アーバンフィッシングが捗る!電動キックスクーターの選択

駐車場から釣り場まで遠いと、退化した脚では面倒に思うことがある。

最適な解決法は「折りたたみ自転車」でしょうけど、ただそれだけに買うのもなーと、悩みに悩んでいた。

 

安くてもっとコンパクトな製品が、世にはあるのではないか? と模索していたところ。

電動キックスクーターが「いまはコレだろ?」の感じがアリアリでした。

スポンサーリンク

電動キックスクーターは軽さがウリ

電動キックスクーターの重量はだいたい5kg前後。

ガチ保冷力で大容量のクーラーボックスより軽いレベルです。

折りたたみ自転車より小型になって、人力ではなく電動だから移動も疲れない。

 

なーんて、いいところばかりでなく、わりと難点も存在します。

もしかして電動じゃないほうがいいんじゃ…

まず電動だから充電が切れるとどうしようもないところ。

フル充電で10~15kmだけ走行できるので、徒歩なら片道1時間を往復できる距離くらいしか活用できません。

なので散歩程度の近距離に使う分には問題ない。

 

電動とはいえ、公道を走るのは違法です。ようは”車が走れるような道”てこと。

私有地や公園に自転車専用道路なら許されるかもしれません。

あとは盗まれやすい要素が多いってとこが致命的ですね。

それでも自転車積むよりは小型だし、長い堤防を移動するなら選択肢に入れてもいいかと。

整備された河川沿いをランガンするアーバンスタイルには、向いていると思います。

舗装がない砂利道では無理ゲーですので。

もしかして人力キックボートのほうがいいんじゃ…

ほんとそれな。

 

電動機なしなら重量も軽くなるし、体力があるだけ進み続けられます。

電動は”重い人”が乗ると遅くなるので、尊厳にもダメージが入りやすいですが、人力なら体力勝負なのでダイエットにも期待がもてる!

なんだ、こっちのほうが、いいんじゃないか……?

でも折りたたみ自転車のほうが、どこでも万能だろうと思う。

重いのは仕方ないが、そうするのも車両で移動するときくらいだしね。

インプレ便利なもの
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生