「めっちゃ飛ぶ電気ウキ」が夜釣りで有利な理由

「めっちゃ飛ぶ電気ウキ」が夜釣りで有利な理由

夏の炎天下で釣りをして命の危険を感じるよりも、(若干でも)涼しい夜に釣りをするほうが賢いに決まっている! ……たぶん。

日中では釣れにくい魚種も登場するのが夜釣りの魅力。その魚信を受け取るアイテムが『電気ウキ』。その種類も非常に多く悩みドコロですが、やっぱり飛距離は正義なので、めっちゃ飛ぶ電気ウキ”の『e-トビコン』が特にオススメです。

スポンサーリンク

めっちゃ飛ぶウキの条件はオモリ内蔵にアリ

釣りで使う”ウキ”は大きくわけて2種類に分類されます。

  • 別にオモリを追加するタイプ
  • オモリを内蔵しているタイプ

めっちゃ飛ぶウキは「オモリ内蔵タイプ」を指しています。フカセ釣りで使う円錐ウキがそれですね。中にはルアーのように重心移動で飛距離を稼ぐ物も──。

”めっちゃ飛ぶ電気ウキ”とは、オモリ内蔵の重心移動タイプが該当します。

ヒロミ産業株式会社|製品情報|電気ウキ|e−トビコン

その中でも特にオススメしたいのが『e-トビコン』です。

トビコンシリーズがめっちゃ飛ぶ理由

トビコンシリーズは、内蔵オモリがキャスト時に動くことで、重心移動の作用でより飛距離を稼いでくれる優れもの。ルアーの飛距離向上でもよくあるシステムですね。それ自体が空力抵抗も考えられていて、キャスト時の姿勢もよく、他のウキにはできない飛距離を可能にしています。

より遠くに飛ばすためには、タラシを長くして遠心力をより稼ぐことが確実。でもウキはその下にハリス・針が続くため、同じことができません。だから「波止用の電気ウキは飛ばない」が常識でした。

重心移動ウキはその弱点を、ウキ自体が解消しています。キャスト時に内部のオモリが「カツッ」と動くことで、遠心力の後押しをしてくれているわけです。

ヒロミ産業株式会社|製品情報|浮力調整可能ウキ

オモリ内蔵ウキのメリットとデメリット

まずメリットですが、これはウキ下を軽くすることができるため、より自然にエサを落とすことができること。そのため魚の食いもよく、小さな流れでも仕掛けが動いてくれるため、誘い(アクション)も最小限で済みます。

デメリットは先と逆で、仕掛けが軽すぎる影響で、流れが速いと棚を取りにくい点がひとつ。それとウキ下が軽くなるため、風の影響を受けやすく、強風時はすごく流されやすくなり面倒です。

  • 【メリット】ゆっくり仕掛けを落として潮になじませれるから、魚の食いがいい。
  • 【デメリット】潮の流れが速いと仕掛けが落ちない。風が強いと流されやすい。

デメリットはウキ下にオモリ(ガン玉)を追加すれば解消できます。内湾などほとんど流れがない場所でその必要はありませんが、潮の通り道など強い流れで使う時は、小さいガン玉を数個かませて、バランスよく落ちるよう設定しましょう。

鉛で決める浮力調整

ガン玉を使って潮になじませるテクニックは、磯グレの「ウキフカセ」が参考になります

スポンサーリンク

めっちゃ飛ぶ電気ウキが夜釣りで有利な理由

仕掛けをより遠くに飛ばすことで得るメリットは、「魚に出会うチャンスが増えること」が基本です。半径20mに魚が居なくても、半径60m以上だと……なんだか一杯いそうでしょ?

堤防(波止)は岸壁から沖まで、水深がある程度一定ですが、砂浜など沿岸はその限りじゃありません。とくに干潟だと手前30mは水深1m以下なこともザラ。その水深でも魚が釣れないこともないですが、アングラーの歩く音や光が警戒心を煽りやすい……。

だから遠くに飛ばすことで、油断している魚を狙い、釣果の期待値を上げる働きもあります。

  • 遠くに飛ばすことで探れる範囲が広くなり、釣れる期待値も上昇する。
  • オモリ内蔵ウキは仕掛けを軽くできるからシャロー帯で有利!

オモリ内蔵ウキを使う最大のメリットは、シャロー帯に強いこと! 水深1m以下でも仕掛けにガン玉などを追加する必要がないので、浅いほど”仕掛けをゆっくり落とせる利点”が光るからです。

──逆に水深がめっちゃあるポイントは不利。それは仕掛けが落ちきる前にウキが流れきってしまうから。……そういう時は、素直にオモリ追加タイプを使って、ウキ下を重くして素早く仕掛けを落としましょう。そうしないと上層のエサ捕りにやられやすいです。

夜釣りで視認しやすい電気ウキのおすすめ発光色は?

電気ウキの発光色もいくつか種類があり、”見やすい色”は存在します。

  • (赤)──定番カラー。中距離までの視認性がいい。
  • (緑)──目に優しい。ずっと眺めるならコレ。
  • (白)──魚もビビるくらいとても眩しい。遠距離での視認性は最高。
  • (七色)──ウザイ。タチウオ集魚灯を組み込めば可能。

トビコンの飛距離はだいたい50m前後なので、それなら赤か緑で十分です。視認性を優先するなら赤色がベターですが、自然界だと警戒色ですし、その光で魚が逃げる考えも一部にあります。……それを実感したことは一度もありませんけどね

もっと飛ばすタチウオやスズキ用は、100m近く飛ばすこともあるので、発光体は白色になることが多い。より重く大型になりますし、消費電力が多いのが難点ですね。

沿岸のちょい投げ電気ウキ釣りなら「赤色」をおすすめします

内湾の電気ウキ釣りは「トビコン」がおすすめ!

トビコンは浜名湖の夜釣りでも活躍中。使うなら磯竿でも投げやすい「2号」あたりがおすすめ。

30mくらいは軽く飛んでくれるし、頑張れば50m飛ばすことも可能。浜名湖は離れたところに航路など駆け上がりがあるため、そこまで飛ばすことで釣果アップも期待できます。アマモなど海藻の上を通すのにも役立つし、シャロー帯が多い地域ならではの強みもあります。

鉛で決める浮力調整
ヒロミ産業株式会社|製品情報|電気ウキ|e−トビコン
インプレタックル
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました