カルディア21のリコール問題で起きていること

21カルディアにリコールが発生しているらしい。

春の新製品に心躍り、使いだしてから「なんかおかしくね?」と違和感を見つけた人はやり手だと思う。

リコール対象は回収して検査し、正常になって手元に戻るわけですが……その過程で些細な問題が発生しているようで。

リコール品が修理から戻ってくるまでが長すぎる件

とりあえずリコール対象のアナウンスはこちらから。

DAIWA : スピニングリール『21カルディアシリーズ』の検査・お預かりにつきまして - Web site

春の新製品だから、初期ロット全てがリコール対象。一応リールシート裏側にある型番シールの「F-p」「G-d」「G-e」「G-f」がリコールの対象。

これで問題になっているのが、販売代理店(購入した店)を通じてダイワに送ってくれ──という話。

まあ企業の対応としては正当だけど、スピード感が全くないのがダメな点ですね。

販売代理店がわざわざダイワに送る必要性はあるのか?

他人ほど信用できない存在はないわけで、この「代理店を通した製品の配送」に問題が発生している模様。

リコール対象品はダイワに到着してから、1~2週間を目処に検査から修理をします。代理店にリールを預けてから、すぐ配送をしたとしても、2日はラグが発生するでしょう。

修理完了後は直接オーナーの手に戻ればいいですが、代理店を介するなら、申込み後から3週間は見る必要がでてきます。

何より、代理店がすぐ配送してくれる絶対はないし、ダイワ側も21カルディアを購入した全員から送られてくるため、検査側もパンクすること請け合い。

つまりは、21カルディアだけを使うつもりのアングラーにとって、1ヶ月くらい釣りを我慢しないといけない状況になるわけです。

これは死活問題じゃね?

購入店の証明はともかく通販が厄介

実店舗で購入した場合は、保証書なりレシートがあるだろうので、添えて「こいつをダイワに」と頼めばいいだけ。

問題はネット通販で購入した場合。

誠実な釣りショップなら「買った製品がリコールなったよ。どうする?」みたいなメールが届いてくるかと。楽天やAmazonは個人でも取り寄せ→販売ができるため、個人ショップ経由で購入した人が厄介ごとになりやすい。

あとは……少ないでしょうけど、21カルディアを中古で購入した場合ですかね。

販売店の保証書があれば、直接行くか送り届けることで対処は可能でしょう。それがないと詰みますね。

スムーズなリコールを受けるために

自動車のリコールは近くにある代理店で受けることはできます。

釣具は釣具店で買うことになるわけですが、修理は基本的にメーカーが対応しています。ようは購入した釣具店では(基本的に)修理できないことになっています

自動車は中古で購入しようが、地域にある正規ディーラーなら対応してくれる。釣具にはそれが無いんですよね。

だから対処のスピード感がないため、オーナー側は数週間も待たされ、釣りがしたい時にできない葛藤と戦うハメになりやすい。

こういう事があると、自動車業界のサービス精神が極まってるなと実感します。

なる早で釣具のリコール対処をするには、今の時代なら個人で着払い発送で良かったのでは? と感じます。