【IoTフィッシング】物のインターネットが魚釣りにもたらすモノ

 

結論から書くと、魚釣りは「IoT」を導入することにより、プロとアマと初心者の隔たりがゼロに近づく可能性があります。

「なにそれ便利じゃん?」と感じるかと思います。

そんな”平均”を望むか望まないかは別として、どのような世界が待っているのか、垣間見てみましょう。

 

スポンサーリンク

IoTとはなんぞや?

 

IoT(Internet of Things)』とは、様々なモノをインターネットに接続し、相互に情報交換または制御をする仕組みのこと。

これを最初に提唱したのはケビン・アシュトンで、理念は20年近く前の1999年に生まれました。近年になってIoTという言葉を、よく目にしたり耳にしたりすると思いますが、ようやく時代が追いついたというわけです。

スマートフォンのような小さい端末ひとつで、この世にある全ての機器を操作または管理できるようになるのがIoTであり、IoE(Internet of Everything)の根幹を成す技術の一部になります。

 

IoTがもたらすもの

 

IoT最大のメリットは、あらゆる”モノ”のデータを収集できるところにある。

それが何をもたらすのかというと──。

 

製品の品質向上」「アフターサービスの充実」「遠隔医療や遠隔生産」、そして「自動運転」。

 

とても全ては紹介できないほど、様々なメリットがあります。

反対にデメリットは、セキュリティと膨大なデータを解析する人材が追いつかないところ。そして通信設備のインフラがまだ不十分です。

ハッカーとビッグデータの解析家は、ホットな人材になっていくでしょう。

 

 

IoTが魚釣りにもたらすモノ

 

それではIoTが魚釣りに何をもたらしてくれるのか、少し考えてみましょう。

 

「ロッド」「リール」「ルアー」、それぞれがインターネットに接続されます。

すると、内蔵されたセンサーが製品の情報を収集し、モバイル端末にリアルタイムで送信されるようになります。企業にも製品データが送られ、アフターサービスの対処もしやすくなります。基本、データは嘘をつきませんからね。

 

……それの何がすごいのん?」と思う方は、これからの時代を生きるのは、少し面倒になるでしょう。

今のままで構わない人にとってはこの先、どうでもいい内容になるので、ブラウザを閉じた方が時間の節約になります。

 

IoTロッドはこうなるかも?

 

ロッド内に「ジャイロセンサ」を入れれば、しなり(軌道)をデータ化できます。

慣性センサを導入すればルアーの飛距離も算出できることでしょう。またロッドにかかる力も数値化できるため、限界点を見極めやすくなる。

 

ロッドのテストなど、製品の耐久・性能などをチェックするに、大手の釣具メーカーはすでにこれを行っているところもあります。

ようは、デジタル機器を駆使したメーカーが行う製品テストを、ユーザーが誰でも行える感じになるわけです。

 

ロッドの曲がり・負荷・慣性速度をデータ化できれば……。例えばプロアングラーと照らし合わせることで、あこがれの人と同じスイングを実現することが可能です。

テスト段階で「このスピード・負荷で折れた」データがあれば、そこに到達する前に警告を出すこともできます。

補助ロボットが進化すれば、データ入力しただけで、ミラクルジムの理想的なキャストを再現するようにサポートしてくれるでしょう。

 

IoTリールはこうなるかも?

 

めざましく進化するのはベイトキャスティングリールでしょう。

今でもCPU制御されていますが、ツマミ設定のみの限定的なプログラムにすぎない。

使用者からすれば、「アナログと大して変わらないじゃないか」「俺のテクのほうが臨界まで飛ばせるね」と感じているかと。

 

IoT化すれば、ベイトリールとモバイル端末を繋ぐことにより、より細かい数値設定が可能になるでしょう。ロッドと連動して「◯m投げたい」希望も叶えてくれるかも。

写真から参照して、「ここへ投げたい」と指定すれば、最善の方法を提供してくれるでしょう。

 

あとはルアーアクションの目処として重要な、リトリーブスピードを数値化できるところ。

「これはこうやって釣る!」、みたいな情報を提供する側からすれば、とても貴重なデータになります。

 

 

IoTルアーはこうなるかも?

