釣りフェスで気になったサーフ向けルアーメモ

釣りフェスティバルで気になったサーフ向けルアーのまとめです。

今回は事前情報をほぼ取り入れなかったので、現地で「これ良さそう」なのを取り上げています。

スポンサーリンク

釣りフェスで「これ欲しい!」と感じたサーフ向けルアー達

”サーフ向け”の線引が難しいですが、「サーフで使ってみたいな」の私見で選んでいます。

  • アクシオンスリム【DUO】
  • メタルガレージ(シリーズ)【DUO】
  • サゴシジグ【SHIMANO】
  • Wing Beam【SHIMANO】
  • ジャックアイ マキマキ【hayabusa】

ようやく来た!アクシオンスリム33g

アクシオンスリム」はリップ付きのヘビーシンキングミノー。サーフヒラメ流行の走りで、多くの実績を積み上げたアクシオンの細身バージョン。

左上がアクシオンスリム。右はフックが上についたジグヘッドのプロト。
左上がアクシオンスリム。右はフックが上についたジグヘッドのプロト。

スペックは「全長105mm:重量33g」。前作より小さく見えるけど、長さと重量はあまり変わっていません。技術の進化を感じますね。

アクシオンスリムはリップ付きHSミノーなので、レンジキープしやすいのが魅力。シンペンは浮き上がりが早いため、ボトム付近を泳がせることが難しく、フラットをただ巻きで釣ることが難しかった

小細工はいらない、誰にでも等しく釣れて欲しい──!

アクシオンスリムはリップが浮き上がりを抑制するため、フラットが釣れるレンジを、波打ち際まできっちりただ巻くだけで引けやすくなります。そう、サーフでヒラメを狙うのが簡単になるんですよ。

私がこれを一押ししたいのは、今までヒラメ向けHSミノーは、ごん太なタイプしかなかったから。

アピールと飛距離を確保するためでしょうが、大きいルアーは目立ちやすい分、スレるのも早い。それで細身のシンペンに注目が集まるようにもなりました。そこで、「じゃあ簡単に引けるシンペンがあればいいんじゃないか?」という考えのもとじゃないかな。

「ようやく来たか」と、久々に欲しいルアーが現れてくれました。

プレートジグが流行?DUOのメタルガレージシリーズ

「飛びすぎダニエル」が遠州サーフで実績を積み上げたのは昨年のこと。でも意外と後追いのパクりルアーが登場してこなかった。まあ既存のメタルバイブでもいいし、センターフックのジグもあるから……などの理由があったかもしれない。

プレートタイプのジグは今後増えてきそうですね
プレートタイプのジグは今後増えてきそうですね

DUOは「メタルガレージ」というプレートタイプのジグとバイブを開発中。

(おっ、後追いだな!)見た目はソレとほぼ同じですが、アイ周りはDUOらしさを感じる。安価でよく飛び、ヒラメがばこばこ釣れるルアーになってもらいたいものです。

この細さが好き!SHIMANOのサゴシジグ

シマノブースで見た「サゴシジグ」は、ショアから青物を狙うに最適解になるかもしれない。

ありそうでなかったショアキャスティング向けのこのタイプ
ありそうでなかったショアキャスティング向けのこのタイプ

105.5~109.5mmで28~42gの3種類あるんですよ。10cmサイズで28gならシンペンでもあるじゃないか? なんて言う人もいるでしょう。

メタルジグは素早く沈むのが利点です。シンペンはゆっくり引いてゆっくり落とすのが基本。青物は遅いアクションよりも、早いアクションに反応しやすい。そのためシンペンで青物は釣りきれません。

ジャークでダートしやすいサゴシジグは、ショアキャスティングにおいて、青物だけじゃなくフラットも拾えるルアーになるでしょう。

見た目的にネタ枠、ウィングビーム110HS

ウィングビームの80HSは既製品。110HSはサイズ追加になります。

スピンビームに出来ないことをやれるのが強み
スピンビームに出来ないことをやれるのが強み
そろそろ飛行時に羽根が生えるんじゃないかと思っている
そろそろ飛行時に羽根が生えるんじゃないかと思っている
熱砂 ウィングビーム 80HS|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-
シマノ釣り製品情報を始め、各種イベント情報など、フィッシングシーンをサポートする情報をご提供する公式サイトです。私たちシマノは釣り具という製品を通じてあなたとご一緒したいと考えます。海も川も湖も、そこに魚たちがいる限り、人と魚たちとの出会いのドラマは無限です。この素晴らしいドラマをこれからも永遠に継承するために、テクノ...

リップレスのシンペンよりもウォブリングが強いため、巻くだけでフラットを狙うに最適。ボトムまで落として、ゴリゴリッと巻いて誘う使い方がしやすい。早巻きなら青物に対応できるし飛距離もある。なので青物のナブラ打ちで人気の模様。

初めて見た時はネタ枠と思っていたけれど、110HSが追加されたってことは、メーカーが「いける!」と踏んだのかな。

名前がかわいいマキマキ【hayabusa】

メタルジグの中でも比較的安価な、ハヤブサのジャックアイシリーズ。「マキマキ」はプレート付きのメタルジグです。

ネーミングすこ
ネーミングすこ
301 Moved Permanently

メタルジグにもブレード付きが当たり前になってきた感じ。フックとの絡みが懸念されるけど、魚の口に入れば関係ないやろ論。その関係で、フックが小さめになってしまうのが難点か。

スピナーは好きなんですけどね。管釣りで使っていて思うのは、魚は光に反応しているのか、動きの音で反応しているのか、それともルアー全体を認識して追ってくるのか──。

正解が気になるところです。

スポンサーリンク

2020年サーフ向けルアーのトレンド傾向

  • ブレード付きが増える
  • やっぱり飛距離重視
  • ジグヘッド+ワームの根強さ
  • プレートジグが増えるかも

ざっくりまとめるとこんな感じ。まあ、いつも通りですね。

特に”変化”を感じるのは、ルアー本体がスリムでも重量が増していること。内蔵するウェイトの選択肢が増えたのと、生産技術の向上が考えられます。アングラー視点だと”スレ防止”かもしれません。

おそらく、どのメーカーも考えていることはひとつ。

「多くのアングラーに、もっと簡単に魚を釣ってもらいたい」

簡単に釣れるなら敷居は低くなる。すると新しく始める人もいるし、従来のアングラーもより満足のいく釣果を得ることができる。そして売れればメーカーは喜ぶし経済も周る。

いやいや難しい方が面白いでしょ──と考える人も居るでしょう。でも多くのアングラーにとって、「簡単に釣れる」の言葉は魔性の響きなんですよ。

タックルの進化の頂点は今ここなのか。それとも旧来が見直されるか。メーカーとアングラーはどの路線を受け入れるのか。

今後の流れが気になるところです。

タイトルとURLをコピーしました