「ねぎま鍋」と聞いて何を想像する?

東京の名物に「ねぎま鍋」があるらしい……。

もちろん「鶏肉と長ネギを煮込んだ料理」を想像した。それの何が名物だよと問いかけると、「いやいや違うよ、マグロを使うんだよ」

────は?(それでも意味わかんねぇ)

スポンサーリンク

「ネギ+マグロ」でねぎま鍋

ねぎま鍋とは「葱」と「鮪」を使った鍋料理。根源は古く、江戸時代まで遡る。

今では高級食材になった「大トロ」も、かつては捨てられていた。赤身は醤油に浸ける「ヅケ」なり、塩漬けで乾燥させ保存できるが、脂身が多いトロを常温下で保存する方法はなかった。それも貴重な食料であるため、なんとか美味しく頂こうと知恵を絞り出した結果、ねぎま鍋が産まれた──らしい。

高級和牛のようにサシが入るマグロは、刺身で頂くと、筋が多くゴリゴリして食べにくい。でも鍋で煮込めば繊維はほどけるし、溶けた脂に味が染み込んで、おいしく頂けるという寸法。

冬にぴったりの鍋料理ですね。

この冬絶対に食べたい! 粋でいなせな究極のまぐろのお鍋「ねぎま鍋」
日本人が大好きな魚といえばまぐろ。お刺身やお寿司で食べるのがポピュラーですが、実は鍋にしてもおいしいってご存知でしたか? まぐろのお鍋を語るうえで外せないのが「ねぎま鍋」。ねぎまと言っても焼鳥のソレではなく、「葱(ねぎ)」と「鮪(まぐろ)」のこと。江戸時代から食されていたという、歴史ある伝統料理のひとつです。そ...

ねぎま鍋はどこで食べれるの?

愛知や静岡でもねぎま鍋を扱う店はあります。ただし期間限定だったり、事前予約が必要だったりと制限が多い。そのため食べるチャンスがなかなか訪れなかった。

東京なら年中食べれる場所があるけれど、都内でも数店しか扱ってないよう。

今回は横浜の釣りフェスで東京に泊まるので、ついでにねぎま鍋を食べるチャンス! ということで、ザギンで鍋をつついてきました。

「鮪屋(とろや)」でマグロ尽くしのコース料理をいただく

選んだお店は銀座にある「鮪屋」。名前の通りにマグロを扱った料理が多く、コース料理にねぎま鍋があったので即決した。他店は”4名から”が多かったけど、ここは2名からだったので丁度いい。

ねぎま鍋は飲み放題付きのコース料理で5,000円キッチリ。明瞭会計で割り勘も楽ですね。

ほほ肉以外の説明を聞いていなかったマン
ほほ肉以外の説明を聞いていなかったマン

初手はマグロの希少部位込みの刺身から。ほほ肉の刺身ははじめてかも。臭みはないしとろとろで、期待していた以上のマグロ。もう1年分のマグロを食べた気分。

マグロ!ご期待ください
マグロ!ご期待ください

で、表題のねぎま鍋が着席する。

ネギとマグロが確かにいる。確かにいるが……思っていたより少ない。2名ならこんなもんかな。テーブル4名分だったら、マグロが山のように盛られた絵を見れるかもしれない。鍋つゆは関東らしいドス黒さ。関西人が見ると発狂しそう。でも味は濃くないんですよ。どちらかといえば西のほうが濃いくらい。

テール肉の煮込みがとろとろで美味しかった
テール肉の煮込みがとろとろで美味しかった

テール肉の煮込みがうまかった。魚に捨てる部位はないんだなと実感する。本来捨てられる部位がこうして食べられるのは、世界のマグロ市場が近くにある立地も関係するでしょう。宅地に近いスーパーで見かけることはまずないしね。

テール肉の煮込みや兜焼きは、焼津や清水の魚市場でも売ってることがあるので、近くに住む方はぜひ足を運んでみてください。

鍋のシメは麺類か雑炊か難題

鍋のシメを何にするかで、よく議論が持ち上がると思う。私は麺派で、東海地方らしい味噌煮込みにはウドンやホウトウなどの麺が合う。

シメに来たのはライスでした。この色で雑炊は気が引けたが、しょうゆがほのかに香る程度で、むしろ甘い香りが限界近いと感じていた食欲を刺激する。

こんな色してますけど、味はいたってふつう
こんな色してますけど、味はいたってふつう
にしても、絵面が汚いな……
ねぎま鍋、完食です!
ねぎま鍋、完食です!

気づけば鍋が綺麗に片付けられていた。シメに炭水化物で追い打ちするのは、減量を考える身としては愚行だが、雑炊は鍋を綺麗に片付ける知恵と実感する。麺類だとこうはいかないしね。ツユだけ飲むと後から腹に来るし。

コース料理はペース配分がしやすくていいですね。

食べ放題は食べることに夢中になるから、話が進みにくいし、後半は満腹で苦しみだす。コースは食事に時間がかかるので、少ない量でも満腹度が高くなる。接待を兼ねる会食で食べ放題を選ぶと、気配りはアピールできるかもしれないけど、話は進まないだろうしね。

東京駅から外に出ることって少ないよな
東京駅から外に出ることって少ないよな

いや~……いい夜を過ごせました。

マグロ専門居酒屋 鮪屋 銀座インズ店 (有楽町/居酒屋)
★★★☆☆3.42 ■銀座駅徒歩3分/有楽町駅徒歩1分☆生本マグロや鮪の中落ちなどを堪能できるお店☆ ■予算(夜):¥4,000~¥4,999

マグロ専門居酒屋 鮪屋 銀座インズ店

スポンサーリンク

家庭でもねぎま鍋が楽しめる!

ねぎま鍋はマグロを使うので、高価になりやすいし、料理としてマイナーかなと思っていたけど、クックパッドにレシピが意外とありますね。

ねぎま鍋のレシピ 91品 - クックパッド
「ねぎま鍋とカレー」「めんつゆで簡単!ねぎま鍋」「冬にあったか!ねぎま鍋☆」「ねぎま鍋(権太呂だし使用)」など

脂と筋が強めの魚なら応用できます。例えばブリとかね。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました