インナーを見直すことで防寒効果は劇的に変わる

 

シベリア寒気で日本は一気に冷え込みました。

気象庁の3ヶ月予報では、今期の冬は「平年並みの気温」とコメント。

その後、「寒気が入りこんだ場合には一時的に寒くなります」という……。

 

結局いつもと変わらないやんけ!

 

防寒着も高いほうが良いのは確か。

けれども保温・保湿の要である「インナー」の選択を、おろそかにしては防寒といえない。

時にはジャケットを買うより効果のある、冬期向けのインナーについて紹介。

スポンサーリンク

釣りブランドのアパレルは無駄に高いしダサい

常々思っているけれど、釣具メーカーのアパレルは、「本格登山用より高いクセにダサいのはどうなの?」って話。

メーカーロゴも無駄に大きくステッチしてあるし、俺はスポンサーじゃないぞと。

おまけに闇に同化する暗色が多いから、夜道で「ヒエッ!」と驚かれても無理もない。

 

「ロゴで同属を見分けるためなのかな…」とも思っている。

それが格好いいっていう人もいるけれど、私はそれをガチ勢の判断材料にしています。

防寒ジャケットはアウトレットで探せばいくらでも安くていいのがある

釣具のアウトレットとなれば、「アウトドア&スポーツ ナチュラム 」とか大手ECサイトで探すのが楽。

でも日本にはアウトレットモールがある地域も。リユースよりも、「安いなら何でもおk」の感じで、わりと寛容的だ。

 

釣りの防寒着なんて、「この◯タゴニアのジャケットにロゴマーク入れて適当にヨロ☆」って作ってもらう委託だから、OEMより数割値段が増す

その数割をどう捉えるか──。

私は正直釣りのアパレルはいらないので、よっぽどイイと思わない限り広告も紹介もしません(興味ないから)

防寒着より即効で効果がわかるインナーシャツ

冬期のファッションは、アウターで覆ってインナーや小物をチラ見せするのが多い。

防寒重視となれば話は別で、例えばインナーを数枚重ねると、どうしてもシルエットが太くなってしまう。

 

そこで役に立つのが、ピッチリとして保温・保湿にも優れるインナーシャツの出番

なおシックスパックに鍛え上げられたボディで着ると、むしろこれだけで異性が入れ食いである。

釣行に着るのはハイネックがおすすめ

防寒のコツは、とにかく肌に外気があたらないよう、密閉を重視すること。

私は冬になると、ジャケットを着て陸でもウェーダー履いたりして、そんでゲームベスト着る。

そうすると、首と手首が寒いだけで、防寒としてもう十分じゃない?

 

 

冬のインナーシャツはハイネックを選ぶほうが絶対いい。

これを着てアウターも羽織れば、車で移動していると、それなりに暑い……。

筋肉を纏うことで代謝が加速し、基礎体温が上がるから、肉体を鍛えることも重要です。

 

「充電式ヒーティングインナー」は待つ釣りでも極寒から手足を守ってくれるよ!
今冬は初春のような暖かさで、苦行の夜釣りも「それほどでもない」とまだ謙虚でいられる自分。 でも朝方の冷え込みがヤバイのは安定している。そう、前回の釣行で再認識した。 冬期の釣りが苦行たる理...

微動だに出来ない冬の夜釣りで戦うための、電熱で温めるタイプの記事はこちら。

アパレル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生