サーフのヒラメには黙ってこれを持っていけルアー3選【2019版】

サーフでヒラメを狙うルアーには、ある程度の条件が求められます。特に難しくはなく、「よく飛び、よく沈む」を押さえればなんとかなります。

そんなわけで「今からサーフでヒラメを釣りたい!」と欲する人に、こいつらが居れば全国どこでも何とかなる! ……を考慮したルアーを3種まとめました。

スポンサーリンク

70m以内にはコレ!対ヒラメ用HSミノーの頂点「エフリード90S」

エフリード90S」はサーフルアー黎明期から活躍しており、これほどただ巻きで使いやすく、反応を出させやすいHS(ヘビーシンキング)ミノーは他にない

使い方は簡単で、ぶん投げてから着底させ、巻いてくるだけ。巻いて止めて~の「ストップ&ゴー」も効果的です。

HSミノーにしてはアクションが派手で、活性が高めなヒラメに良く効きます。なので朝マヅメなど時合に使うのが吉。時間効率では他のルアーを凌ぎます。

さらに詳しい使い方はこちらの動画を参考に。

エフリード90Sの良い要素

エフリード90Sには、「万人が扱いやすい」「実績もある」「入手しやすく安価」など3つの良い要素があります。

巻いて止めてを繰り返すだけフラットが釣れる! この簡単さは他のHSミノーも見習ってほしい。

アクションが派手だから硬めのロッドが扱いやすい。でも反発が強いほどバレやすいので注意。M以下で使うなら、リールはノーマルギアを選ぶほうが使いやすくなります。

スポンサーリンク

もはやヒラメのエサになった「スピンビーム32g」

シマノの「スピンビーム32g」は、サーフヒラメの釣果報告で聞くことがないルアー。一時期は各地のヒラメダービー上位を独占したことも。それだけぶっちぎりの実績があります。

そのため爆発的な人気となり、「メタルジグ+センターフック」は新たなサーフジグのトレンドにも。そして数々のパクリが発売されたが、オリジナルに勝る釣果をあげたのは居なかった。

オリジナルはパクリにない、重量とアクションのバランスが絶妙なんです。ヒラメハンターが映像で最も釣果をあげているのも、スピンビームかもしれません。

サーフでメタルジグを使うならこんな時に

サーフで使うメタルジグは、以下のような利点があります。

  • ミノーで届かない場所に届く
  • 比重が最もあるルアーなのでボトムを取りやすい
  • 姿が小さいのでなんでも釣れやすい

スピンビームの使い方を簡単に説明すると、まずはぶん投げて底を取りましょう。あとは底からちょい離す感じでゆっくり巻いてくるだけ。すると……なんと! ヒラメが釣れてしまいます!

メタルジグは重量があるので投げやすく、荒天でもボトムを取りやすい。飛距離もあるから遠方のナブラにも対応できます。

でもフックが多いと岩礁帯には向いていません。でも砂地なら全国どこでも戦えます。

ちなみに「TG(タングステン)モデル」もありますが、重量が増えてボトムを切るために巻き速度を早める必要があって、前作に比べて実績は無いレベルです。

スポンサーリンク

「ぶっ飛び君95S」で食わなきゃ帰ろう

一時代を築いた「ぶっ飛び君95S」も古いルアーになりました。でも性能は現役。

アクションの自由度はリップレスならでは。魚を引き出す能力と多種多様な釣果実績は、世に出ているルアーの中でもトップクラス! シンペンなのか、ジグミノーなのか? いや違う、ぶっ飛び君だ!

ルアーの性質は先に紹介した2つのだいたい中間。荒天はスピンビームが有利で、高活性時の時間効率はエフリードが有利です。ぶっ飛び君はどちらもこなせるけど、同じ条件下ですと3歩くらい劣ります。

レンジコントロールできる人ほど結果がついてくる

最大の利点として、重量(27g)のわりにフォールが遅いことが挙げられます。そのためピンポイントでのフォールが特に強く、食い気が無い時とスレ状態には滅法強いです。

それなりに腕がないと性能をフル活用しにくいので、先の例よりは難しいルアーですね。

簡単な使い方として、浅い所はただ巻きでたまにストップ。深い場所はジャカジャカ巻いて底に落とすの繰り返しが、簡単かつ効果が高いです。

上級者はヒラメの口に送り込む感じで、ピンポイントでフォールさせると結果がついてきます。

スポンサーリンク

全国どこのサーフでもヒラメを狙えるルアーは存在するのか?

この世には星の数ほどルアーがあります。その中から「サーフのヒラメを高確率で釣ることのできるチョイス」を選ぶのは骨が折れる。

ルアーは1個でなんでもできるわけじゃなく、ポイントで使い分ける必要があります

そのため”全国どこでも”と、釣果実績に体験などを加味して、「この3つさえあれば、様々な状況に対応出来るだろう」というルアーをピックアップしました。

大丈夫! これを使って釣れなきゃ魚が居ないレベルだから!

「三種の神器」から外れたけど推したいルアー

これも神器に加えたいレベルですが、「飛び過ぎダニエル」はオススメです。

役割はスピンビームと同等なんですけど、ダニエルはレンジキープに優れているため、立場が逆転する未来もあるのではないかなと。ウェイトの種類が豊富なのもいいところ。

その他には「かっ飛び棒」がおすすめ。

重量があるのでロッドを選ぶのがデメリット。だけど荒れでも凪でも、ぶっ飛び君より対応力があるので、全天候型ですね。

実績があるルアーにはちゃんと理由がある

「何も知らないサーフに行って必ずヒラメ釣ること。ただしルアーは3個のみ」

……というドSな条件下なら、ここまでに羅列したルアー達を連れていきますね。これらは全国のアングラー達からも評判はいいし、釣果実績もある。私も使いやすいから選ばせていただきました。

さて「実績のあるルアー」は、この世にいくつか存在します。

それを使うことで感じ取れるのは、「釣れると評判のルアーは釣れる理由がある!」こと。……なに当たり前いってんだと思われそうですが、使いやすさは釣れやすさに比例する──と感じています。だってプロっぽく動かさないと釣れないなら、「それじゃなくても良くね?」と思わない?

ルアーのカラーは「これ!」がありません

それは時間帯と天候も関係するし、魚によって視覚も違います。どちらかといえば、アングラーが「釣れそう」と感じたカラーで釣れれば、それが”釣れるカラー”と認識されます。

サーフでオススメのカラーをあえて挙げると、ゴールド・キャンディー・ピンクが御三家ですかね。

それぞれ理由もあって、ゴールドは朝マヅメに、オレンジ色の日光が反射しやすく目立つから。キャンディーは数色使っているし、それぞれが小魚に見えるため。ピンクは砂濁りの中では目立ちやすい色だから。

……細かく考えず、自分が釣れそうだと思う色を選びましょう。その方が気が楽でしょ? カラーが多い理由はスレ防止もありますしね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生