サーフのヒラメには黙ってこれを持っていけルアー3選【2018版】

 

飛距離、実績、入手しやすさ……いろいろ求められることは多いけれど──

ヒラメは「よく飛んで、沈む」さえ押さえればなんとかなるなる。

 

サーフルアーにおいて、オールシーズンでヒラメを狙うための、神器的な3種のルアーを紹介。

これらを持っていけば、全国どこでも何とかなるレベル。……を考慮しました。

 

スポンサーリンク

全国どこのサーフでもヒラメを狙えるルアーは存在するのか?

 

世には様々なルアーがあり、その数だけ攻め方が存在する。

その中でも「サーフのヒラメを高確率で釣ることのできるチョイス」とは何だろう……、を考えてみた。

ルアーは1個でなんでもできる物は存在しないくらいで、ポイントごとで使い分ける必要はある。

 

最終的には”この3つさえあれば、様々な状況に対応出来るだろう”、と落ち着いた。

 

70m以内にはコレ!対ヒラメ用HSミノーの頂点「エフリード90s」

 

「エフリード90s」は、サーフヒラメの流行初期から活躍するヘビーシンキングミノー。

これほどただ巻きで使いやすく、反応を出させやすいHSミノーは他にはないといっていい。

 

 

アクションはとにかく派手。ただ巻くだけで水中をうねるように動いてくれるルアーは稀な存在

巻いてー止めてーの、ストップゴーで使いやすい。

活性が高いマヅメタイムを専門に狙うなら、こういった「バタバタ」動くほうが結果が早くでやすい。

対して静かなルアーは、それでも食わない時にフォローで入れるのがベター。

 

 

使い方は近藤さんの動画を見るべし。

雑誌10冊読むより、これを見たほうが確実に、ヒラメに近づける内容が備わっています。

 

サーフ向けHSミノーは多数あるけど、エフリードには3つのいいところがある。

万人が扱いやすい」「実績もある」「入手しやすく安価

──なんといっても、「巻いて止めてを繰り返す」だけで魚を引き出せちゃう簡単さは、他のHSミノーも見習ってほしいところ。

 

 

最適なロッドはMモデル。アクションが派手だと硬めのほうが扱いやすいけど、ロッドは反発が強くなるほどバレやすいので注意。

M以下で使うならリールはハイギアでなく、ノーマルかパワーギアのほうが巻きやすい。

 

もはやヒラメのエサになった「スピンビーム32g」

 

スピンビーム」は、サーフヒラメ用のメタルジグでは最も有名かと思う。

釣具店などが開催するダービーでは、”釣れたルアーの常連”だし、これまで数々のパクリが発売されたが、オリジナルに勝る釣果をあげたのはほぼ居なかった。

それだけ重量とアクションのバランスが絶妙なのである。

 

ルアーにフックが多いほどヒット率はあがるが、アシストフックを使わず、8cm以下のメタルジグでもセンターフックを常識化した功績も。

ただし、フックサイズが小さめになるので、掛かったサイズによってはバレやすい。

 

 

ヒラメハンターの堀田氏が、シマノの映像で最も釣果をあげているのも、スピンビームかもしれない。

メタルジグの特権は──

ミノーで届かない場所に届く」「比重が最もあるルアーなのでボトムを取りやすい」「姿が小さいのでなんでも釣れやすい

などなど。

 

スピンビームには「TG(タングステン)モデル」もあるけど、こちらは42gもあるので、向いているロッドが限られてしまう。

32gに比べて早く巻かないといけないので、釣りやすさでは劣る。おまけに高い。なので話題のわりに人気じゃなかった。

 

 

スピンビーム32gは、とりあえずぶん投げて底を取り、ゆっくり巻いて這わせてくるだけで、ヒラメを連れてきてくれる。

荒天でも使いやすく、遠方のナブラにも対応する飛距離もある。

岩礁帯には向いていないが、砂地のサーフなら全国どこでも、無難に戦えるチカラがあります。

 

これで食わなきゃ帰りたい「ぶっ飛び君95S」

 

一時代を築いた「ぶっ飛び君95S」も、すでに古いルアーになった。

だがしかし、魚を引き出す能力とアクションの自由度、多種多様な釣果実績に関しても、世に出ているルアーの中でも未だに現役である。

シンペンなのか、ジグミノーなのか? いや違う、ぶっ飛び君だ!

 

 

性質でいうと、先に紹介した2つのルアーの、だいたい中間点に位置する。

荒天だとスピンビームが有利だし、高活性時にヒラメを誘う時間効率ではエフリードが有利。

これらと違う点は、重量(27g)のわりにフォールが遅いこと。

 

長い時間ルアーを見せることができる攻め方と、ピンポイントでのフォール……食い気が無い時と、スレ場では特に強い

ただし、そう攻めるにあたって、それなりのテクニックは必要。

 

 

何より特筆すべきは飛距離、メタルジグ並ではなく同等、もしくはそれ以上に飛ぶ。

「ぶっ飛び君ライト」は軽すぎるのでサーフ向けではないが、トップウォーターとして表層を攻めるのには向いている。

 

シンペンの中でも重量があるほうなので、慣れてない人でもある程度は使いやすいのも魅力。

浅い所ではただ巻きでたまにストップでいい。深い場所では、ジャカジャカ巻いてテンションフォールさせ、ヒラメの口に送り込む感じで攻めるのが効果的。

性質上どうしても遅い釣りになるので、マヅメ時は先の2種でとっとと攻めて、過ぎたら居そうなポイントを転々として、これを使うほうが効率的。

 

「三種の神器」から外れたけど推したいルアー

 

DAIWA : サゴシー 95S – Web site

エフリードと似ている「サゴシー95S」は、代用するに十分。

ただちょっとレンジが上気味になります。

 

外洋ショアゲームの革命児「かっ飛び棒」のポテンシャル
JUMPRIZEの新ルアーである「かっ飛び棒」が発売されました。 使ってみた感想としては、「テスターの総評通りすぎて特にいうこともないから困る」、て感じ。 完成度が高すぎるがゆえに、メ...

その他には「かっ飛び棒」ですかね。使いやすさでは「飛びキング」の方が上。

性質は同じでサイズが違うだけみたいなものだから、季節とベイトに合わせた選び方でOK。

 

釣果の実績があるルアーには、それなりの理由がある

 

ルアーは色々使っていますけど、反応を出せたルアーも、その中では3割あればいい程度

釣れる”と謳われるルアーは、それだけ”釣れる”のです。

 

何も知らないサーフに行って必ずヒラメ釣ること。ただしルアーは3個のみ

というドSな条件下ならこれらを迷わず選びます。

カラーは時間帯と天候も関係するので限定こそできませんが、濁りを加味して全天候型とすれば「ゴールド・キャンディー・ピンク」の3種ですかね。

 

これらを選んで釣果を得たのなら幸いです。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生