプ(に見える)ジグの「フリッパー」や「スピンビーム」の場合は、後方重心を謳っても、せいぜい「中心からやや後方」程度。

メタルジグは性質上、重心がどうしても中心寄りになってしまうので、ボディにトレブルフックを付けるよりフロントにアシストだけのほうが、圧倒的に糸絡みは解消できる。

着水後の糸絡みを防止するには、着水前にラインをピンと張る”フェザーリング”をすればいい話だけど、30g以上のルアーが時速ンkmでカッ飛んで、スプールから激しく出されるラインを指で抑えると、「これ指が吹っ飛ぶんじゃねぇかな?」と思う時もある。

というわけで、重いルアーほど、こちらの小細工を受け付けてくれなかったりする。

しかし「飛び過ぎダニエル」は、超後方重心のため着水後は確実に後ろから沈みやすい。結果的に、そのテクニックをあまり必要としない利点がある。

ルアーの重心がどこであれ、オーバーキャストで投げる場合は、基本尻から飛んでいく。

時計の長針と短針みたいなもので、円周上の外側に重心があるほうが、相対して力学的アレがソレして、バヒューンと飛んで「すっごーい!」わけである。

これが「後方重心で飛距離が伸びる物理学的カラクリ」です。

「すごーい! ちょっと不慣れなアングラーにも優しいルアーなんだね!」

人がみっちりいて、真正面しか投げられない「脳死プレイ」な状況において、コイツは有利に働いてくれる。

ぶん投げて着底させ、ゆっくり巻いてくる──。それと同じやり方を他の”釣れるメタルジグ”でやっても、弱いアクションに反応しない時であれば食いついてこないかもしれない。

「飛び過ぎダニエル」は、スローでもウォブリングするプラグのように、”ちょっと頑張って逃げている小魚”を演出してくれる

底をとってからスローリトリーブでスレスレを。それより少し早く巻いて50cm上、もっと早くして水面下──。

など、リールを巻く速度でレンジを変えつつ、同様のアクションで反応を探れるから効率もいい。

「メタルジグではできないアクションを、メタルバイブでは届かない場所を」

これが「飛び過ぎダニエル」のキャッチとしては無難じゃないですかね。

サーフのヒラメとシーバスを狙うには丁度よく、満潮時の干潟でも活躍できそう。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

メタルバイブの弱点をなくした「飛び過ぎダニエル」でサーフを戦う
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク