使いやすい!を優先したタイドグラフアプリ選

釣り人にとって「潮汐」は重要な情報。かつては釣具屋で冊子をもらったり、新聞欄で知る情報だったのが、今はウェブサイトやアプリで見れるようになりました。豪の者なら関数でExcelも。

スマホアプリにもタイドグラフは多いけど、余計な機能が多かったり、広告が邪魔すぎたりしまし。

なので自分が使いやすかったアプリだけ紹介します。

スポンサーリンク

愛用しているスマホアプリは「潮汐なびFREE」

タイドグラフ(潮時表)アプリは複数試しましたが、「潮汐なびFREE」がシンプルで一番使いやすく、愛用しています。いいところを挙げると──

  • シンプルで起動が軽い!
  • 全国の主要港の潮時表が見れる!
  • オフラインでも使える!

などがあります。

特に重宝しているのがオフラインで使えること。サーフだとたま~に圏外なポイントもあるから、ネット接続なしでも使えるのは大きい。

とにかくシンプルで、起動も早いし広告の存在意義が問われるレベルです。

潮汐ナビFREE→(iOS用Android用

使い方は簡単。知りたい地点をあらかじめブックマークしておくだけ

自分のよく行くポイントに近い潮汐観測点を登録しておくことで、起動時にタイドグラフが表示されます。

表示されたグラフも、現在の時刻が赤色の線で記されるので、視覚的にもわかりやすい。カレンダーで月齢もわかるし、1ヶ月先も見ることができます。

過去が見れないのがちょい不便

唯一の難点は過去を振り返れないところ。「アレが釣れた時の潮はどうだったかな~」という時に微妙に困ります。これは冊子のほうがわかりやすいですね。

他にも有料アプリなどありますが、潮汐なびに天気予報と上下3~7分の”釣れやすい”時間帯をひと目でわかるよう工夫されている程度。

なので天気予報アプリと潮汐なびさえあれば、釣行時の不安は「スマホを忘れること」くらいになります。

SNSと釣果情報が一体化した「ラボアップ」

続いてこれも「なんで無料?」ってレベルの釣果共有SNS「Fishing-Labo」のラボアップ

「今の潮はどう?」を知るのに、最も効果の高いタイドグラ……フ……? グラフといえばグラフか。これはタイドグラフのどこで釣れやすいかわからないよぅという人にオススメしたい。

現在の潮位がすぐ判るし、他のアングラーの投稿を見て時間を潰すこともできる。位置情報で近くの地点から参照するため、通信が必要という弱点こそあります。

色々試したけど潮汐なびの優秀さが際立つだけだった

シンプルイズベスト! 色々試したけれど、潮汐なびが優秀すぎてずっとこれ。

潮汐に関して気をつけて欲しいことがひとつあります。

それは観測地点の港より、現在地が離れるほど干満に時差が生じるところ。特に内湾はかなりズレます。外洋では大した差はありませんが、浜名湖を例に挙げると、入口に近い舞阪と、湾の最奥である三ヶ日は、3時間ほどのズレが生じます。

舞阪の上げ3でダメでも、三ヶ日に移動すれば再び上げ3を楽しめる──なんて利点もありますけどね。

腕時計でもタイドグラフは見れます

サーフウォッチ『ザ・スーパータイド(THE SUPERTIDE) 』が買いどき
サーフィンをするときにチェックする気象条件は何ですか? 波の大きさ? うねりや風の方向や強さ? ベテランサーファーは天気図を見ればある程度のコンディションが予測できるかもし...

潮汐を気にするのは釣り人だけではありません。サーファーもいい波に出会うため、タイドグラフをチェックしています。

防水の点では防水ケースで防備したスマートフォンより信頼性があるので、ウェーディングを主にしている人には時計の方が向いているのではないでしょうか。

アウトドアウォッチで検索すると、他にも気圧計などがデジタル化した腕時計がたくさんあります。……値ははりますけどね。

タックル・小物
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生