おひとりさまゴミ拾い活動の簡単な指標

おひとりさまゴミ拾い活動の簡単な指標

釣場のゴミ拾い活動は誰でもできる。

ただし、分別がクソ面倒すぎるんだ!!!!

──とお悩みの方に向けて、「こんな感じでやってみたらどうです?」な指標をまとめてみた。

スポンサーリンク

おひとりさまゴミ拾いの簡単な指標

  • 1釣行に1袋満杯を目標
  • 日によって「燃えるゴミ」「燃えないゴミ」「プラゴミ」「缶」「PETボトル」で分ける
  • 回収日に合わせて集積所にGO!

これだけ。本当にこれだけ。

ゴミは分別ごとに拾うことを薦めます

拾うのはいいけど、そのゴミ、どこに捨てます?

目に入るのをポンポン入れても、ゴミ収集に出すためには分別しないといけない。釣りから帰って、草と缶と金属とプラ容器にペットボトル……、それらを分別する余裕と労力ある?俺にはない!(断言)

分別しない・知らない人もいそう。レジ袋に入れてコンビニに捨てる勢もいるのでは?

それを防ぐためにも、分別しながら拾うのを薦めます。

例えば、朝マヅメ組なら回収日に合わせてゴミを拾い、そのまま集積所に出すことも可能。

ただし、集積所の運営費は各自治体なり住民マネーが使われているので、住む地域以外に置くのはルール違反といえます。並びに、地域で回収内容が違うことも多々あります。……だから、持ち帰ってから捨てるのが無難。

分別したくないなら金をくれ

水辺の掃除ボランティアは、受け取ったゴミ袋を満杯にして一箇所に固めれば終了だったりする。

このゴミも分別する必要がありますが、 賢い運営ならゴミ別に班分けしますよね。「はーい二人組作ってー。じゃあこの色は燃えるヤツ、この色は空き缶にPET、粗大ゴミは知らせてね」みたいに分けることができます。

対して「人員管理が面倒臭ェ!」パターンなら、ゴミ袋を渡し、「○時まで」と告げ、分別もなくひと集めする。このほうが(運営が)楽だが──

「……あれ?分別してなくない?」

分別しなくても、ゴミ回収業者にお金を支払うことで解決することもできます。産廃コンテナをチャーターするとか、ゴミ袋を回収してもらうとかね。

もちろん個人でも頼めますよ!家財整理に便利。

スポンサーリンク

ゴミ屋敷が生まれる単純で闇深い理由とは

その理由を語ったツイートがありますけど、わかりみが深い

平成初期のゴミ捨て場は、家電や粗大ゴミがドドンと置かれ、毎日リサイクルショップみたいなものでした。

現在は分別が厳格化され、袋が積み重ねられるだけの状況。回収業者にとってはやさしい世界、だが出す側にとってルールが分かりにくい問題がある

いやホント……細かすぎるから……。燃えるゴミだけでもこれです。水兵リーベ感覚で並べてくれ。

行政は最近なんでも「HPを見ろ」といいますが、それを見れない人もいるわけですよ。オマケに見れない層のほうが困っている人が多いっていうね……。各家庭に案内は来ますけどね。それは年度初めに大抵来ます。だから「知らない」で通すのは、単なるワガママですよね。

魚入れにも活躍する手提げゴミ袋

サーフはクーラーボックスを持ち歩くのが面倒なので、魚を入れるためにゴミ袋を1枚持っています。

魚が釣れれば入れればいい。

釣れなければゴミを入れて帰ればいい。

どんな釣りでも袋は持ち歩いているので、見かけたゴミはぶち込んで帰っています。犯人探しは時間のムダでしょ?たとえゴミを拾うアングラーでも、知らない人からは捨てたアングラーと同列に見られるわけだから。

偽善はさりげなく見せてこそ善。

Tips ライフハック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました