ルアーフィッシングは短気なほど向いている説

短気なほどルアー釣りに向いている

短気なほどルアーフィッシングに向いている

この説はマジ。エサ釣りでも同じ。その理由とは──?

スポンサーリンク

短気なほど魚釣りに向いている理由

魚を釣るためには何が必要でしょう?

魚がそこに居ることです。

釣り人が想像する釣り場は、水中に魚がビッシリ居て、どこに入れても食ってくるような状況です。……そんな場所ねーから!

なぜ短気なほど魚釣りに向いているのかは、ポイントを転々とすることを厭わないから

魚釣りは一箇所で粘るより、魚を探しに行くほうが効率はいいんですよ。

魚がそこに本当に居るなら……釣れるッ!

ルアーフィッシングは攻める釣り(エサ釣りもそうだけど)。

魚釣りは、水中のどこそこに魚が居ると仮定することから始まります。魚の嗅覚・視覚にエサが入ってこないと、食べようとする気もおきません。

ですから、エサは魚の鼻先に持っていく必要があります。そのためにレンジ(棚)の概念があるわけです。

海なら潮汐で魚が出入りすることもありますが、それを待つのは”不確定要素”すぎます。それで入ってきたのか、もともと居たのかは、潜って確認するまで、誰にもわかりません。

確かに居ても釣れない状況はあります。でも自然界はエサが豊富なことが少ないから、魚がそこに居て、エサを見つけてくれたら、大抵釣れます。

ようするに、魚釣りは「釣れる魚を探しに行く」ほうが効率は圧倒的に良いですよ。

魚が居やすいストラクチャーを色々な方向から攻めることで釣りだす考え

魚は習性により、物陰に隠れていることが多い。

それは「ストラクチャー(障害物)」と呼ばれ、ルアーもエサでも狙い所のポイントになります。例えば堤防の縁とか柱とかね。

ルアーでストラクチャーを攻める際は、魚が居ると決めつけて、視界にルアーが入るようにアプローチする方法を考えます。

ストラクチャー図解1

とある堤防のどこに魚が居やすいか

こんな釣りポイントがあるとして、各ストラクチャーに魚が居そうな地点を「×」で示しています。

一度に多くの地点を狙えるのは、堤防の先端ですよね。

ストラクチャー図解-堤防先端

一箇所からキャストしてストラクチャーを狙える範囲はこんなもん

釣り人が堤防の先端を好む理由は、広範囲を一度に探れる心理が働くから。でも全てを一箇所で狙うことは出来ません。

ルアーは魚の視界に入れる必要があるため、意識が高いアングラーなら、「こっちから投げるとどうしても尻尾側からになりそう」とか、「ここでは近すぎて警戒されそう」とか考えます。

その要素も含めると、一箇所では攻めきれないポイントが多いことがわかりますよね。

なら移動すればいいじゃん!

ストラクチャー図解-ランガン1

あっちから投げたほうが良いところを狙いやすい

ストラクチャー図解-ランガン2

立ち位置次第でオイシイポイントをより多く狙うこともできる

ちょっと移動するだけで、魚に出会える可能性はあがります。これが「粘るよりもランガン」の必要性。

1本の柱を攻める時、正面から投げると真後ろが死角になります。テクニックでカバーすることは可能ですが、回り込んで投げこむほうが手っ取り早くですよね?

ルアーは「三次元で攻める」ことを心がけると、魚に見つけてもらえる可能性も高くなります。

スポンサーリンク

【まとめ】エサは誘い込む釣り、ルアーは探しに行く釣り

一投ごとに移動するような「ラン&ガン」スタイルは、攻めるルアー釣りには最適。

しかし、闇雲に投げ込むだけでは効率が悪いし、居る魚を散らしてしまう恐れもあります。だからストラクチャーを効率よく攻める「メソッド」が多く存在しているわけです。

短気なほどルアー釣りに向いている「まとめ」
  • ルアーは一箇所で粘るよりも、居る場所を巡るべき
  • 彼(魚)を知ることで100投危うからず
  • 「ラン&ガン」がルアー釣りの真骨頂!
  • メソッドを学ぶなら専門雑誌が最短解

メソッドを学ぶには、人に聞くか本を読むのが手っ取り早い。

釣りたい・やりたい対象魚があるなら、そのムック本を3冊くらい読み込み、内容を比べましょう。1冊だけでは知識が偏りすぎるし、”本当に正しいのか”の判断がしにくくなります。

だから数冊は必ず読みましょう。

メバルにアジにロックフィッシュは、堤防の「ライトゲーム」で人気の対象魚。書籍は数多くありますし、書店の雑誌コーナーでパラ読みするのもいいでしょう。