釣りフェスで気になったサーフ向けルアーメモ

釣りフェスティバルで気になったサーフ向けルアーのまとめ。

今回は事前情報をほぼ取り入れていません。現地で一目惚れした「これ良さそう」な、サーフ向けルアーを紹介しています。

スポンサーリンク

釣りフェスで「これ欲しい!」と感じたサーフ向けルアー達

”サーフ向け”の線引が難しいですが、私見で「サーフで使ってみたいな」で選んでいます。

ようやく来た!アクシオンスリム33g

アクシオンスリム」はリップ付きのHSミノー。サーフヒラメ流行の走りで、多くの実績を積み上げたアクシオンの細身バージョンです。

左上がアクシオンスリム。右はフックが上についたジグヘッドのプロト。
左上がアクシオンスリム。右はフックが上についたジグヘッドのプロト。

スペックは「全長105mm:重量33g」。前作より小さく見えるけど、長さと重量はあまり変わっていません。技術の進化を感じますね。

現在主流のシンペンは浮き上がりやすく、ボトム付近を泳がせるのが難しいデメリットがあります。

小細工はいらない、誰にでも等しく釣れて欲しい──!

アクシオンスリムはリップ付きHSミノー。浮き上がりを抑制するため、フラットが釣れやすいレンジを、効率よく、波打ち際まできっちり巻けるメリットがあります

私がこれを一押ししたいのは、今までのヒラメ向けHSミノーは、ごん太なタイプしかなかったから。

大きすぎるルアーは目立ちやすい分、スレるのも早い。それで細身のシンペンに人気が集まったわけですが、もっと簡単にボトムを引けないものかと、ジレンマがありました。

「ようやく来たか」と、久々に欲しいルアーが現れた感じですね。

プレートジグが流行?DUOのメタルガレージシリーズ

「飛びすぎダニエル」が遠州サーフで実績を積み上げたのは昨年のこと。でも意外にも……後追いのパクりルアーが登場してこなかった。

そこはDUO、見逃してませんよ。

「ウチならもっと良いの作れるから」といわんばかりに、ぶっ飛びメタルバイブを登場させました。

 

プレートタイプのジグは今後増えてきそうですね
プレートタイプのジグは今後増えてきそうですね

DUOは「メタルガレージ」というプレートタイプのメタルバイブを開発。

見た目はソレとほぼ同じ。でもアイ周りにDUOらしさを感じる。お値段そこそこ、水中アピールマシマシなメタルガレージ。

サーフだけではなく、湾内シーバスにも活躍中!

この細さが好き!SHIMANOのサゴシジグ

シマノブースにあった「サゴシジグ」は、ショアから青物を狙う最適解になるかもしれない。

ありそうでなかったショアキャスティング向けのこのタイプ
ありそうでなかったショアキャスティング向けのこのタイプ

105.5~109.5mmで28~42gの3種類があります。ちょっと「おっ?」って思いませんか?

10cmサイズで28gなら、何もシンペンでいいんじゃないかと。わざわざジグにする必要あんの? ──と。

いやいや、メタルジグは素早く沈むのが利点です

サゴシや青物は、遅いアクションよりも、早いアクションに反応しやすい傾向があります。レンジの自由度も高いですしね。

ジャークでダートしやすいサゴシジグは、ショアキャスティングにおいて、青物だけじゃなくフラットも拾えるルアーになるでしょう。

見た目的にネタ枠のウィングビーム110HS

ウィングビームの80HSは既製品。110HSはサイズ追加になります。

スピンビームに出来ないことをやれるのが強み
スピンビームに出来ないことをやれるのが強み
そろそろ飛行時に羽根が生えるんじゃないかと思っている
そろそろ飛行時に羽根が生えるんじゃないかと思っている
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/5882

見た目からして、いかにも「飛びそう(小並)」と思いますが、このウイングはそれだけじゃない。

リップレスのミノーよりもウォブリングが強くなるため、巻きで誘うアピール力が一歩抜けます。フラットを狙うに最適ですね。

ボトムまで落として、ゴリゴリッと巻くストップ&ゴーと相性が良さそう。早く動かすことで、デッドベイトの演出もしやすくなります。

なにより飛距離が武器ですし、青物のナブラ打ちは「80HS」で既に輝いています。

初めて見た時はネタ枠と思っていたけれど、110HSが追加されたってことは、メーカーが「いける!」と踏んだのかな。

名前がかわいいマキマキ【hayabusa】

メタルジグの中でも比較的安価な、ハヤブサのジャックアイシリーズ。「マキマキ」はプレート付きのメタルジグです。

ネーミングすこ
ネーミングすこ
http://www.hayabusa.co.jp/product/hayabusa/detail.php?item_cd=3303

メタルジグにもブレード付きが当たり前になってきた感じ。アピール力のアップでフラットと青物に効きます。

ブレードはフックとの絡みが懸念されますが、魚の口に入れば関係ないやろ論。淡水にあるスピナーベイトみたいなもので、光と波動のダブル効果で、高活性時の誘引力は高いですね。

スポンサーリンク

2020年サーフ向けルアーのトレンド傾向

展示されているルアーたちを見ていると、メーカーが狙っているトレンドがうっすら見えます。

  • ブレード付きが増える
  • やっぱり飛距離重視
  • ジグヘッド+ワームの根強さ
  • プレートジグが増えるかも

ざっくりまとめるとこんな感じ。まあ、いつも通りですね。

特に”変化”しているのは、ルアー本体がスリムでも重量が増していること

ウェイトの比重が増すことは、選ぶ金属の選択肢が増えたのと、生産技術の向上によるコスト減が考えられます。

しかし、アングラー視点で求められるのは、いつだって「スレ防止」と「いつでも釣れる」要素かもしれません。

どのメーカーも考えていることはひとつだけ

おそらく、どのメーカーも……

「多くのアングラーに、もっと簡単に魚を釣ってもらいたい」

これを忘れることはないでしょう。

簡単に釣れるルアーは、存在するようで、実はありません。その時々によって魚の好みは違うし、季節で移り変わっていくものだし、見慣れれば敵となってしまいます。

だからこそ釣りは、答えがない遊びであり続けるのです。

タックルの進化の頂点は今ここなのか。それとも旧来が見直されるか。メーカーとアングラーはどの路線を受け入れるのか。

今後の流れが気になるところです。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生