キャスティングの飛距離を測る方法とメリット

キャスティングの飛距離を測る方法とメリット

キャスティングの飛距離で、アングラー同士がマウントを取り合うこともある。

「俺のほうが飛んだ!」「いいや俺のルアーが先に落ちた!」など、目測で何十メートルを正確に測れる人はそうそう居ない。じゃあ便利な道具に計測してもらったらどうだろうか? 正確なら後腐れなく、優劣がわかるじゃないですか。

というわけで、キャスティングの飛距離をなるべく簡単に測る方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

キャスティングの飛距離を測るメリットはどこにある?

キャスティングの飛距離に関しては、特にサーフルアーで競争が激しいです。確かに遠くに飛んだほうが有利ですが、実際のところ「それほど意味なくね?」と気づくことになります。

ぶん投げるだけなら誰でもできる。より重要なのは、魚が居る場所に投げ入れるかどうかのアキュラシーだ!

ルアーの飛距離を測る方法はいくつかありますが、測定するメリットとは──

  • 自分にできうる最大飛距離を体感できること
  • 「このルアーはこれだけ飛ぶ」の指標ができること
  • 飛距離を理解することでメソッドの組み立てがしやすくなる

などが主な効果になります。ではひとつずつ説明しましょう。

自分にできうる最大飛距離を体感し理解する

販売されるルアーには「飛距離○m」の目安があります。これはテスト中の平均値であり、使用するタックルやアングラーの力量次第で増減します。

例えば70m飛ぶルアーを投げた場合、自分のタックルでは50mまでしか飛ばなかったなら、明らかにセッティングが合ってないとわかります。推奨されるタックルと同じなら、キャスティングの力量が足りてないと判断できます。つまり、何が自分に足りてないかが明確にできるわけです。

「このルアーはこれだけ飛ぶ」の指標ができること

70m飛ぶルアーをきっちり70m飛ばせるようなら、どのルアーでも性能を引き出せることでしょう。それは第一段階で、次は無数のルアーを体験して、「この形状と重さなら……○mは飛ぶな!」を覚えるのが次のステップ。

色々なルアーを体験すると、形状と重さでおおよその飛距離は予測できるようになります。目視する先に落としたい精度が必要な場合、予測できる力が重要になってきます。特に陸っぱりの障害物狙いに役立ちます。

飛距離を理解することでメソッドの組み立てがしやすくなる

ルアーの性能を引き出すことに慣れて、目測でどのくらいの飛距離が欲しいかを理解できれば、あとは魚が居る場所に投げ入れるだけ。

「あそこに魚が居そう」「多分50mくらいだな」「水面下には居ないからボトムを狙うか」「ならシンキングで15gもあれば十分だろ!」──と、投げ入れるべきルアーの選択が早くなります。これは知識と経験の豊富さにも左右されます。目測で50mあるのに、40mしか飛ばないルアーを使っても、時間の無駄でしょ?

スポンサーリンク

キャストしたルアーの飛距離を測る方法

測定のアプローチは2種類あり、アナログかデジタルかで分かれます。

アナログはメジャーを使うか、歩数を数えるかで調べることができます。海に向かって歩くわけにもいかないので、広場を使う必要があるのと、1人で計測するのが面倒なのが難点ですね。この方法なら50mまでどのくらいあるか、を理解しやすいかと思います。

デジタルは測定器を使います。近年は技術も進み、ボタンを押して即計測できる物も。仕組み上、どうしても誤差があるのが否めません。

ここではデジタル測定器をもう少し掘り下げてみましょう。

デジタルな計測器で瞬時に測定する

デジタル測定器の代表は「レーザー測定器」で、ポインターまでの距離を瞬時に算出してくれます。ゴルフの飛距離測定に活用されており、遠くの対象物との距離を測れるから、建築の測定でも活用されます。

