【防寒】零下の魚釣りが楽しくなるインナーシャツの選び方

零下の釣りは過酷だ──。

ガイドは凍るし、まつ毛も凍るし、油断すると春まで冷凍保存されてしまう。それでも釣り人は水辺に行く。真冬だからこそ出来る釣りがある。あとは負けないよう、防寒対策をビシッとするだけ!

防寒はアウターが要。でも「インナーシャツ」の選択も大事です。

スポンサーリンク

インナーシャツの保温と保湿が生命線!

冬になれば水温も下がり、主だった魚は温かい外洋に旅立ったり、地熱を感じる海底でジッとしている。全体的に活性が低くなり、狙える魚は少なくなるけれど、釣りが出来ないわけじゃない

真冬ならではの対象魚は「ロックフィッシュ」と「ワカサギ」です。

かたや冷たい風が吹き抜ける堤防。かたや湖面の氷上で暖をとらないとヤバイ場所。寒さに耐えるため、外気を遮る「アウター」が注目されがちだけど、肌着になる「インナーシャツ」も重要なんです。

保温力を追求したインナーを着るメリット

運動の習慣があり、筋肉がある人は「保温力を優先するべき」です。

体温低下時の発熱は筋肉がキーになります。同時に発汗もするので、インナーの素材が効率よく排出することで、保温力を常に高く保ち、真冬でも中からぽかぽかします。

おすすめは『mont-bell』のジオライン・ラウンドネックシャツ

厳寒期の登山は”汗をかいても温かい”が重要。速乾性に優れ保温も兼ねる、メチャよくばり機能のインナーシャツ。アウトドアブランドならではの信頼度があります。

保湿力を追求したインナーシャツを着るメリット

保温優先の素材は速乾性に優れるため、乾燥肌にはつらいことも……。なら適度に保湿してくれる素材を選べば問題なし!

裏起毛でコットン素材の『グンゼ』HOTMAGIC(ホットマジック)がおすすめ。

肌に優しい自然素材。適度に湿度を保持しつつ、防寒に重要な保温も忘れない。乾燥肌だったり寒がりな人は、これにカイロを合わせて戦いましょう!

肌が弱い人は自然素材を選ぶこと

防寒インナーの代表であるヒートテックなど、安価で高機能な物は、合成・化学繊維が多く使われています。肌の弱い人はこれらに敏感で、肌荒れを引き起こしたりと、体質が合わない悩みもあるようです。

ヒートテックは水分を吸収することで発熱する仕組み(吸湿発熱繊維という)。汗をかくと温かくなるけど、逆に肌は乾燥していきます。諸刃の剣かな?

肌が弱い人と、乾燥肌の悩みを解決するのは、「綿100%」などの自然素材が多く使われている物。デメリットは値段が少し上がるだけ。

アトピーや敏感肌などの対策にもなります。繊細なお子様には気を配り、「冬になると肌が……」と悩む大人も素材を見直してみては?

スポンサーリンク

【まとめ】インナーの選択は値段じゃなく用途と素材から!

防寒アウターは値段が性能に直結しやすい。それってなんだか、札束を燃やして暖を取るような……。

インナーシャツは肌に触れるので、値段よりも素材と用途を優先するべきです

  • マチョい人は保温優先
  • 乾燥肌・敏感肌なら保湿優先

──で、だいたいOK!(投げやり)

体質と用途に合わせたインナーシャツの選択方法

自分の肌を知るには「スキンチェック」か皮膚科に相談を

指輪やピアスなど、金属アレルギーチェックが必要なこともあるし、パーマ液やブリーチでテストをすることもある。これらはその場でテストできますけど、ダメでサヨナラ~になると時間のムダすぎます。

皮膚のアレルギー検査は、最寄りの皮膚科に相談してみるといいでしょう。3割負担で3000円ほどかかるようです。

簡易なら「チェックサイト」もあります。誰かと一緒にやってみるのもいいかもしれませんね。

タイトルとURLをコピーしました