ルアーフィッシングにハマるための第一歩、”釣る”ためのPDCA

2016323tp11

興味がない人をその気にさせるには、楽しみを見出させればいい。

ルアーフィッシングにハマるためには、「ルアーで魚が釣れること」を体験させれば手っ取り早い。

そのステップを”PDCA”でまとめてみました。

スポンサーリンク

「1匹」を釣るまでが難しい(Plan)

この時の目的は、「ルアーを信じない友人にルアーで魚を釣らせること」です。

私は何度もここで釣っているけれど、友人はルアーを使って釣れた経験がほとんど無く「ルアーは釣れない、やっぱ餌ヤナ」がしこりとなっている。

ということは──、ルアーでも魚は釣れることを実証すればいいだけ。

実際に釣ってもらい疑念を払拭、「ルアーでも釣れるやん?簡単やん?」と解らせれば、ルアーメンが増えるわけである。

ルアーフィッシングで個人的に難しく感じているのは、”特定種の1匹目を釣る”こと。

何やら”クエストぽい”が、1匹目を釣ると「こんなもんでいいんだ」という線引ができるので、同じことをすれば次も釣れてきてくれる。

これがいわゆる、”パターン”とか”メソッド”です。

エサ釣りはその場所に「魚が居る?」という考えでも成立がしやすい。撒き餌で寄せたり、動くエサを放置したりと、”待つor寄せる釣り”ができるのが強みだと思っている。

対してルアー釣りは「魚が居る!」と仮定(確定)しないとはじまらない。”その魚を釣るためにはどの方法が最善か?”を考えないと、効率がすこぶる悪くなる。

「釣ってもらう」ためにはまず、釣れる方法を見つけなくてはならない(Do)

ポイントの説明を図にするとこんな感じ(↓)

2016323tp112

ここでの釣れる方法は、「30mほど投げて手前5~10mにある駆け上がりまで、水面から1m前後のレンジをゆっくり巻く」という方法。

距離として3m前後ある駆け上がりの区間でアタリが頻発するため、ここにポイッと投げて落とすだけでも釣れるはずだけど、根掛かりのリスクがある。

でも”シーバス”を狙う以上、底付近にルアーを通す必要性はほぼ皆無

ルアーの色は夜間なので白に近い色がひとつ、常夜灯も絡むので透過やホロなんかを選んで、大体3色も試せば事足りる。

今まで9cm以上のルアーには反応がほぼ無いので、それ以下から3種3色を選んで反応を調べる。

もしこれで反応が得られなければ、魚の食い気が皆無か、居ないか、目の前に届けないと判断できない、のどれかになる。

なので”巻けば浮きやすいけど沈むルアー”のシンキングペンシルが一番適している。

シンペンのような細身のリップレスであれば、向かい風8mでも30m飛ばすことは一応問題ないし、「ただ巻くだけでいい」という性質から、万人に真似できやすい。

この場所に限れば、これで”Do”してもらえば大丈夫でしょう。

「釣ってもらう」までのアプローチを考える(Check)

ルアーの利点として、”同じ物を使って同じことをすれば結果が出やすい”点がある。

つまり、魚に気づいてもらえるレンジ(棚)が第一として、アタリがあった状況を再現すれば、誰にでも釣れるはず

状況を再現するためにはどうしたらいいか

これを簡単に叶えてくれるのが、”巻く速度”でレンジを変化させやすいシンキングペンシルならではで、”釣れる深さ”を早く探るのに適している。

シンキングペンシルの大雑把なレンジの基準は、ハンドル1回転につき1m巻き取るリールなら、1秒間に1回転で巻くと、水面から50cmくらいをキープしてくれる。この「A秒間にB回転」で、0~3m程のレンジをコントロールできるのが、リップレスの利点

あとはルアーの重さにより潜行深度も変化するので、「あと50cm下を通したい」という場合には、数グラム重くすればいい。

では実際に釣ってもらいましょう(Act)

魚の骨を釣るミラクルを起こした彼ですが、開始から1時間ほどでアタリはナッシングの模様。

アタリは頻発するが乗らなかったワンダースリムを託し、簡単なアドバイスとして、「あの辺りに投げて──」

2016323tp113

と告げた(単純明快なアドバイスをするオヤジの鏡)

ワンダースリムの場合、この速度で平均80cmくらいのレンジをふらふらと泳いでくれる。

それを告げると、「そんなにゆっくりでもいいの?」といわれた。シンペンを巻く速度はこんなもんでいいんです。

風でラインを押されたり、波がある時は逆に「3秒くらい止めて3回転巻き取る」みたいな感じでいい。

それから30分くらいして、闇夜に鳴り響いたゆるいドラグ音の後、サムネのタチウオが釣れましたとさ(まぁ2人してシーバス狙ってたんだけど……)

案の定興味を持ってくれたようで、次回には似たようなシンペンを用意してくることでしょう。

ルアーフィッシングは方程式のようなもの

ルアーは道具がそうなるようにサポートしてくれるところが大きい。

データを集積して統計を出せば、対象魚に対しての効率的な平均値を出すことができる。そんな”平均メソッド”に当たるのが、メディアでよく紹介されている方法。だけど、その紹介と全く同じ場所というのはあまり存在しない。

地域によってヒットルアーやカラーやアクションが違うのは、海の状況がそれほど千差万別だからです。

魚の習性を理解することも大事だったりする。基本的に魚は斜め上を常に見ているので、真下や後ろにルアーを通しても無反応です。小さい魚ほど上を泳いでいて、大きい魚ほど下をゆっくり泳いでいます。

潮位が下がるほど下の魚は上の小魚に気づきやすく、この時にナブラが起きやすい。

食性を理解すれば選択するルアーは絞れるし、ピンポイントで”その魚”を狙う答えを導くには、「生息地+潮位+ベイト」と目の前の状況を比べれば、「この時のため──」というルアー選択もできるようになります。

その場所で魚を釣る方法は、実際に試した人でないと、うまく説明できません。

それを模索するのが釣りの楽しみでもあるし、完全なパターン化をすれば、釣れたことがない人にも釣らせることができて、仲間を増やすことの一歩に繋がるかと感じます。

結局何がいいたいのかというと──

特定のポイントで実績のあるルアーは、(そこで)やっぱり釣れやすい

これが全てなのかもしれません。その引き出しが増えれば増えるほど、ガイドとして飯が食えるレベルになると思います。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

ルアーフィッシングにハマるための第一歩、”釣る”ためのPDCA
この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!
スポンサーリンク