魚は養殖から培養へ?陸漁師が職になるかも

質のいい魚の細胞を培養して、魚肉を作ることを目標とするスタートアップがある。

カプセルで育てられた肉を、受け入れるか、認めないか。……は別として、増え続ける人口と飽食に自然が負けている現在にとって、重要な役割の新技術であるといえます。

ゆくゆくは宇宙ステーションでスシパーティしてそう。

スポンサーリンク

刺し身が食べたければ筋肉を培養すればいいじゃない

魚肉の培養に関しては、次の記事を参考にしてください。

細胞培養"魚肉"から人工母乳糖製造まで バイオテックはここまで来ている | DG Lab Haus
 世界最大級のスタートアップアクセラレーターIndieBioの第5回目となるデモデイが、2017年9月14日にサンフランシスコ市内のHerbst Theaterで開催された。前回のデモデイ同様に200人を超える投資家や報道関係者が集まったこの日、スタートアップ企業12社が自社取り組みを紹介し会場を沸かせた。 Indie...

そもそもなんで培養をする経緯になったのかは、理由が述べられています。

1.魚は健康にいいが、世界中で消費が伸びたことで消費量が生産量を上回り、価格が高騰している。そしてこのままいくと近い将来、魚が取れなくなる可能性がある。
2.環境汚染により、魚に水銀やプラスチックが含まれる場合があり、健康を害することがある。

https://media.dglab.com/2017/09/19-event-indiebio-01/

天然自然は減少を続け、回復量より消費が上回っています。不足分を養殖で補う考えもありますが、環境に左右されるため、ビジネスとしてもまだ途上。

「なら人工的に産み出せば、ほら解決!」

みたいな発想といえます。意図をくめば、「安全な刺し身を食べたいなら筋肉を育てればいいじゃない」、じゃないかなぁ。

自然界には細菌が存在するし、完全なる安全食は存在があやふや。今の世なら身にしみているでしょう。魚の生食は危険であるが、生じゃないとスシにならない! 俺たちは安全なスシが食べたいんだ! そういう叫びが聞こえてくるかのようです。

魚肉培養が低コスト化すれば…?

近頃は山間で養殖することが定番化しています。とある町では、町民より魚のほうが多くなったり。綺麗な水で育成するため無毒のトラフグとか、ウニやアワビなどの高額な種類も。なんだか海辺よりも高級化している気がします。

魚肉の培養は、カプセル内でサイヤ人を回復させるようなイメージでほぼあっています。

未来の湯治

培養は屋内施設で行えるし、天候に左右されない。安定供給が最大のメリット。低コスト化すれば、山間の土地に魚肉培養の一大プラントを建てたりして、新たな雇用と町づくりにも貢献してくれそう。

ゆくゆくは宇宙で魚料理を楽しむことも可能になりそう。宇宙旅行も視野に入りはじめているし、ゲル状じゃない食を楽しめるようになるのも、ブレイクスルーかと思います。

「近い将来、魚は海でなく、陸でとれるようになる」──シリコンバレー発の漁業革命
食とテクノロジーを融合した「フードテック」は、今シリコンバレーで最も勢いのある領域の一つだ。中でも、サンフランシスコ近郊のエメリービルに拠点を構える2016年創業のスタートアップ「Finless Foods(フィンレス・フーズ)」は、魚の細

培養肉を受け入れられるかどうか

最大の難関は、培養された肉を「食べ物」として認識できるか、にあると思います。でもそれはイメージ上の偏見かもしれない。

カプセル内でぷかぷか浮いている肉を取り出して、「ハイどうぞ」と言われて食べる気にはなりにくい。でも皿に刺し身として盛り付けられていれば、それが培養された肉であると認識しづらいでしょう。

食の3Dプリントも聞こえは凄いですが、現在はキューブ状を組み上げるだけなので、味はともかく、食欲をそそる見た目は難しいところ。そんな食でも、食べざるをえない状況になれば、おのずと浸透していくのでしょうね。

絶滅危惧だけど食べたい「ウナギ」なら、切り身だけで作って骨もない安全な蒲焼きが作れちゃうかも。

うな次郎みたいな代替品が代替のようで代替じゃなくなるかも?

ニュース
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました