21年秋新作のサーフロッド「ネッサXR」は買いなのか?

21年秋新作のサーフロッド「ネッサXR」は買いなのか?

シマノのサーフブランドである「NESSA」から、新しくサーフロッドの「NESSA XR」が登場。

今作はハイエンドから一歩引いた”中間”といった仕様。

……ですが、部分的に最新技術を盛り込んだり、軽さを武器に尖った感じがいいですね。ベイトモデルもあるよ!

既存作と違うのは「感度」と「軽さ」

ネッサシリーズは「BB」「CI4+」「エクスチューン」「リミテッド」などがあり、後者ほど上位モデルになります。

新作の「XR」は、CI4+とエクスチューンの中間くらい。

それでもXRは、他モデルより優位に立てる部分が多い。

ネッサシリーズでは最軽量クラスとなり、カーボンモノコックグリップを採用することで、感度アップと軽量化を両立させました。

ネッサXR | サーフ | ショアソルト | ロッド | 製品情報 | SHIMANO シマノ
ヒラメから青物まで。サーフゲームに必要な軽さとパワーを両立。

「サーフルアーで感度?」といわれてもピンと来ないかもしれません。

なぜそこを重要視するかといえば、魚がルアーにアタックしてくるのは、ルアーが止まっている時が多いからです。

最も簡単なメソッドに完璧な答えを出したネッサXR

サーフルアーの定番メソッドといえばストップ&ゴー。

どんな魚種でも、追いかけてきたルアーが止まった瞬間に食いつくパターンが多いことは、長く続けている人は気づいていると思います。

高感度ロッドの利点は、「ストップorフォール中のバイトを感じれる」こと。

ヒラメはエサを口にして、すぐ口を離すタイプじゃないから、感度はなくとも巻き始めで乗っていることに気づきやすい。……とはいえ、口を離す可能性がゼロでもない。

特に役立つのは、スレ場で1匹を取るための競争が激しい時。

数少ないチャンスを逃さないためにも感度は必要だし、スレに対応するゆったりとしたアプローチに対応するためにも重要になります。

ネッサXRに導入されたカーボンモノコックグリップ

カーボンモノコックグリップは、手元のグリップに中空のカーボン素材を採用し、感度と軽さを両立させたもの。

バイトの感触は手元に音となって伝わります。

穂先から手元まで中空だと、音が反射してバイトの感触が伝わりやすい──という仕組みじゃないかなと(適当)。

他にはスクリューロックジョイントが採用され、ジョイントの固定力が強化されています。

ネッサは3本継のロッドなので、使用中にズレてきやすい問題がありました。その杞憂がなくなったため、嬉しい改善点といえるでしょう。

遠州サーフならS104MとS108M+で事足りる

ネッサXRには現在6つのラインナップがあります。

  • S104M(感度優先タイプ)
  • S108M+(遠浅万能タイプ)
  • S112M+(遠距離とドン深対応タイプ)
  • S106MH(ショアジギ対応タイプ)
  • S100MH+(ブリでも対応するタイプ)
  • B104M+(ベイトキャスティングモデル)

遠浅サーフが主体の遠州サーフなら、「S104M」か「S108M+」がベストでしょう。

S104Mは軽めのミノーやワームを使い、ゆったりとした攻めに対応するモデル。高感度を活かして小さなアタリを逃さず、射程50m以内をじっくり探るのに向いています。

シマノ(SHIMANO)
¥30,630 (2021/09/22 19:07時点 | Amazon調べ)

S108Mは遠浅サーフで万能タイプ。他モデルよりソリッドなティップが、繊細なバイトを逃さないし、使えるルアーも多種に渡ります。

全モデル中、最も広範囲かつ多様なルアーを扱えるため、全国どこでも「サーフなら困らない」ようなモデルといえます。

シマノ(SHIMANO)
¥33,110 (2021/09/22 19:09時点 | Amazon調べ)

他モデルは特殊なポイントなり大物を想定しているため、「こういうのが欲しかった!」と気付ける人なら、自然と選ぶでしょう。

S100MH+はブリも十分に対応するモデルですが、わざわざネッサを選ばなくても、ショアジギ専用モデルのコルトスナイパーを選ぶべきです。