キャスティングが向上するおすすめの筋トレとは?

魚釣りはアウトドアスポーツなので、太陽光を浴びるし、健康にいいのは間違いない。

でもアングラーが想像するほど筋肉はつきません

マグロとバトるなら話は別。ジム通いでベンチプレスしつつジョギングで心肺も鍛えたほうがいいでしょう。

 

ルアーメンはすべからく、体幹を鍛えたほうがいい。

最も簡単なアプローチが「30日プランクチャレンジ」です。

スポンサーリンク

現代人の運動不足は立っている時間が短いから

車社会で生きる自分を省みると、「立っている時間が少ないな…」と感じます。

デスクワークなら尚更で、電車通勤に比べると歩く機会は少ないし、普段の生活から急に”1日地下鉄乗り継ぎ大会”を経験すると、足腰がガクガクになることも。

なので最近は読書の際に、自室で立ち読みをしています。効果があるかは、知らない。

 

通勤の過程だから慣れる──てことは、筋肉が出来上がり疲れない体に仕上がっていることになります。

じゃあ運動不足の状態でどう追いつけばいいか。それは筋肉をつければいいだけの話。

キャスティングの技術にパワーはあまり必要ない

ロッドを振ってルアーを投げるキャスティングは、釣りの動作で最も体を動かします。

「投球と同じやろ?」と勘違いしている人が多いですが、慣れるほど腕の力はほとんど必要ありません。大事なのは腰の回転であり、体幹です。

 

どれだけロッドを速く振ろうとも、曲がりの限界点を超えてしまうのは力の無駄。

ロッドは「重さで曲がる→反発で戻る」の作用があるし、曲がりも「これ以上は無理!」の限界点がある。

反発で”元の位置”に戻る最中に振ると、限界点に戻ってしまうため、ロッドがねじれる原因になり、アキュラシーが低下します。

 

なので最も効率的なキャスティングとは、曲がりの限界から反発までをおいしく使うことを指します。

キャストのリリースポイントはだいたい真上の12時の位置。

そこからバックスイングだけで曲げ、12時の位置でリリースする……。理屈だとそれが最大効率になります。

スイングスピードを補助するのは腰の回転

ロッドが柔らかいほど腕の力だけで済みますが、ブリ相手のショアジギングモデルなどは、腕の力だけで曲げるのは疲れます。

重いルアーを使えば少ない力で曲げることができますけど、その状態で速くスイングするほど負荷オーバーで折れやすくなります。

 

硬いロッドでキャスティングするのに向いているのは「ペンデュラムキャスト」で、他記事で詳しく書いているので参考にしてください。

疲れず手返しよく重いルアーも投げれるペンデュラムキャストのコツ
サーフルアーやショアジギングは、ゴツいタックルを使うことが推奨されているのに、毎回全力投球しているアングラーをたまに見かけます。……それってすごい疲れない? 重いルアーでも軽い力で投げることができるのが”キャスティング”です。この場合特に...

これも突き詰めると腕の力はあまり必要としません。

 

ならどこでスイングスピードを出せばいいのか?」というと、体のひねりでそれを補うため、腰の回転が重要になります。

それを支えるために、体幹の筋力が重要なんです。

体幹を鍛える30日プランクチャレンジ!

プランク」とは、床に肘をつけて足をピーンと伸ばし、腕立て伏せのような位置でキープするトレーニング。

これだけで体のほぼ全体の筋肉を鍛えることができ、腹筋と背筋が特に効くため、立ち姿勢の改善に繋がります。

30日プランクチャレンジ|キツイけど効果大|小さな成功で人生変わる

詳しくは他サイトを参考してもらうとして(丸投げ)、プランクのコツは足の親指だけで立つ感覚ですかね。指全体で体を支えよりも腹筋にクルのが実感できるでしょう。

 

これを30秒維持できるならそこそこ、1分以上なら普通以上てところ。

30秒以下は筋力不足なので、これから鍛えましょう。

毎日”1分間”を目安にしていれば、普段運動をしない人ほど、1週間で姿勢になんらかの変化が現れるかと。

スポンサーリンク

サーフルアーメンに体幹トレーニングは重要!

サーフルアーは身につける道具が無駄に重い……。

ベストに重いルアーをいくつか詰め込み、長くてハードなロッドに合わせたリールはそれなりに重い。おまけにウェーダーを履くし砂浜は足腰にくる。

それをすることが筋力アップに繋がるといっても過言じゃないですね。

 

体を支えるに必要な筋肉は、足腰はもちろんですけど、上半身は背筋と腹筋が重要なので、サーフルアーだと特にそれが重要です。

体幹を鍛えると、マジで疲れにくくなりますよ。

あとは浸かるウェーディングでも有効です。船の曳き波などでも背筋と腹筋で踏ん張れるので、ディープをするほど鍛えましょう。筋肉は嘘つかない。

筋トレが最強のソリューションである──』は、ベストセラーにもなった”筋肉が君を救う”みたいな書籍。

適度に体を動かすほうがストレス解消や脳の活性に良く、結果として健康に繋がります。

ジムに通うほうが質はよく短時間で済みますけど、長く続けるなら室内の自重トレーニングを隔日でやるのが効果的です。

体幹トレーニングにヨガは効果的

最近何かと瞑想とヨガが話題です。

瞑想は自律神経のリセットに、ヨガは体をほぐしつつバランス維持のため、体幹も鍛えることができます。

 

「ヨガ教室」も珍しくなくなったし、隙間時間や寝る前にベットの上でもできるから、隔日の筋トレ代わりにするのも有効です。

ネットで検索すればヨガポーズはいくらでも出てくるので、それを参考にはじめてみましょう。

でも正しい姿勢を把握するには、第三者から評価してもらう必要があるので、教室を利用するのは間違った選択じゃないし、新しい交流を作るにも役立つかと思います。

 

Tipsライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生