【ノット作成】充電式ヒートカッターは強風でもラインを炙れる!

PEとリーダーを結束する際、ノット抜けのためにリーダーを炙ってコブを作るでしょ?

普通なら家でやればいいけど、釣り中に切れて結び直す場合、強風だとライターは消えるわターボライターはガスがなかったりと、現地のノット組は地味に困る作業です。

Hapysonの充電式ヒートカッターなら、その煩わしさを解消してくれる。

Hapyson(ハピソン)
¥3,800 (2022/02/22 22:38時点 | Amazon調べ)

ラインのヒートカッターってありそうでなかったな

魚釣りでライターを使う機会は、ルアーをやりだして多くなった気がします。先にいっノット抜け対策のコブ作りが主ですが、切断したPEラインが解けてくるのを防ぐにも役立ちます。

普通のライターは風が強いと消えてしまう。ターボライターはガスがすぐ終わってしまうし、非喫煙者がわざわざライターを持つ習慣があるわけもない。……一体どうすればイインダー。

──じゃあ電気の力で切ればいいじゃない!

釣具と電気のコラボならおまかせ! なHapysonから「充電式ヒートカッター」が登場しているぞ!

Hapyson(ハピソン)
¥3,800 (2022/02/22 22:38時点 | Amazon調べ)

ナイロン40号も切れちゃうヒートカッター

カタログを見ると、ルアーゲームを快適にとあります。ないよりあるほうが便利かもね程度だけど(暴言)。ヒートカッターの用途は、PEシザーズなどハサミの代わりです。

充電式でよかった。電池使い切りだったらギルティすぎる。

充電式で繰り返し使えるのはうれしい。そうなると気になるのは使用回数ですが、熱源が強状態で25回は使えるようだし、1釣行でフル充電がなくなる悲劇は起こりにくい。

防滴仕様なので水がかぶる状況でも安心。釣りで考えられるデメリットは排除していますね。

Hapyson(ハピソン)
¥3,800 (2022/02/22 22:38時点 | Amazon調べ)

USB給電のライターでもいいんじゃね…?

ヒートカッターをフィッシングショーで見かけたとき、「これは来そうなアイテムだ!」と思いました。

──が、少し前にとある商品を見かけていたんですよね……。

別にこれ使わなくても、USB充電のライターでいいのでは?(ピコーン)

こっちの方が安いんだよなぁ……。

防滴など水辺で使用される想定はないから、釣りでの使用は不安が残るけど、ただラインを炙る用途なら十分使えます。