短気なほどルアー釣りに向いている

短気なほどルアー釣りに向いている

短気な人ほど釣りに向いている──とはよく言われます。その気性にも限度はありますが、中でもルアー釣りは特に向いています。それは、定点で攻め続けるのを嫌うから

単純に考えてください──。

魚が居るポイントを転々とするほうが効率はいいし、より多く釣れる可能性があるでしょ?

スポンサーリンク

短気なほどルアー釣りに向いている理由

人に帰るべき場所があるように、魚にも落ち着ける居場所が存在します。

それは習性であり、DNAに刻まれた決まりごと。魚釣りは”居場所”を執拗に狙うほうが効率がよく、ルアー釣りがこのスタイルに向いています。……なぜ短気なほどルアーに向いているかは、ポイントを転々とすることを厭わないためです。

……いくら”向いている”とはいえ、魚が居る場所を知らないと意味がありません。

魚が隠れる「ストラクチャー」を理解する

魚は身を隠せる場所を好みます。岩の影だったり、ブロックの隙間だったり、しげむ海藻の中とか、海底のちょっとしたくぼみなど、「変化」に居着く傾向があります。このような障害物を「ストラクチャー」と呼びます。

これをイメージしにくい方は、水族館の大水槽を一度見てみましょう。

常に空間を泳ぐ魚は、イワシやブリなどの青魚が多い。それ以外は、岩陰とか水底とかガラスに張り付いていたりとか、何かに隠れたり寄り添っている個体が多いと気づきます。回遊する魚は通り道を狙うしかありませんが、隠れるタイプはこちらから探しに行く必要があるとわかります

ルアー対象魚である「ロックフィッシュ」「フラットフィッシュ」は、年中通してあまり動かない引きこもりです。これらを釣るためには、居場所を見つけ出して、扉をノックして問いかけるのが効果的。

ルアーは「攻める釣り」であることを忘れてはいけません。

ストラクチャーを色々な方向から攻めることで引き出す考え

ルアー釣りに最も重要なのは、魚が居ることを仮定すること。

魚はエサを待ち構えるタイプが多く、そいつの視界に入らないと、ルアーを追いかけないし釣れません。ストラクチャーを見つけたら、まずは魚がそこに居ると決めつけてから、どのようにアプローチするかを考えます。

ストラクチャー図解1

こんな釣りポイントがあるとして、各ストラクチャーに魚が居そうな地点を「×」で示しています。

一度に多くの地点を狙えるのは、堤防の先端ですよね。

ストラクチャー図解-堤防先端

こんな都合いい場所は滅多にありません。釣り人が先端を好む理由は、広範囲を一度に探れる心理もあるわけです。──でも、全てを一箇所で狙うことは出来ません。もしかしたら先端から狙える場所には、魚が全く居ない可能性だってあります……。

なら移動すればいいじゃん!

ストラクチャー図解-ランガン1
ストラクチャー図解-ランガン2

こんな感じに、ちょっと移動するだけで、魚に出会える可能性はあがるわけです。

1本の柱だって、正面からは真後ろが死角になります。テクニックでカバーすることは可能ですけど、回り込んで投げこむほうが手っ取り早くないですか?

ルアーは定点から投げ続けるより、視点を変えつつ多角から投げ込みつつ、合わせて沈める高さも変化させることで、1箇所でも無数のパターンが生まれます。「三次元で攻める」ことを心がけると、魚に見つけてもらえる可能性も高くなるとわかるでしょう。

スポンサーリンク

【まとめ】エサは誘い込む釣り、ルアーは探しに行く釣り

一投ごとに移動するような「ラン&ガン」スタイルは、攻めるルアー釣りには最適。しかし、闇雲に投げ込むだけでは効率が悪いし、居る魚を散らしてしまう恐れもあります。だからストラクチャーを効率よく攻める「メソッド」が多く存在しているわけです。

短気なほどルアー釣りに向いている「まとめ」
  • ルアーは一箇所で粘るよりも、居る場所を巡るべき
  • 彼(魚)を知ることで100投危うからず
  • 「ラン&ガン」がルアー釣りの真骨頂!
  • メソッドを学ぶなら専門雑誌が最短解

メソッドを学ぶには、人に聞くか本を読むのが手っ取り早い。

釣りたい・やりたい対象魚を主軸とした本を、3冊くらい読み込んで比べましょう。1冊だけでは知識が偏りすぎるし、”それが正しいのか”の判断がしにくくなります。だから数冊は必ず読みましょう。

メバルにアジにロックフィッシュは、堤防の「ライトゲーム」で人気の対象魚。書籍は数多くありますし、書店の雑誌コーナーでパラ読みするのもいいでしょう。

魚の習性を知るには水族館が最適!

水の中を知らずとも、釣りは出来るし魚も釣れます。

非凡から一歩先に踏み込むためには、水中での魚たちの様子を想像するチカラが必要になります。この知識を養うには、何冊の本を読むよりも水族館で生きる魚たちを眺めるほうがおすすめ。”百聞は一見にしかず”です。

エサ・ルアー共に、棚(レンジ)のコントロールが重要なので、対象魚がどの位置を泳いでいるか、佇んでいるかを調べましょう。そのレンジより少し上にエサを通してあげるのがコツですよ?

Tips テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました