夏釣りのマスク事情(コスパか冷感か)

夏釣りのマスク事情(コスパか冷感か)

暑くなってから、マスクが濡れて息苦しさを感じることも多くなりました。

着けると熱中症リスクが高まる……でも感染対策には必須という。ガイドラインで「時と場合を選べ」というが、それを自己判断できない方々もいる。一体どうすればいいんだー!

というわけで、夏釣りのマスク事情についてメモってみた。

スポンサーリンク

夏の釣りにマスクは必要なのか?

「魚釣りは外だし、マスクをしている必要あるの?」

これは釣り人の誰もが疑問に思っていそうなこと。

そもそも個人で楽しむ勢が大半だから、ぼっちにマスクは要らない気がする。横一列でズラーッと並んでも、会話が一切ない状況なら飛沫感染リスクも少ない。逆に、会話しながら釣りしないと○ぬウェイ系アングラーは、仲間と周囲を守るために、マスクを着用するべきといえます。

ようは「TPO(Time Place Occasion)」なわけ。

例えば離島で周囲に人もいない状況なら、マスクをする意味もないじゃないですか。仮に「なんでマスクしてないんですか!」と注意するため近づく人のほうが馬鹿に思えません? 同業者がいたとしても、数十メートル離れている状況なら、着用する意味も特にありません。

猛暑でマスクをし続けると熱中症リスクが高まる

マスクをしていると、自分の呼気で口の周りが暑くなる感覚を覚えると思います。

呼気には水分もあるし、皮膚からは汗も蒸発している。マスクがそれらで湿ってくると、空気の通りが悪くなり、呼吸がしづらくなります。実際マスクをしていることで、顔の表面温度が数度上昇することもわかっています。

「なぜマスクをするのか?」を考えてください。

周囲の人と離れている状況なら、マスクを一時的に外すことも合理的だし、一切喋らず触れない状況でも同じことがいえます。最近はカラオケ店での感染事例がよく取り上げられますが、空調がない密室で誰かが喋る状況なら、空中にウイルスが漂うことは容易に想像できる。現在は「店内マスク着用」と促す注意書きも多いです。

施設内は必ず着用すること。外は人との距離が離れていれば外してもいいよ? ──というのが、最近のマスク着用に関する指標といえます。

「野外でのマスク」で熱中症の死者を出すことがあってはいけない 感染リスクへの過剰反応に要注意
高温多湿に体が十分に慣れていない今の季節、マスクを着けたままだと顔を中心に体温が上がり、熱中症のリスクがある。とくに体温調整の機能が弱まっている高齢者ら健康弱者は、細心の注意が必要である。梅雨が明け…
スポンサーリンク

今夏は冷感マスク商戦が激しそう

マスクの生産合戦もピークを迎え、現在は「冷感マスク」の開発と生産バトルが繰り広げられています。夏は暑いことがわかっているし、特効薬がまだ無いうちは、マスクの必要性がなくなることはないでしょう。

直近では、ユニクロの「エアリズムマスク」が話題になりました。3枚990円だし、洗えば再利用可能なら、不織布マスクを消費するよりもエコじゃないですか。

ユニクロ|エアリズムマスク|公式オンラインストア(通販サイト)
洗える、エアリズムマスク。高性能フィルターで飛沫をブロック。細菌や花粉などの粒子を99%カット。メッシュで通気性向上。なめらかな着け心地で洗えるマスク。サイズはS,M,Lの3サイズをご用意しています。

冷感マスクは、「着けても涼しく感じる」「洗って再利用可能」が基本スペック。汗で湿ると冷たく感じたり、風を受けることでひんやりするなど、冷感素材を使ったものが主流になります。単純な話、冷感インナーの生地でマスクを自作してもいい。

今は毎日マスクを使う状況です。洗って再利用が可能なら、単価が高くても長い目で見れば、1枚5円を毎日捨てるよりかは得になるはず。

夏用マスク、快適さ競う コロナ対策、高まるニーズ:時事ドットコム
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、夏用マスクの製造・販売に参入する企業が増えている。各社の独自技術や素材を生かし快適さを追求した高機能マスクが続々と登場。「コロナ後」を見据え、新たな需要に商機を見いだした企業による競争が過熱しそうだ。

アウトドアで既に人気が出ている冷感マスク(フェイスカバー)

冷感マスクはアパレルブランドが続々リリースしてくるし、全国で梅雨が明ける頃には、ほとんどの人が着用しているのではないでしょうか。

アウトドアで人気なのは「冷感フェイスカバー・ネックカバー」ですね。帽子と併用することで、顔から肩までの日焼け対策にもなるのが強み。街歩きでも使えます。

口と鼻を守るマスクは、マスク型に日焼けの跡が残ることも懸念されます。フェイスカバーなら首までUV対策できるし、日焼け止めの消費も減らせます。冷感とはいえ、暑いことには変わりませんが……。

魚釣りは周囲と距離をとって、安全に行う必要がある遊びです。社会的距離を確保するのは得意ってわけ。おまけに外だから、熱中症から身を守るためにも、状況に合わせたマスクの着用と、選び方を考えてみてください。

タイトルとURLをコピーしました