21カーディフNXはネイティヴトラウトを倒すロッドに進化した

汎用からネイティヴを攻めるロッドに進化|カーディフNX

シマノのロッド『カーディフNXシリーズ』は、華奢で安価かつ汎用性に優れたモデルの印象。

リファインされた新しい21NXシリーズは、スパイラルXを搭載し、前モデルよりも細く強く、遊べるフィールドが更に広くなりました。

スポンサーリンク

ポンドからネイティヴまで、あらゆるシーンに対応できる21カーディフNX

カーディフNX(CARDIFF NX)』の立ち位置は、管釣りに本流のトラウト相手なら困らないモデル。

カーディフ NX | トラウトルアー | トラウト・フライ | ロッド | 製品情報 | SHIMANO シマノ
スパイラルX搭載。細身軽量かつ強度を手中にしたシリーズ。

ラインナップは4種。「S77L」「S83ML」「S86M」がスピニングで、「B83ML」がベイトモデル。頭文字がそれぞれを示しています。

前モデルから変化したのはスパイラルXを搭載したこと。

ブランクスの強度は飛躍的に向上。ネジレ軽減でファイト時のパワーロスを抑制。リールシートも軽量化され、ロッド操作性も良くなりました。

21カーディフNXの特徴を簡単にいうなら──

パワフルなネイティヴトラウトをいなせる性能になったことで、管理釣り場以外の大物でも対応できるから、北海道で使う分にも困らない点ですかね。

「S77L」を使うならこんなトコロ

S77Lの適合ルアーウェイトは「4~18g」。

ロッドを曲げてトラウトを疲れさせるスタイルが得意で、ポンドが最も使い勝手に適しています。

渓流なり海のライトゲームでも困ることはないクラス。フィールドに縛られないのが最大の利点かも。

「S83ML」を使うならこんなトコロ

S83MLの適合ルアーウェイトは「5~26g」。

飛距離を求めるシーンに対応できる長さで、15g前後の沈むミノーを操作したいならこのモデル。使うなら湖かな。パワーを活かして本流もアリ。

セッティング的にはサクラマスに大型レインボーを意識した感じですね。チニングに使っても良さそう。

「S86M」を使うならこんなトコロ

S86Mの適合ルアーウェイトは「8~35g」。

S83MLとあまり違いませんが、よりディープなレンジを攻めたい場合や、大物が確定している時に使うモデル。反発力を活かしたファイトに特化したタイプ。

大物で有名な管釣りなり、北海道の大型トラウト向けかもしれない。

B83MLを使うならこんなトコロ

新しいNXシリーズで追加されたのがベイトモデルのB83ML。適合ルアーウェイトは「5~26g」でスピニングと同じ。

ベイトリールの特性である”パワフルな巻き”を活かせるのが特徴。15g前後の沈むルアーを繊細に扱いつつ、落ち込みから速攻引き出したいゴリ押しファイトに適応。

ここまで来ると「バスロッドで良くね?」って思っちゃう。

終わりに──何のリールがいいだろうか?

せっかく強く軽いロッドなので、リールは小型でパワフルな物を選びたいところですね。

シマノなら、やっぱり軽い『ヴァンキッシュ』が理想かつ最善かな。他のモデルも性能に大差はないので、見た目カッコイイので選べばいいと思います。

番手は1000~3000が適応サイズ。汎用性を考えるなら2000番がベストかも。

ロッド
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生