ソルトルアーをとことん楽しむ21ムーンショット!

ソルトルアーをとことん楽しむためのロッド!|21ムーンショット

2021年モデルのムーンショットはスゴイ(語彙喪失)。

廉価モデルながらハイパワーXを採用したことで、ソルトのショアキャスティング(岸から)に限れば、「もうこれ1本でいいんじゃないかな」と思える仕上がりに。

ハイエンド1本買うより、ムーンショットを3本3種買うほうが賢いんじゃないかな。

ソルトルアーはもうこれ1本でいいんじゃないかな?

ムーンショットはソルトルアー向けのルアーロッドです。

もともと”廉価ながら性能はそこそこ”が特徴のモデル。釣具店ではリールとのセット品でよく売られているタイプ。

今まではお世辞にも使いやすいとはいえず、ぐにゃっとしたブランクスは大物とのファイトで少々難がありました……が。

2021年にバージョンアップしたムーンショットは、隙のなさがもうヤバイ

ムーンショット | ショアシーバス | シーバス | ロッド | 製品情報 | SHIMANO シマノ
振り軽さ&シャープ感を向上するハイパワーX採用。

ハイパワーXを採用した21モデルから隙がなくなった

ムーンショットは21モデルからハイパワーXを採用しました。

これにより、旧モデルよりもブランクスの粘りと信頼が高まり、キャストやファイト時の安心感が生まれました

スペック上では3万円台と同格ですね。違いはパーツごとの質くらいしかありません。

この価格帯では、業界内でも破格のスペックといえるでしょう。

初心者アングラーの見聞を広げるための役割があるかも

21ムーンショットの価格は16,000~18,400円。

シマノ製ロッドでは下から数えるほうが早い安さです。

ハイエンドモデルを1本買うなら、ムーンショットを3本3種買う選択肢もアリ。複数種類を用意するメリットは、使うルアーやポイントごとに適合させやすくなること。

初心者にとって、はじめてのロッドにするなら申し分ないスペック。価格も安いし、耐久性も十分あります。

……まぁ、一番の問題は「自分のやりたい釣りにどの型番が合うか」なんですけどね。

21ムーンショットのモデル別に適合する釣種

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/seabass/shoreseabass/a075f00003cuiriqal.html

ソルトのショアキャスティングなら全て賄うラインナップ、ゆえに迷う

21ムーンショットの長さは9~10ftが主体。ソルトのショアキャスティングに使うなら、困る理由は特にないラインナップですね。

まずはこちらのスペック表を見てください。

21ムーンショットの全モデルスペック表

https://fish.shimano.com/ja-JP/product/rod/seabass/shoreseabass/a075f00003cuiriqal.html

スペックは細かく区分されて12種類

それぞれ最適なフィールドが若干違うため、初心者が選ぶには種類が多すぎ。──大雑把でいいなら数種類に絞れます。

主にシーバスを狙うならS90MLかS96M

岸からシーバスを狙うならS90MLとS96Mがベストでしょう。

S90MLはバチ抜けを視野に入れて、10g以下のプラグも使いやすいタイプ。S96Mはオールシーズンで中型以上を狙いつつ、各メソッドやパターンに適合できるタイプ。

9.6ftを楽に扱えれば、ソルトルアーの基礎は身についたようなもの。

主にサーフでやるならS96MHかS106M

サーフを主戦場にしたいなら、対象魚でモデルを選びましょう。

S96MHは硬めだから、青物狙いのショアジギング全般に。S106Mは食い込み優先のフラット向けで、サーフルアーに限れば万能なモデル。どっちもやりたい欲張りならS106MHかな。

これらなら、市販されているサーフ用ルアー全般を扱うことができます。