ルアーの着水点にレーダーを当てれば、飛距離がわかるわけですが……レーザーは使う状況によって誤差のブレが大きいことが難点。

デジタルの測量には、「三角視差」「光線の反射」「超音波」など、数種類の測定法があります。三角視差はみんな大好きサイン・コサイン・タンジェント的な算出方法によるもの。光線と超音波は”速度”が決まっているため、反射して戻る時間で距離を測定しています。車が時速60kmで走れば、1時間後に60km走ってるやろ? なニュアンス。

誤差が生じるのは仕方ないわけもなく、使う側が正確に測れるように使えば精度が増します

デジタル計測器は使用側に知識があってこそ精度が増す

例えば三角視差の測定を数学の問題にすると、「目線の角度と影の長さだけで木の高さを計算して?」みたいになります。

木の頂点までを求めるなら直角三角形になるため、目線の角度が30度だとするなら、内角の和が180なることを利用して、視線と頂点の角度を算出できれば、三角形の一辺それぞれの長さを求めることができます。アナログの測量機もこれと同じ原理。だから数学はいつどこで必要になるか、仕事を決めるまでわかりかねないものです。

直角三角形の解法(1)

光線と超音波は速度が決まっているため、跳ね返る経過時間をもとに距離を算出できます。ちなみに世界で最初に「光速」を測定した方法は、高速回転する歯車の”隙間”に光線をあて、ぶつからずに反射した時の時間で算出したそう。

これが約180年前に実験されて成功しているんだから、頭のいい人の情熱ってすごいわ……。

光速測定

──とまぁ、夏休みの自由研究にもってこいの主題でしたが、本題に戻ります。

デジタル計測器をより正確に測定するために、重要なのは何でしょう? それは観測側を固定することです。

手に持った計測器は、わずかの振動も誤差に繋がります。正確に測定するには、水平を取った三脚に計測器を固定するのがベスト。建築の測量と同じ要領です。

スポンサーリンク

機械1つだけでルアーの飛距離から魚の体長まで測れる時代に

ルアーの飛距離はレーザー測定で測ることができるし、体長を測定するこも可能です。今はスマホで写真を撮るだけで、被写体の長さを表示するアプリもあります。より正確に測るためには、スマホにオフセットできるデバイスが便利です。

Makuake|スマホがレーザー距離計に早変わり!瞬時に3D測量ができる「iPin Pro」|マクアケ
スマホに取り付けてカメラを向けるだけで あらゆるサイズが測定可能。 ワンショットで高さ、幅、長さを測定できます。 天井などの高い場所、計測が困難な角の採寸もラクラクです。 1、- 狙う - ...

iPin PRO」はスマホに取り付けるだけで、あらゆる寸法が測定できるデバイスです。

室内空間の寸法を測れることに長けていますが、魚の体長は測れるし、あのナブラまで何メートル飛ばせばいい問題も解決します。これとAIを組合わせると、「あの先(例:80m)にあるナブラに届かせる最適のタックル選び」の提案も可能になるため、フィッシングガイドアプリで必要になるデバイスになるかもしれません。

「このルアー本当に○m飛んでるの?」を論破したい人にレーザー測定器

キャスティングの飛距離を手間なく測定するには、大きくわけて3つの方法があります。

  • 目測
  • ラインのマーカー
  • レーザー測定器

”目視”は建築業界で数十メートルの測量をしている人なら概算しやすいでしょう。”ラインのマーカー”はキスの投げ釣りなら一般的。およそ20m間隔でラインの色が変わるため、120mなら「6色飛んだぜ!」と表現します。”レーザー測定器”は最も簡単ですが、高価なのと誤差が難点です。

……ぶっちゃけどれも正確性は乏しい。でも概算しないよりはマシ。

ラインマーカーは「これは何色目で何メートルだ?」となりやすいので、もっと簡単に計測するなら、レーザー測定器がおすすめ。いくつか種類がありますが、有効測定距離が存在するため、100m近く測定できるのを選びましょう。ゴルフ用なら大体100mはOKです。

タイトルとURLをコピーしました