サーフのヒラメには黙ってこれを持っていけルアー3選【2018版】

サーフでヒラメを狙うためのルアーには、まず飛距離が求められます。

次いで実績・入手しやすさ……などなど、求められる要素は多いけれど、「よく飛び、よく沈む」のさえ押さえればなんとかなるなる。

 

オールシーズンでヒラメを狙うため、私的に神器と思っている3種のルアーを紹介。

こいつらが居れば全国どこでも何とかなる! ……を考慮しました。

スポンサーリンク

全国どこのサーフでもヒラメを狙えるルアーは存在するのか?

この世には星々の数ほどのルアーがあります。

その中から「サーフのヒラメを高確率で釣ることのできるチョイス」を選ぶのは骨が折れる。ルアーは1個でなんでもできるわけじゃなく、ポイントで使い分ける必要があるからです。

それを選ぶ生贄先人たちには頭が下がる思い。

 

私の経験上や実績などを考慮して、「この3つさえあれば、様々な状況に対応出来るだろう」を要素として、3種類のルアーをピックアップしました。

大丈夫! これを使って釣れなきゃ魚が居ないレベルだから!

70m以内にはコレ!対ヒラメ用HSミノーの頂点「エフリード90s」

サーフヒラメの黎明期から活躍する「エフリード90s」。これほどただ巻きで使いやすく、反応を出させやすいHSミノーは他にない

アクションはとにかく派手。ただ巻くだけで水中をうねるよう動きます。

こうやって動くルアーはHSだと少なく、巻いて止めて~のストップゴーで真価を発揮します。

使い方はこちらの動画を見るべし。

雑誌10冊読むより動画1本見たほうが、ヒラメに近づける内容が備わっています。

 

エフリードのように”派手な動きをするHSミノー”は、活性が高いマヅメタイムに向いてます。

ただ巻くだけでレンジも固定しやすいので、腹ペコなヒラメを引き寄せる要素がもりもり。

これで反応がないようなら、静かなルアーをフォローで用意しておきましょう。

エフリードには3つのいいところがあり、「万人が扱いやすい」「実績もある」「入手しやすく安価」などの要素があります。

 

──巻いて止めてを繰り返すだけで、魚を引き出せちゃう簡単さは、他のHSミノーも見習ってほしい。

アクションが派手だから硬めのロッドが扱いやすいけれど、反発が強いほどバレやすいので注意。

M以下で使うならリールはハイギアでなく、ノーマルかパワーギアのほうが巻きやすい。

もはやヒラメのエサになった「スピンビーム32g」

シマノの「スピンビーム32g」は、釣具店などが開催するダービーや、ユーザー釣果報告などで、一時期ぶっちぎりの実績があります。

釣れたルアーの常連! サーフ用のメタルジグで最も有名になったと思う。

これまで数々のパクリが発売されました。でもオリジナルに勝る釣果をあげたのは居なかった。

それだけ重量とアクションのバランスが絶妙なんです。

ヒラメハンターが映像で最も釣果をあげているのも、スピンビームかもしれない。

 

サーフで使うメタルジグは、以下のような利点があります。

 

  • ミノーで届かない場所に届く
  • 比重が最もあるルアーなのでボトムを取りやすい
  • 姿が小さいのでなんでも釣れやすい

 

スピンビームの使い方を簡単に説明すると、まずはぶん投げて底を取りましょう。

あとは底からちょい離す感じでゆっくり巻いてくるだけ。すると……なんと! ヒラメが釣れてしまいます!

メタルジグは重量があるので投げやすく、荒天でもボトムを取りやすい。飛距離もあるから遠方のナブラにも対応できます。

でもスピンビームはフックが多いので、岩礁帯には向いていません。でも砂地のサーフなら全国どこでも戦えます。

 

ちなみに「TG(タングステン)モデル」もありますが、重量が増してボトムを切るために巻き速度を早める必要があり、実績は全然ないレベルです。

オリジナルが最強なんだよなぁ。

「ぶっ飛び君95S」で食わなきゃ帰ろう

一時代を築いた「ぶっ飛び君95S」も古いルアーになってしまいました。

でも性能は現役です。

アクションの自由度はリップレスならでは。魚を引き出す能力と多種多様な釣果実績は、世に出ているルアーの中でもトップクラス!

シンペンなのか、ジグミノーなのか? いや違う、ぶっ飛び君だ!

ルアーの性質は、先に紹介した2つのだいたい中間です。

荒天はスピンビームが有利で、高活性時の時間効率はエフリードが有利です。ぶっ飛び君はどちらもこなせるけど、同じ土俵だと2歩くらい劣ります。

最大の利点は重量(27g)のわりにフォールが遅いこと

長い時間ルアーを見せることができるので、ピンポイントでのフォールが特に強い。食い気が無い時とスレ状態には滅法強いです。

飛距離もメタルジグと同等、もしくはそれ以上に飛びます。

簡単な使い方として、浅い所はただ巻きでたまにストップ。深い場所はジャカジャカ巻いて底に落とすの繰り返しが、簡単かつ効果が高いです。

上級者はヒラメの口に送り込む感じで、ピンポイントでフォールさせると結果がついてきます。

「三種の神器」から外れたけど推したいルアー

サゴシー95S」はエフリードと似ているため、代用するに十分(パクり疑惑)。ただちょっとレンジが上気味になります。

DAIWA : サゴシー 95S - Web site
早巻きでもしっかり泳ぐサゴシ用ぶっ飛びヘビーウエイトミノー

リップが大きく堤防向けの仕様ですが、サーフでも十分目立つミノーです。

シャロー帯で底をねちねち攻めて、マゴチを引き出すのに向いているくらいですね。

 

その他には「かっ飛び棒」がおすすめ。

外洋ショアゲームの革命児「かっ飛び棒」のポテンシャル
JUMPRIZEから『かっ飛び棒』が発売されました。 「メタルジグ並に飛ぶ!」とか「釣れない魚は居ない!」くらいに、発売前から煽られていました。 実際に使った感想としてひとこと……「だいたいあって...

重量があるのでロッドを選ぶのがデメリット。だけど荒れでも凪でも、ぶっ飛び君より対応力があるので、全天候型ですね。

実績があるルアーにはちゃんと理由がある

「何も知らないサーフに行って必ずヒラメ釣ること。ただしルアーは3個のみ」

というドSな条件下なら、これらの3個を迷わず選びます。同じルアーを選んで釣果を得たのなら幸いです。

 

今まで使ったルアーの中で、魚の反応を出せたのは3割あればいい程度。

そこから感じ取ったのは、「釣れると評判のルアーは釣れる理由がある!」ってことですね。

カラーは時間帯と天候も関係します。なので断定はできませんが、濁りを加味して全天候型とすればゴールド・キャンディー・ピンクが御三家かな。

……細かく考えず、自分が釣れそうだと思う色を選ぶほうが、気持ちが楽になりますよ。

カラーが多い理由はスレ防止もありますしね。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生