 

まずデメリットの話から。

 

IoTの弱点として、製品にセンサと無線接続機能を内蔵する必要があり、電力が不可欠です。

現在かなり小型化が進んではいるが、”あらゆるモノ”にそれを積むことは難しい。

例えばルアーにそれを積むとなると、今の製品よりも重く、大型になりやすい。これは致命的な弱点でしょう。

 

人工知能(AI)で自律アクションするルアーも面白そうですが、IoTではデータ収集が主な役目になります。カメラをつければ簡単に水中を見ることができるし、魚が本当にいるのかもわかる。

慣性センサがあれば流速スピードもわかるし、ジャイロがあれば深度もわかる。

などなど、人間の曖昧な感覚が数値化されることで、良く釣る人を真似たルアーの動かし方なんかを、データでわかりやすく提供することができるようになる。

 

例えばあまりルアーをやらない人に、「あそこに投げて1m沈めてからただ巻きしつつたまに止める」というメソッドをやってもらうとします。

この説明ではおそらく「どのくらい落とせば1mなの? ただ巻きはいいけどハンドルはどのくらいで巻けばいいの? 何秒止めればいいの!?」、みたいな答えが返ってくるでしょう。

これを具体的に伝えるには、経験した人でも難しいのです。

 

ここからはメリットの話になりますが、1匹の魚をかけるまでに通したルートと速度、飛距離と深度、どこからバイトしてきたのか──。

それらをデータで数値化すれば、それを再び実行すればいいわけです。

現在のメソッドは感覚による不確定が多く、曖昧なものです。

それらのデータを数値化して統計することで、プログラムで「こう動かしてほしい」と命令すれば、”釣れやすいアクション・メソッド”を誰でもできるようになる可能性があります。

 

ということは──。

フィッシングガイド”をロボットがしてくれる未来も、そう遅くはないかもしれません。

 

IoTを利用したリアルタイム釣果情報

 

現在でも似たようなアプリは存在しますが、リアルタイムにはほど遠い。「聞いた時には時すでに遅し」が今の状況でしょう。

釣り人は”釣れた場所”を公開したがらないので、そもそも信頼性に欠けるのが、釣果情報だと思っています。

 

ロッドとリールに掛かる負荷を魚が掛かったと判断し、GPSにより居場所を伝え、アプリに「現在ファイト中!」とか表示されたら、ゲームみたいで面白くないですか?釣り大会では実況する側としても重宝しそうなシステムが作れそうです。

ヒットルアーやパターンなど、データとして提供できるので、不正防止にも役立ちます。

 

IoTフィッシングがもたらすのは、曖昧さをなくしたフラットな世界

 

あらゆるデータが数値化されるということは、曖昧なことをいうメーカーの回し者をあぶり出すことができます。

また、メーカー発表の数値も誤魔化しが効かなくなり、結果的に品質の向上にも繋がるわけです。

現在まで”腕”による釣果の差がありました。しかし、データを駆使すれば、プロと同じことをするのも可能であると、わかってもらえたかと思います。

 

「そんなデータが何になるんだ。俺の経験実績はデジタルだってひれ伏すぜ──」なんて意見もあるでしょう。

しかし、デジタルでは”経験の差を埋めれる”ことが、とても重要なことです。データからのプログラムは、言伝よりも確かで、”教科書通り”という意味で平均的になります。

 

よって、初心者とプロの垣根がゼロに近づいていくのが、これからのフィッシングの可能性です。

 

技術的には難しく聞こえると思いますが、それを誰でも使えるよう取り組んでいるのが、進行形のIoT技術です。

あらゆる”モノ”同士を繋げるのが第一歩、ゆくゆくはあらゆる”概念”を繋げるのがIoEという、モノのインターネットの最終目的地です。

 

2016年はVR元年ともいわれ、リニア中央新幹線が全線開通するころには、さまざまなデジタル技術が円熟化し、物語上の空想だった世界がそこに存在しているかもしれません。

この技術を便利と捉えるか、不便と捉えるかは人次第。

 

モノとインターネットの融合で新しい製品やサービスが出現|日経XTECH

 

魚釣りだと、”魚をかけるまで”のハードルは下がります。ですが、”魚をかけてから”は現在と変わらりません。

いくらIT技術が進もうが、「人と魚のガチンコファイト」であり続けることに、変わりはないのだから。

まあロボットがカツオの1本釣り漁をするのは、そう遠くないでしょうね。

釣りの雑談
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生