もしロッドの適合ルアー重量を超えるとどうなるの?

ロッドには「長さ(ft)」「ライン(lbか号)」「ルアーウェイト(g)」など、適合スペックが表記されています。じゃあ対応重量を超えて投げるとロッドはどうなるの──? 守るのが望ましいですが、ある程度なら超えても大丈夫です。

カタログスペックは使う用途をわかりやすくした物。壊れるか壊れないかは、結局のところ使い方次第なんですよね。

スポンサーリンク

もしロッドの制限値を超えて使うとどうなるの?

ロッドにある対応重量とは、ロッドの性能を活かせる最適重量のことであり、全力で振っても本体が耐えるかどうかの指標のこと。

例えばウェイト適合が40gまでのロッドがあるとします。40gまでならバックスイングで反発を生み出し、ルアーを軽い力でも遠くへ飛ばすことができます。一応50gでも使えますが、ロッドが重さに負けはじめてしまい、曲がりすぎて反発力が減ります。倍の80gならぶら下げるだけでぐにゃぐにゃ曲がるし、その状態でフルスイングすれば? ──折れることが想像できるでしょう。

適合重量が明記されているなら、素直に合わせないと才能の無駄遣い、ってわけです。

「だから守れよ?」の圧力

ロッドにはラインの適合サイズもあります。ロッドガイドはラインを通す物ですので、穴より太いと通らないし、糸抜けが悪く飛距離も落ちやすい。適合サイズは、PEにショックリーダーを結んだコブも考慮されているため、適合ライン以上を使わないようにしましょう。

トップガイドが一番狭いため、ここにコブが引っかかる経験はあると思います。キャスト中に引っかかると、ルアーだけが飛んでいく’高切れ’を誘発しやすいので注意しましょう。

ウェイトの制限値を超えるなら1.3倍までにしておこう

適合ルアーウェイトを超えるのは望ましくないですが、ど~しても超えるルアーを使わなきゃいけない時は、1.3倍くらいまでを限度にしておきましょう。

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート

例えば「20-40g」のロッドなら、50gまでは無難に使えます。60gになると辛くなりますが、無理ってほどじゃない。でも思い切って振れないから、飛距離は格段に落ちてしまいます。フルスイングで使うなら、せいぜい50gまでかな。

ルアーは重いほうが飛ぶのは当然ですが、ロッドが対応していないと意味がありません。これを勘違いしていると、キャストでただただロッドを折るマシーンになってしまいます。

製品保証を受けるには製品の安全基準通りに使わないとダメ

購入する製品には「メーカー○年保証」があります。不具合なら交換、使用上の破損なら補償などをしてくれるサービスであり権利のことですが、保証を受けるには規約以外の事例は対応できません

カタログの数値はメーカー推奨の安全基準です。それを超える使い方は想定されていません。

ですから「20g対応で30gを投げたら折れた。弁償しろ!」は無理な話。「保証期間中に15gを投げて折れたんだけど……」は保証対象になります。ただし、想定以上のスイングスピードだったり、キャスト中に物に当てて折れた──など、’普通’から逸脱した使い方は対象外になりやすいし、揉めるだけなので注意。

法律は破った時にだけ牙をむくものです。

カタログスペック(数値)は、当製品の性能を、誰でもフルに活かせる範疇を視覚化したもの。タックルは用法要領を守って正しく楽しく使いましょう

メーカー保証以外に釣具の保険を使うのもアリ

代表される生命保険会社にも、レジャー中の事故・損害に適応できる保険があります。ただめちゃくちゃ内容が細かく、ズラーッと文字が並ぶ規約をまともに読みたくない人は、必要以上の契約をしてしまう可能性のほうが高い。

保険内容はシンプルに、誰にもわかりやすく。それを一番体現しているのは「LINEほけん」かと。

「LINEほけん」スタート!LINEからいつでも簡単に加入できる新しい保険のかたち。 : LINE公式ブログ
LINEアプリから、いつでも簡単に加入できる「LINEほけん」は、生活シーンに合わせた多彩でユニークな商品ラインナップから、自分にぴったりな保険が選べるサービスです。<LINEほけん 公式サイトはこちら>※LINEアプリがインストールされているスマートフォンでご覧くだ

LINEは日本人口の半数は使っているはずですし、LINEほけんはアプリの機能から選択できます。魚釣り関連の補償も充実しており、1日保険が少額(500円から)で適用できるから、釣り当日に申し込めば安心して釣りをすることができますね。

もちろん故意の行動による損害は認められないので、事故に至った理由を詳しく正しく説明する能力が必要です。他人に物事を理解してもらうために論じることは、どんな時代も重要な能力です。

「まんがでわかる 伝え方が9割」は、立ち読みでもザッと読みやすいと思います。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました