ルアーフィッシングは短気なほど向いている

短気なほどルアー釣りに向いている

「短気なほどルアーフィッシングに向いている」はマジ。エサでもマジ。

その理由は──、一箇所で粘らないから

スポンサーリンク

短気なほどルアーフィッシングに向いている理由

魚を釣るためには何が必要でしょう?

道具? ──もちろん無いと釣りが成立しませんね。しかし、それよりも最優先する事項があるじゃないですか。……魚がそこに居ることですよ。

「なんだよ当たり前じゃねぇか」と思ったあなた! 普段は魚が居ることを確認して、釣りをしているのでしょうか。もしかして 「上げ潮で魚が入ってくるぞ」と、自然の息吹に期待していませんか。そして何時間も投げ倒したあげく、ノーフィッシュで終了──。誰でも経験はしているはずです。

釣り人は魚が居ることに期待しすぎ。自分が立つポイントには魚がびっしり居るとか、障害物周りには必ず居るだろうと期待しています。メソッド通りに釣れなければ「道具が悪い」「腕が悪い」と難癖をつけることも……。

なぜ短気なほどルアーフィッシングに向いているのか。それはポイントを転々とすることを厭わないため

魚が居るなら大体釣れるから

ルアーフィッシングが”攻める釣り”です。魚がそこに居ると仮定して、どのようにルアーを見せるかが勝負どころ。反応がなければ居ないと決め込んでもいいんです。

海なら潮汐で魚が出入りすることもありますが、それを待つことは”不確定要素”です。本当に入ってきたのかは、誰にもわかりません。ですから、こちらから魚を探しに行くほうが効率がいいことになります。

ランガンとルアーチェンジは、どんなジャンルでも場所でも、有効な切り替え方。

とはいえ、どちらも効果的な方法を知らず闇雲にしていては、逆に徒労が増えて疲れてしまうだけ。ランガン主体にするなら、せめて”魚が居やすい場所”を知っておきましょう。

魚が隠れる「ストラクチャー」を理解する

自然界の魚は臆病なので、少しでも身を隠せる場所を好みます。

それは岩の影だったり、ブロックの隙間だったり、しげむ海藻の中とか、砂地のちょっとしたくぼみなど、「変化」に居着く傾向があります。これを「ストラクチャー(障害物)」と呼びます。そこに魚がどう隠れているかをイメージしにくい方は、水族館に一度行ってみましょう。

大水槽を観察すると、大半の魚は岩陰や水底とかガラスに張り付いています。常に泳ぐ青魚も群れをなして集団に隠れます。それぞれがどこに居やすいかが判れば、あとはそこにルアー(エサ)を届けるだけ。

次は魚にルアーを見つけてもらう必要があります。魚の視界は眼球の位置次第で変わりますが、肉食魚ほど上向きの視界になります。てことは、ルアーは対象魚が居る少し上を通す必要があるとわかります。

ストラクチャーを色々な方向から攻めることで引き出す考え

ルアーフィッシングで重要なのは、魚が居ることを仮定すること

いくら腹が減った魚でも、動き周って体力を無駄に消費したくはありません。肉食魚は進行途中のついでにエサを食べるタイプが多く、対象が視界に入らないと追いかけてすら来ません。なので魚の位置を仮定したら、どの方向を向いているかまで想像できれば丁寧です。

ストラクチャーを攻める際は、まずは魚が居ると決めつけて、視界にルアーが入るようにアプローチする方法を考えます。

ストラクチャー図解1

こんな釣りポイントがあるとして、各ストラクチャーに魚が居そうな地点を「×」で示しています。

一度に多くの地点を狙えるのは、堤防の先端ですよね。

ストラクチャー図解-堤防先端

釣り人が先端を好む理由は、広範囲を一度に探れる心理もあるわけです。でも全てを一箇所で狙うことは出来ません。「こっちから投げるとどうしても尻尾側からになりそう」とか、「ここでは近すぎて警戒されそう」など、どの場所も攻めきれないポイントがあります。

なら移動すればいいじゃん!

ストラクチャー図解-ランガン1
ストラクチャー図解-ランガン2

こんな感じに、ちょっと移動するだけで、魚に出会える可能性はあがるわけです。

1本の柱だって、正面からは真後ろが死角になります。テクニックでカバーすることは可能ですけど、回り込んで投げこむほうが手っ取り早くないですか? ルアーは「三次元で攻める」ことを心がけると、魚に見つけてもらえる可能性も高くなります。

スポンサーリンク

【まとめ】エサは誘い込む釣り、ルアーは探しに行く釣り

一投ごとに移動するような「ラン&ガン」スタイルは、攻めるルアー釣りには最適。しかし、闇雲に投げ込むだけでは効率が悪いし、居る魚を散らしてしまう恐れもあります。だからストラクチャーを効率よく攻める「メソッド」が多く存在しているわけです。

短気なほどルアー釣りに向いている「まとめ」
  • ルアーは一箇所で粘るよりも、居る場所を巡るべき
  • 彼(魚)を知ることで100投危うからず
  • 「ラン&ガン」がルアー釣りの真骨頂!
  • メソッドを学ぶなら専門雑誌が最短解

メソッドを学ぶには、人に聞くか本を読むのが手っ取り早い。

釣りたい・やりたい対象魚を主軸とした本を、3冊くらい読み込んで比べましょう。1冊だけでは知識が偏りすぎるし、”それが正しいのか”の判断がしにくくなります。だから数冊は必ず読みましょう。

メバルにアジにロックフィッシュは、堤防の「ライトゲーム」で人気の対象魚。書籍は数多くありますし、書店の雑誌コーナーでパラ読みするのもいいでしょう。

釣りの雑学
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました