アジ1匹を捌ければ、4000種以上を捌くことも不可能じゃない

2016624tp111

近海も含めると、日本で獲れる魚はおよそ4000種類

それだけ捌き方が存在するの?」──いいえ、基本は両手で数えるくらいで十分です。

何事も”基礎が大事”ですし、応用するために必要な知識なのです。

1匹ごとの捌き方を覚えるのは疲れるだけ

4000種類も捌き方を覚えるなんて、センター過去問全暗記レベルだよぅ……

とお嘆きのアナタは、要領が悪いというか文系脳です。

捌き方の基礎・基本は、6種類程度しかありません。

シンプルな捌き方の覚え方

捌き方を「公式」とすると、魚は「自然数」みたいなものです。自然数が4000まで存在することに対し、”公式”はたったこれだけ。

『三枚』『大名(松葉)』『背開き』『腹開き』『観音開き』『片袖開き』

魚の形状によって変化はしますけど、たった6種類を覚えるだけで、4000種を捌けるようになるといっても、過言ではありません。

構造を理解し、分解する

どこかの錬金術士みたいですが、構造を理解するのは大事です。

・内臓はエラと繋がっているので、エラを取ろうとすれば勝手についてくる。

・身を取りたいのなら、骨から切り離せばいい。

捌き方として覚えるより、シンプルでしょ?

魚という生物の構造を理解すれば、どのように包丁を入れれば効率的なのかが見えてくる。それが『おろし方の基礎』。

”構造を理解する”というのは、魚を釣るためにも必要なこと。だからメソッド(方法)が存在します。

アジとアナゴの捌き方を覚えれば世界でも戦える

あらゆる魚を捌くための基本を覚えるには”アジ”が向いている。比較的安価で大きさも5cm~30cmなどと幅も広く、味もいい。

アジの手順さえ覚えれば、マグロだって捌けます。調理法も豊富で、それに合った捌き方もあるため、学を養うにはもってこいの魚です。

だから家庭科で三枚おろしを学ぶ食材として使われやすいのです。

アナゴのような長物はぬるぬるして捌き辛く、面倒な人は旧式のブツ切りでやっているかもしれません。

骨をあまり気にせず、見た目を綺麗にしたいのであれば、覚えて損はないです。

他(ウナギなど)にも使えるし、ぬめりを取る方法は様々な魚に使えます。

これを無難に捌けるのであれば、「包丁の扱いはプロ級」と自慢してもいいくらい。

捌き方の基礎を覚えて美味しい魚料理ライフを!

釣り人は”締め方”を優先する傾向がある。血抜きは臭いを抑える一つの手段。

だが、魚臭さを抑えるために本当に重要なのは下処理。そして美味しく仕上げるには、”包丁の扱い=捌き方”が重要になる。

中骨につく肉が少なくなれば、それが上達の証でしょう。

何回やっても上手くならない」と悩んでいる人は、包丁の動かし方と角度を気にすること。

「スッスッスーッ」と切れないのは、余分な力が入りすぎだったりする。

わりと練習になるのが、味噌汁に入れる豆腐を均等に切ること。

豆腐は手の上で切ることになりますが、”縦と水平”で均等に切るのは苦戦します。

包丁で真っ直ぐ切る技術って、意外と難しいんですよ。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!