蓄光するジャケットは夜釣りの救世主になるか?!

蓄光するジャケットは夜釣りの救世主になるか?!

クラファンでこんな商品を見かけていました。

電源不要で暗闇に映えるジャケット!

ほう……見出しからして、夜釣りの救世主になりそうじゃないの。

しかし詳細を見ると、微妙かもしれない……。

夜に光るジャケットは夜釣りの理想だが

夜でも光るジャケットは「Firefly Jacket」といいます。商品紹介ページはこちら。

安全・快適・夜ランニング!電源不要で暗闇に映える『Firefly Jacket』
『Firefly Jacket』は、自ら蓄光・発光するジャケット。外部電源不要で夜のランニング、ウォーキング、自転車通勤を安全にお楽しみ頂けます。また通気性と防水性を兼備。汗による蒸れも防ぐのでレインコートとしてもOK。光を当てると文字も書けるので夜フェスやイベントでも注目度UP間違いなし!

電源無しでも光るのは、このジャケットが蓄光タイプだから。

ジャケットに懐中電灯なりスマホのLEDライトなどを照らして蓄光させれば、約1時間ほど発光をしてくれる──という物。

「これ便利じゃん!」──と思いました。

でも……1時間かぁ……。釣りをするには短いよね。

ウォーキングとランニングにはいいけど釣りに向かない理由

電源不要とはいえ、発光している時間は1時間。

ウォーキングやジョギングなら1時間は丁度いいですね。でも魚釣りは……ルアーを3回ローテするくらいで暗くなります。

「再び蓄光させればいいのでは?」

そのためには、自分に光を当てる必要があります。夜に光を扱うのは、他人の釣果だけでなく、自分のチャンスも逃す恐れがあります。

でも全体が蓄光素材だから、標識灯代わりに使うとすれば、背中か腕の一部分だけ光らせればアリかも。

夜ランニングに! 電源不要で発光するジャケット「Firefly Jacket」
こちらは、メディアジーン コマースチームからの記事です。ライフハッカー[日本版]より転載:不要不急の外出は控えるようにと呼びかけられる昨今、ジョギ...

闇夜に浮かぶ洋服を、発光だと知らない人にどう映るだろう

むしろ気になるのは、真っ暗な海に服がボーッと光っていると、亡霊じゃないかと誤認されかねないこと。

下手すればTVクルーが来るかもしれないし、SNSでバズっているかもしれない。

多くの釣人がFirefly Jacketを着用し、闇夜にたくさん並べば、暗闇に服がたくさん浮かぶ、面白い絵が撮れるのではないかと。