スマートフォン使って全国の釣り友と常時会話する方法

2017123tp111

仲間と会話しながらエンジョイフィッシングしている方は多いかと思います。

ですが、ルアーメンにとってベッタリ横に張り付かれる釣りは危ないし、効率も悪い。

だからといって何かあるたびにスマフォを取り出し、SNSで逐一報告するのは面倒じゃないですかね。

通信インフラが発達している現代において、便利なアイテムを使わないのは損です。

全国どこでも電波さえ入れば、数人でも常時会話できる方法があります。

そう、スマートフォンがあればね。

釣りが終わってダベるなら釣りの最中にダベればいいじゃない

釣りポイントや釣具店で、釣り談義に花を咲かせている人たちをよく見かけます。

なぜおしゃべり大好きな人たちは進路を塞ぐのだろうか。正直いって邪魔なことも多々あります。

それは置いといて──

おしゃべり好きであれば、釣りの最中でも会話できればもっと弾むし、わざわざたむろする必要もないのでは?

「今アタった!」などとリニアに会話できれば、釣りの楽しみ方も変わるのではないだろうか。

無線通話のパイオニアはバイクのツーリング

バイクのツーリングは先頭に黙々と着いていくと思っている人もいるかと。

エンジン音や排気音がダイレクトに会話を邪魔するし、ヘルメットもかぶるので、近づいて大声で会話をする必要がありました。

そこを改善したのが無線インカムです。

バイク専用の無線インカムは機器同士のペアリングが必要。つまりそれ(同一機種)を持っていないと通話ができないデメリットがあります(大抵ペア以上で販売していますが)

簡単にいえば、小型のトランシーバーをそれぞれが持って会話する──感じです。他にもデメリットとして「通信距離」が存在します。

ツーリング最中でも、離れすぎるとアウトだし、これで全国の仲間と会話することは不可能です。

バイク用無線インカムでも同一ポイント内であれば会話はできるが…

港内とかサーフなど横並びになる場所であれば、容易に電波が届くので会話は成立しやすい。

例えば浜名湖今切口で、新居にいる私と舞阪に居るA君同士で無線会話をすることは可能ですが、天竜川河口でルアーをぶん投げているB君との会話は距離的に不可能です。

無線といっても、付かず離れずの会話でしか使用できないってわけです。

そこで便利なスマホアプリとヘッドセットを使い、全国に散らばる釣り友と会話する方法を提案します。

データ通信を使い全国のどこにいても常時会話をする方法

・最低限必要な物

   スマートフォン

   Bluetoothヘッドセット

スマートフォンはほとんどの方が持っているでしょう。けれど、ヘッドセットを持っている人は少ないかと。

「どんな物?」といわれればこんな物です。

ハンズフリーで通話ができるヘッドホンならなんでもよく、ぶっちゃけスマフォ付属のヘッドホンでも十分です(マイクがあれば

音楽やラジオを聴く時にも使えるし、スマフォを持って会話する必要がなく、運転中など手を離せない状況ではいいパートナーになります。

ちなみに音質を重視するなら有線が一番です。Bluetoothなど無線接続では、どうしても薄っぺらい音になります。

ヘッドセットをスマートフォンとペアリングし、端末で流した音楽が聴こえれば準備完了。

次はアプリ側の設定をしつつ、釣り友を勧誘しましょう。

SkypeかLINEでグループチャットをする

SkypeとLINEはデータ通信によって通話と対話ができるアプリケーション。

メリットとして複数人での同時会話ができ、デメリットはデータ通信量が発生することです。

Skypeのグループチャット設定方法

LINEのグループチャット設定方法

注意点として、通話の開始と停止は端末で操作する必要があります

これでアプリ内のグループにいる人達と会話をすることが可能になります。

通信制限にかかりやすくなるんじゃ?

スマートフォンなどのデータ通信は月間転送量に制限があり、データ通信となれば「数GBを一気に消費してしまうのでは?」と不安に感じるでしょう。

LINE通話は約5分間で1.5MB。マヅメタイムの2時間を通話したとしても36MBです。1GBは1000MBのため、週2で2時間通話をしたとしても300MBを超えるか? ってところ。

電話で会話する”通話料”より割安になるのが事実です。

(釣りにおいてそんな場所は無いはずですが…)無料Wi-Fiスポットで通話している限り、無料で会話できることになります。

手放しで会話できるため、釣りをしながら会話することも容易でしょう。

情報共有にも一役買うと思います。

防水を兼ねるならランニング用を

片耳タイプは防水タイプがあまり存在せず、雨や湿気で即お陀仏になる物が多い(経験済)

私は普段付けているのが片耳タイプのJabra BOOSTで、ランニング時にはこういうのを使っています。

音質もいいし、音楽アプリのコントロールもできるので意外と便利。汗をかくランニング中でも雨の中で使っても問題ありませんでした。

ただまあ、コードが邪魔と思うこともしばしば。

片耳は目立たないから、移動時にポッドキャストを聴いたり通話したりと便利です。

でもこれはUSB給電がむき出しなので、電源切り忘れてバッグに入れっぱなしでも、湿気でアウトになったことがありました。

国産の片耳タイプはクソ(辛辣)

家電量販店には「◯レコム」や「◯ッファロー」の製品が多いです。

しかし、音質や着け心地など最悪でした。その代わり生活防水など機器を守る方向は十分ですけどね。

値段的には外国製のほうが安いし、音質もマイク機能も十分。

ただ安すぎるのはアウトです。秋葉原で買った500円のヘッドセットはマイクがクソでした。

機能として3000円前後であれば十分ではないかと。

【まとめ】離れた複数の友達と同時通話するためには?

結論として、「スマートフォンとSkype・LINEさえあればどうにでもなる」でした。

イヤホンは付属の物でもいいし、無理して新しく買う必要もありません。

あっ、通話する友人は自分で探しましょう

データSIMを刺したモバイル端末(ラップトップ・タブレット)でも同様のことができます。

その場合、Bluetooth接続できることが条件ですけどね。

アングラーでもLINEは情報共有アプリとして活用されているようですが、通話として使う人は少ないのではないかと。

なぜならば、端末を持って耳に近づけないと会話できない──とでも思っているのではないでしょうか。

ハンズフリーのイヤホンを使えば、釣りをしながら常時仲間内で会話できるようになりますよ。

LINEモバイルの格安SIMを使えば更に安くなる

LINEモバイルは格安SIMの中でも安い部類になり、ドコモの回線を使用するため品質もいいです。

なによりLINEやTwitterなど、国内人気SNSの通信量が無料になる「カウントフリープラン」が最強

LINEモバイル

4月から携帯キャリア各社の料金体系が見直され、現状でスマホ料金の最低ラインはコミコミ月7,000円前後。 ”複雑なゆえに知らないほど損をする”のがスマホ料金。「どこでも”2年縛り”を強要されるのなら、そこで得をして大きな買い物(ステラ...

格安SIMの運用で得をする方法はこちらで書いています。

LINEのグループ通話はビデオ通話も可能なので、釣り実況を垂れ流し放送するのもいいのではないでしょうか。

動画配信は通話のみよりも転送量が嵩むので、通信量には気をつけてください。

スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事の他にも
「とある浜松アングラーの一生」の情報は、
いいねしてチェック!