釣具を財産にするための心構え

釣具には高価な物だったり、希少性や芸術性に富んだ物もあります。それらは後に「財産」と成る可能性も──。

物を大切に扱えば、価値は下がりにくく、愛着も沸く! だから日々のメンテナンスは必須事項!

スポンサーリンク

釣具を大切に扱うことは心を豊かにする

日本は”八百万の神”が在るように、古くから物を大切に扱えとの教えがあります。

ところが、近年はコスパ信仰が隆盛に……。物を使い切るに考えがシフトしていますね。経済を回すには、それが一番かもしれない。でも良い物こそ、長期目線ならコストが安くなることもあります。

釣具にも使い捨てな部分はありますが、竿とリールはそうでもない。大切に扱うほど長く使えますよね。

じゃあどのように付き合えばいいのでしょうか。

釣行後は一緒に風呂に入るくらいの感覚でもいい

釣具にとって最大の敵は「汚れ・サビ・塩」です。

汚れは砂や泥のこと。地面に落とせば、そりゃもうべったり着くこともあります。でも、空気中に漂う塵が静電気でくっついたり、花粉が油脂類に溜まることも、忘れてはいけません。

サビと塩はソルトアングラーについてまわる問題。海に入ったラインは海水を含みますし、通ったガイドにも海水が付着します。淡水でもミネラル分が残ることも。

洗い流さず放ってしまうと、乾燥して結晶化するため、キズの原因や可動部の故障に繋がります。

これらを防ぐためには、釣行後、まず水洗いすること!

流水で洗い流したら、水気をしっかり拭き取り、乾燥させましょう。あとは適時オイルを足したりするだけでOK。

正しい使い方と正しいメンテナンスをするだけで、製品の寿命はのびていく

世には「メンテナンスフリー」と称す製品も多くあります──が、釣具においては、「最低限水洗いくらいしてね♪」と注意書きがあります。

高価なほど”ノーメンテ”の傾向が強いと思われがち。それを実現するのは、充実したアフターサービスがあってこそ。

釣具はカーディーラーのように、持っていけばすぐメンテしてくれるような施設がありません。だから、ある程度は自分でやる必要があります。

それが「釣行後の水洗い、からの乾燥」になります。

商品価値を下げないための努力とは、どんな製品にも通じますが……

  • なるべくキズをつけない
  • 動作不良を起こさない
  • 付属品(箱・説明書など)を保管する

などを心がけるといいでしょう。価値を下げないために、もっとも重要なのは、”なるべくキズをつけない”ことでしょうね。何でも「見た目」はやっぱり大事です。

日々のメンテナンス方法はプロに聞け!

タックルオフのHPにある、リールメンテナンスの方法がなかなか細かく書かれており、参考になりやすいかと。

スピニングリールのメンテナンス方法について|釣具のイシグロ|中古リサイクル釣具専門通販サイト|
このページではスピニングリールのメンテナンス方法について解説しています。正しい方法をご覧いただいてこまめにメンテナンスを行いましょう!

「何にもメンテナンスしないと、逆に高くつくこともある──」みたいな文言もあるし、信頼に足る記事でしょう。

釣具のメンテナンスは、水道水で洗って、拭いて、乾かす……! 釣行後は必ずこれを遵守するだけで、しないより格段にマシです。

リールやロッドをキズつけないためには、ロッドホルダーやリールスタンドを活用するといいでしょう。

リールスタンドはちょっとしたアクセにもなるからおすすめ。

特にサーフやウェーディングは砂と海水が近くなるため、ホルダーやスタンドは用意しておくべきです。