キャスティング

テクニック

釣りとキャスティングは目標に向かって投げることで上達する

朝日に向かってひたすらブン投げるサーフルアーを続けていたあの頃。 常にMAX飛距離を求めていた弊害は、狭い場所でそこに落とさなければならない時、下手さが露呈する。
リール

【17’EXSENCE DC】中二病をくすぐる漆黒のベイトキャスティングリール

もともとエクスセンスシリーズは漆黒なのですが──さらに真っ黒に。 ”漆黒に秘められた闘志”と煽っちゃっているから、シマノの開発陣にも患ってるボーイズソウルの方々がいるから、「格好いいと思える...
ロッド

キャストタイプで飛距離を伸ばすロッド選びのポイント

ここでいう”キャストタイプ別”とは、投げ方のスタイルや必要な力のこと。 サーフルアーは「飛距離が重要!」と、なんでもかんでも遠くに飛ばそうとさせる。そのため重いルアーに、性能のいいロッドが推...
タックル・小物

竿を振るだけで投げれる補助アイテムの『パトラキャスト』

投げ釣りの初心者にとって、最初の壁は”投げること”。 その中でも「指を離すタイミング」が最も難しいと感じるし、糸で指を切る可能性もある。 『パトラキャスト』はそんな悩みを解消してくれる画期...
リール

ベイトリールで100mオーバーを実現した「アンタレス’16」とペンデュラムキャスト

旧アンタレスで99mを記録したミラクルジムは、新型”アンタレス'16”で約110mを記録。 飛ばすための技術の粋を集めたリールですが、それをフルに活かすのはやはり”キャスティング”でしょう。...
テクニック

同クラス対抗飛距離決定戦!飛ばないルアーを飛ばす技術

飛ばないルアー代表”ロウディー”を遠くへ投げるのにはコツがいる。 それはロッド次第なんだけど、あえて向いていないロッドを使い、なるべく遠くへ飛ばす術を模索し続けてはや半年。 昔から「飛ぶ」...
サーフルアー

サーフで飛距離は重要!でも実際どのくらい欲しいの?

サーフルアーは「よく飛ぶ!」「圧倒的飛距離!」「ヤバイ!(適当)」と空前の飛距離ブーム。 「いやいや、普通に考えれば100m飛ばした方が有利でしょうよ」と思うので、ソレに関して特にツッコミは...
テクニック

疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ

サーフルアーやショアジギングは、重いルアーを長いロッドで投げるため、けっこう疲れやすい。 それを助けてくれるのはタックルの性能ですが、キャスティングも重要です。 重いルアーを楽に遠くへ...