釣り人は水に浮くスマホケースを使うべきでは?【おすすめ】

水にスマホを落とすリスクを考えなくてはいけない。

スマホはもちろん浮かない。

でも水に浮くケースはあります。

水に浮けばタモで救えるし、回収ワンチャンあるで?!

釣り中にスマホを落とすリスクを考える

釣り中にスマホを落とすと、たいてい悲惨なことになります

手帳型ケースは磁石付きだから、砂鉄がついてひどいことになるかもしれない。ウェーディング中だともれなく水没しちゃう。

漁港の堤防なら……絶望するしかないよね。

スマホを使うアングラーは大半だろうけど、スマホを水に落とすリスクは考えていますか?

世の中には、iPhoneを水洗いして水没させた人もいます。防水機能があるスマホも増えてきましたが、水没に耐えられるものはまだ少ない。

iPhone や iPod の液体による損傷は保証対象外
iPhone や iPod が液体により損傷した場合、その修理は Apple 製品 1 年限定保証の対象になりません。

でも……防水じゃないなら、完全防水のケースを使えばいいんじゃない? 中には水に浮くタイプもありますよ。

水に浮くスマホケース本当に浮くの?

水に浮くスマホケースは2タイプがあります。

  • 防水ポーチのついでに浮力があるタイプ
  • 水に浮く素材(浮力材)を使っているタイプ

防水ポーチは密閉パックに入れるタイプが多く、浮力はあんまり頼りになりません。プールとか浅瀬など、自分も水に入る状況なら有効。

浮力材で浮くタイプは、大海原を航海するレベルで浮きます。その実力はこちらのページを参考にしてください。

耐熱・耐寒・耐衝撃! 水に浮くタフなスマホケースを使ってみた | ライフハッカー[日本版]
「PHOOZY XP3」は、宇宙服の技術を応用した、耐熱・耐寒・耐衝撃かつ水に浮くスマホケース。水を張った洗面台に落として、その性能を検証してみました!

ここまでやる必要ある?

防水ポーチは廉価で買いやすい!サーフルアーやウェーディングにおすすめ!

ポーチタイプの防水ケースはぶっちゃけ、ジップロックで代用できます。

ポーチタイプはレジャー向けで、首に下げるストラップが地味に便利。胸元にあると尻で踏み潰すこともないし、着信などがわかりやすいし、なんなら動画撮影できちゃう!

ジップロックは風呂でスマホを使いたい時におすすめ。サーフッルアーやウェーディングは、ストラップ付きの防水ポーチを使いましょう。

不意のポロリを防げます。

浮力材のあるケースは水深がある場所におすすめ!

浮力材のあるスマホケースは、沈むと困る場所に向いてます

例えば、船釣りなら波で大きく動いた時、スマホが手から溢れ落ちる可能性もあります。その時、浮かなければ藻屑と化すし、浮けばタモで救えますよね。

ウェーディングでも、腰まで浸かっている状態だと、水底に落とした物を拾うのはけっこう難しい──。

防水かつ浮力のあるポーチを選ぶ際に注意すべきは、どれだけの重さに耐える(浮くか)かしっかり確認しましょう。

ペリカンの「Marine Waterproof Floating Pouch」がオススメ。衝撃吸収材もあり、磯釣りをやること人向けかな。