「グローバル・フィッシング・ウォッチ」とは?

「グローバル・フィッシング・ウォッチ」と聞いて何を連想する?

「グローバル・フィッシング・ウォッチ」を耳にして、最初に思い浮かんだのは、地球規模のフィッシング詐欺監視システムかなって……。

実際は米Googleが管理する密漁監視システムでした。

スポンサーリンク

グローバル・フィッシング・ウォッチの役割

「グローバル・フィッシング・ウォッチ(以下GFW)」とは何か?

簡単にいえば、違法漁船を監視するオンラインツールであり、手動するのはNPO(OPRI)です。

洋上を航行する船舶は、自分の位置を衛生に送る信号を発しています。安全航行と自動航行のために必要なシステムですが、それを利用してマップ上に表示させるのがGFWの仕組み。

これにより、洋上で操業する漁船の位置がわかるため、範囲外で航行している船を知ることができます。

GFWのメリットは誰でも利用できること。「利用者=監視者」の構図になるため、管理団体以上のマンパワーを確保できます。

持続可能な漁業を目指して— グローバル・フィッシング・ウォッチの活動 | 海洋政策研究所-OceanNewsletter | 笹川平和財団 - THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
笹川平和財団は国際理解・国際交流および国...

ツールを提供しているのが米Google。漁業関連機関に環境保護団体が共同運営として名を連ねています。

GFWの実績

日本における活動実績は、イカ漁の違法操業(主に他国)を証明する役割として。

イカの水揚げ減の原因は、某国の獲りすぎが原因といわれているけど、それを証明することは難しい。だって実際目にした人にしか、違法操業の存在は証明できないから

ならデータで可視化すればいんじゃね? ──で、GFWが役立つわけです。

中国船のスルメイカ違法操業証明/日米など8研究機関 北朝鮮水域で国連決議違反
米国のIT大手グーグルの協力下にある米の民間非営利団体(NPO)のグローバル...

ただ問題があって、AISデータを送信しない(位置情報がない)船舶は追跡できません。

違法するつもりの船が、わざわざ自分の位置を知らせる理由はないでしょ? だから完全な把握は不可能です。

あとは漁船の活動実績と水揚げ量(経済指数)をデータ化するとか、監視だけではなく、行動データとしても有能なのがGFWの利点といえます。

漁業の透明性と持続性を得るために

GFWは監視ツールだけではなく、漁業の透明性を保つのにも役立っています。

例えば「原産地」を証明する手段として。

水産物の産地偽装は根深い問題。スーパーで並ぶ物は記載されている地名だけが頼り。……でも、QRコードで「実際ここで獲りましたよ」とGFWのデータを参照できれば、信頼感は増すでしょう。

これは違法漁業を抑止する効果もあるし、顧客への信頼性にも繋がり、透明性の確保になります。

AISデータで海上の船を全て追えるなら、違法をわざわざ巡視しなくても、帰ってきたところ拿捕すればいいだけの話に。

操業する船をコントロールすることで、獲りすぎを防ぐことができるし、漁業仲間を出し抜くヒントになるやもしれません。

違法操業を衛星で監視、世界中に広がるか
島国であるキリバス共和国は、最近設けた禁漁区に漁船「マーシャル203」が侵入したとの疑いを持ったが確証がなかった。しかし、そこは『(Global ...
New Ocean Policy under the Third Basic Plan on Ocean Policy | The Ocean Policy Research Institute-OceanNewsletter | THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION
THE SASAKAWA PEACE FOUNDATION