ロッドの適合ルアー重量を超えるとどうなるの?

ロッドは使えるルアーの重量(ウェイト)が決められています。

例えば「15~40g」なら、範囲内で使うことに問題はありません。……もしそれ以下や超えた場合は? ──が気になりませんか?

壊れるか壊れないかは、結局のところ使い方次第なんですよね。

もしロッドの適合ルアーウェイトを超えて使うとどうなる?

ロッドに適合ルアーウェイトが決められているのは、性能をフルに活かせる最適な重量をわかりやすくしただけのこと。

とはいえ、適合ウェイト以下でも以上でも、使えないことはありません。想定された性能が出せなくなり、不利になるだけです。

「だから守れよ?」の圧力

適合ウェイト以上のルアーを使うと、ロッドに負荷がかかりすぎて、ルアーの操作が満足にできなくなります。それに、キャスト時にロッドが破損する恐れもあります。

適合以下なら破損する恐れはなくなります。そのかわり、「ほんとにルアーついてんの?」って思うくらい、感触が伝わりにくくなります。

適合ルアーウェイトはきちんと守るほうが、釣果に繋がることは確実。

……でも、ちょっとくらい、いいよね?

ウェイトの制限値を超えるなら1.3倍までにしておこう

適合ルアーウェイトを超えるのは望ましくないですが、ど~しても超えるルアーを使わなきゃいけない時は、1.3倍くらいまでを限度にしておきましょう。

例えば「20-40g」のロッドなら、50gまでは無難に使えます。

シマノ スピニングロッド ルアーマチック S86ML 8.6フィート

60gになると、思い切ったキャストができないため、飛距離は適合ウェイトより落ちやすくなります。ただ重くすれば飛ぶわけじゃないんですね。

適合ウェイトをちょっと超える程度なら、じゅうぶんにフルキャストできますし、ロッドの許容量をこえる恐れも少ないです。

ポイント!
  • 適合重量を少し超える程度なら大丈夫
  • 重すぎるとキャスト時に破損しやすくなる
  • 重すぎても投げづらくなって飛距離は落ちる

適合ウェイトを守るのは製品保証を受けるためにも大事なこと

メーカー製品には、購入後のトラブルを救済する「保証制度」があります。不具合なら交換とかね。

例えばロッドを購入後すぐ使い、ポッキリ折れたとします。考えられる原因は、輸送時なり製造時の破損(傷)。認められれば新品と交換か返金になりますが……。

忘れがちなのは、説明書通りに正しく使用していたのなら、の話。

もし適合ルアーウェイトを大きく超えたルアーを使って折れたのなら、メーカーが想定した安全基準を無視しているため、保証の対象外になることは必死でしょう。

法律は破った時にだけ牙をむくものです。

タックルは用法要領を守って正しく楽しく使うことが大事

適合ウェイトはきっちり守るほうが、道具も長持ちするし、もしもの時に救済してくれる可能性も残されています。

もしもの備えは「LINEほけん」がおすすめな理由

魚釣りをするにあたって、アングラー自身は生命保険なりで守られるけど、タックル類(道具)に保険をかけるのは難しかった。

でもLINEほけんなら、今からいく当日でも適用できるし、道具の破損を補償してくれるプランも含まれています。

スマホでLINEアプリを使っているなら、すぐ登録して使えるようになります。釣行時によく道具を壊したり、自分自身が壊れちゃったり(怪我的な意味で)するなら、1DAY保険を活用するのもアリですよ。

いつでも、簡単に、100円から入れる保険|LINEほけん公式サイト
保険こそ、もっと簡単に。「LINEほけん」の公式サイト。自転車、弁護士などの毎日の生活のための保険や、旅行、キャンプなどお出かけの際にも便利な保険まで。いつでも、簡単に、100円から入れる。あなたの’楽しい!’のそばに、LINEほけん。