【日焼け止め塗れ!】喫煙釣り人・アングラーは日焼けにマジで注意

喫煙するアングラーは日焼けに注意してください。

なぜかといえば、タバコ1本吸うだけで、ビタミンCが最大100mgは減るからです。

免疫力と肌の健康維持にビタミンCは欠かせない栄養素。

それを知らず釣りで日焼けをしていると、肌がボロボロになりやすく、風邪をひきやすいデメリットがあります。

ちなみにレモン果汁1個分のビタミンCは20mg(ガイドライン制定)だぞ!

ビタミンCは健康維持に必要不可欠な存在

ビタミンCといえば、美肌・健康効果で知る人は多いでしょう。

1日あたりの必要摂取量は、成人男女ともに最低100mg。必要分をレモンで補うと、1日に5個は食べる必要が……それは、さすがに。

酸っぱいのが苦手な人でも安心してください。

ビタミンCは果物だけではなく、野菜にも含まれています。和食のおかずは野菜を多く使うので、野菜好きな人がビタミンC欠乏症になることは、まずありません。

ビタミンCを効率良く食事でとりたいなら、次の記事が参考になります。

ビタミンC失わない野菜調理 切り方・加熱方法は|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE
週末、料理をしていてふと気になった。記者(41)はいつも野菜をしっかりゆでるが、これではゆで汁に栄養素が出てしまわないか。栄養を逃さず食べるにはどうしたらいいのか。調べてみると、ビタミンCなら簡単な検査法があるという。さっそく試してみた。用…

ビタミンCはタバコ1本吸うだけでごっそり減ってしまう

タバコの健康被害が叫ばれている中、1本吸うだけで減るビタミンCの量はバカにできません。

数値には諸説ありますが、タバコ1本あたりの喫煙で、20~100mgのビタミンCが失われるとされています。

100mgといえば1日の必要摂取量の目安。

意識して食事をしても、喫煙習慣があると、なんの意味もないことになります。

ビタミンCは免疫力にも関係しています。風邪をひきやすかったり、体調が悪くなりやすいのも、喫煙習慣の影響かと考えられます。

アウトドアとタバコの相性はすこぶる悪い!

魚釣りを含むアウトドアは、外でするレジャーです。

日中は太陽からの紫外線をあび、季節関係なく日焼けします。

日焼けは肌の老化を促しますが、ビタミンCは肌の代謝を促進してくれるため、”ふつう”なら新しい皮膚との交換がはじまります。

もし代謝が悪いと、肌がカサカサでボロボロになったり、へたすれば皮膚がんにつながる可能性だってあります。

外で日光を浴びながら喫煙するのは、とても気持ちのいいことだと考えているかもしれませんが、健康にとって非常に悪いことなのです。

それに……吸い殻のポイ捨ても問題になっているから、マナーが良いと自負しても、悪い人といっしょくたにされて嫌な思いをするでしょう。

喫煙者が厳守すべきアウトドアのUV対策三箇条

どうしても喫煙しながらアウトドアしたいのなら、以下の三箇条を守るようにしてください。

ちなみに日焼け止めを塗ることは最低条件。SPF30~50を推奨します。


喫煙者が守るべきアウトドアUVケア対策
  1. ビタミンCサプリで欠乏分を補う
  2. 肌の保湿はしっかりと(不安なら皮膚科で相談)
  3. タバコを吸わない(素直にやめる)

ビタミンCをとるには、多く含む飲み物がおすすめ(CCレモンとか)。ビタミンCは排出されやすいため、ふだんでも積極的に飲むといいでしょう。

コスパを優先するならサプリがおすすめ。

ディアナチュラ
¥460 (2022/03/04 19:29時点 | Amazon調べ)

肌の保湿(ケア)が必要なのは、日焼け後は水分を失われており、乾燥肌になります。その状態のままでいると、代謝が促されないため、みずみずしさを取り戻すことは困難です。

毎日ケアするなら保湿クリームがベストですが、ここ一番で使うなら顔パックが簡単でおすすめ。

はる@釣行中
はる@釣行中

メディヒールは気持ちいいぞ。

最後に──。

肌荒れしやすいのは喫煙が原因ですから、素直にやめるか、アウトドアだけ吸わない努力をするのが賢いといえます。

火事の原因になりやすいですし、吸っている姿をカッコイイと感じる人も、今の時代は少ないでしょう。

あくまで嗜好品として、自分のために楽しむべきです。

error:Content is protected !!