喫煙アングラーの最大の敵は日光である

タバコ1本吸うだけで、ビタミンCが20~100mg減るといわれています。

ビタミンCは肌の健康維持に欠かせない栄養素で、これが欠乏すると日焼けによるダメージが更に倍増してしまいます。その結果、「シミ・ソバカス・皮膚ガン」などのリスクが高まってしまいます。

だから喫煙アングラーの敵は、太陽光なんです。

スポンサーリンク

体の健康維持には欠かせないビタミンCの重要性

ビタミンCは肌の健康維持に欠かせません。

摂取し続けることで細胞の活性を促し、老化でガサガサだった肌も、ピチピチの状態を取り戻すことも不可能じゃない。免疫力も高まるので疾患予防になりますが、ウイルス性はどうしようもないのであしからず。

1日あたりの必要摂取量は、成人男女ともに最低100mg。これは毎食サラダ付きなら十分達成できる数値。和食メイン(一汁三菜)なら意識せずとも達成しやすいので、日本に美肌な女性が多いのもうなずけます。和食イズ、ヘルシーアンドビューティー。

ビタミンC失わない野菜調理 切り方・加熱方法は|くらし&ハウス|NIKKEI STYLE
週末、料理をしていてふと気になった。記者(41)はいつも野菜をしっかりゆでるが、これではゆで汁に栄養素が出てしまわないか。栄養を逃さず食べるにはどうしたらいいのか。調べてみると、ビタミンCなら簡単な検査法があるという。さっそく試してみた。用…

そんなわけで、ビタミンCを摂ることはメリットしかありません。しかし生活習慣によっては、簡単に欠乏しやすくもなります。その代表格が「喫煙」です

咥えタバコで日光を浴びると素肌へのダメージがマシマシ

タバコ1本を吸うだけで、20~100mgのビタミンCが消費されるといわれています(数値には諸説あり)。──ということは、”食後の一服”で摂取したビタミンCは全てチャラになりますね。

そして喫煙者は非喫煙者と比べ、血中のビタミンC濃度は40%ほど低くなります。「タバコは不健康」の言葉には、ビタミンCの欠乏による免疫力の低下が関係しているかと。ちなみに副流煙でも影響はあります(無慈悲)。

喫煙は美肌効果もフイにしてしまう

紫外線は肌の細胞に悪影響を与えます。その結果がシミやソバカスとして残ることも。これを抑制・防止・修正するのがビタミンCの役目。

そうなる理由は、肌のターンオーバー(細胞が生まれ変わり角質が剥がれること)を促すことにあります。ようは角質の代謝が良くなるおかげで、皮膚疾患になっても、新しくみずみずしい肌に生まれ変わりやすくなる──結果として、美肌になる! というわけ。

紫外線から肌を守るには、日焼け止めはもちろん重要です。それでも肌は焼けてしまうため、回復を早めるために栄養が必要になります。とはいえ美肌を守るには、日光を浴びない生活がベストです。その理由はこちら。

紫外線の浴びすぎでメラニン生成が過剰になること。大人は長く生きている分、子供より多くの紫外線を浴びています。顔や手など衣類に覆われていない部分も日焼けしやすい。屋外スポーツを好んだり、戸外で働く職業に就いたりしていてもおなじです。そうして紫外線を浴び続けると、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなることがあります。

●抜粋:紫外線とメラニン、シミの関係|読んで美に効く基礎知識

紫外線による肌への影響は蓄積されます。そのため加齢によって肌も老化していきます。もちろんケアをしていれば、妙齢でもぷるぷるの肌を保つことは可能ですけど、「そうなるためにはどうしたらいいか?」を教えてくれる人はいません。

アウトドアは常に日光を浴び続けやすいし、長時間に及ぶため、散歩よりUV対策を真剣に考えないと将来、ボロボロの肌に悩む可能性だってあります。その一歩として、禁煙したほうがケアが楽に済みますよ~と書いてきました。

「うるせぇ! それでも吸いたいんだ!」

という方のために、タバコをやめなくても悪化を抑制する方法も考えてみました。

スポンサーリンク

喫煙者が厳守すべきアウトドアのUV対策3箇条

ということで、”喫煙者が厳守すべきUV対策”についてまとめてみました。

ちなみに、日焼け止めを塗ることは最低条件ですのであしからず。アウトドアで使う日焼け止めは、SPF30~50を推奨されています。

1.サプリでビタミンCを確実に摂る!

喫煙で失うビタミンCを食事で補おうとするのは非効率。数値だけでいえば、1服したら果物をかじる必要がありますし、それではお財布もマッハでカラになってしまいます。

そこで役立つのが「レモン○個分」などのビタミンサプリ。中でも手軽なのは「CCレモン」など、ビタミンCを多く含む飲料ですね。CCレモンは美肌関連サイトでも「効果アリ」と優秀です。

1日の総まとめとして、サプリを夜食後に飲むのが一番簡単です。

2.皮膚科で検診からの治療

肌に関する悩みは専門医に相談するのが確実。美肌といえばエステのイメージがありますが、「シミを取りたい」「美白したい」という悩みも”症状(病)”になるため、市販のクリームをしこしこ買うより、保険も適用される皮膚科にかかるのもアリ。

ちなみにシミ除去はレーザー治療となり、1cm四方で1万円ほど(自費)するようですね。

3.タバコをやめよう

多分これが一番確実だと思います。

「まだまだ値段もあがる予定」「健康に悪く一利もナシ」「吸う場所がトイレを探すよりも難しい」など、タバコの地位は年々下がっているため、嗜好品よりも娯楽みたいな立ち位置ですね。

止めるには”意思”が重要ですけど、確実を求めるなら「禁煙外来」を利用しましょう。

近くの禁煙外来を検索する→すぐ禁煙.jp

スポンサーリンク

私が咥えタバコアングラーを卒業した理由

私は喫煙者でした。一時期は1日1箱をスパスパしていたし、咥えタバコでルアーを投げていたこともあります。ポイ捨てはしてないで。

辞めようとした理由は”面倒になったから”。──名古屋に東京でタバコ1本を吸いたいだけなのに、喫煙所をわざわざ探しルートを外れ、5分を浪費して戻ることに疑問を抱きました。たかがタバコにいくらなんでも時間と体力を使いすぎじゃね? と。

それで電子タバコに切り替えて、すれ違う人の匂いでタバコを吸っているかどうかがわかるくらいに。今まで自分があの匂いを出していたんだなと知ると、もう二度と吸うまい……と感じることができるでしょう。

私はプルームテックを使っていました。ニコチン・タールが極限まで下げられているため、喫煙者がじわじわヤニを抜く過程に活躍してくれました。あるラインを過ぎると、自然と「もう吸わなくてもいいや」と感じて、今はタバコに使っていた金を他に使えるように。

おわりに

ストレスでもビタミンCは消費されます。なので「釣れねぇじゃねぇか!」とキレるのも、肌の健康にはOUTですね。

──ここまで書いてみて、美肌の道は険しいことがわかりました。なるたけ若い肌を保つためには、若い時に美肌の知識を学んで実践しているほうがいいとも気づきます。なんで学校で教えてくれないのヨ。

大人になれば財力で取り戻すことも可能です。でも若い頃から努力すれば、最終的に投資は安くすむことにもなる。……やっぱり健康に関する教養って大事ですわ。マイサンには「ワイの肌みたいになるなよ」と教えてあげたい。

Tipsライフハック特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました