魚さん専用の寝台特急が運行される

目が覚めたらまな板の上だけどな!

魚を睡眠状態にして、活きたまま輸送する技術の配送施設が大阪府の泉佐野市開設されました。鉄道のコンテナを利用するので、沿線の漁港から活魚が大量輸送できるし、低コスト化も狙えます。

魚食文化振興に繋がるかもしれませんね。

スポンサーリンク

眠らせた魚を鉄道で全国輸送する技術

活魚輸送はトラックがメインでしたが、鉄道輸送も可能になると、一度の輸送量が増えるから低コスト化に繋がりますね。

リンク魚を眠らせ全国へ鉄道輸送|niftyニュース

日建は二酸化炭素を使い、魚を睡眠状態で維持・輸送する技術を平成29年に開発。今回開設した「大阪活魚センター」ではその技術を活用し、まず泉佐野や周辺地域で採られた魚を府内や全国に配送する。12日にはマダイやヒラメ、カレイなど活魚200キロ以上が鉄道用コンテナで東京に輸送された。

貨物列車は都市圏同士を繋ぐ輸送方法として、日夜ひっきりなしで運行しています。そこに活魚が加わると、各地の卸売市場も繋がれることになりますね。

そこに何のメリットがあるのでしょうか?

市場と食卓を繋ぐ輸送と販売経路

最近は市場がHPで販売しているケースも少なくない。

市場と食卓が繋がるわけだし、飲食店も全国の鮮魚を買い求めやすくなるから、魚食文化をさらに広める手段として認知されて欲しいですね。

「踊る朝獲れ定期便!」とかやりだしそう。

 

地方漁港も(利用すれば)販売経路が増えるようになるし、”ならでは”の魚たちも広まれば、地方創生に繋がるのではないでしょうか。

あとは、それを受け入れられるか──。

スポンサーリンク

「大阪活魚センター」で検索したら予想外の釣り堀がヒットする

開設したてらしいから、ネットに情報なんぞないと思いつつ、場所を探してみようかなーと検索したところ……

ディープすぎる釣り堀!活魚センター大昌(大阪)に行ってきた。 | オカルテック
 最近釣りにハマっているのだが、たまにうちに記事を書いてくれる阿久野氏(記事一覧)に「大阪に釣り堀があるらしいので行ってみたらいいよ」と教えてもらい色々調べて行ってきた。 大阪生野区にある活魚センター大昌である。『日本最大規模の水槽設備を誇る活魚流通企業』という謳い文句もあり、なかなか面白そうな所である。しかし釣り堀と...

“大阪”のとある町にある”活魚センター”大昌』がヒットしました。

なんだこの面白空間……! 中央市場より客入りがいいじゃないか。

釣り堀も楽しそうだが、活魚流通もやっているようなので、鉄道流通と無関係ってわけじゃなさそうですね。

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました