完璧なUV対策は山ガールから学べばいいのでは?

UV対策は「紫外線から肌を守ること」が基本です

女性は男性よりも肌が弱いため、ランチタイムで外に出るわずかな時間ですら、日焼け対策をしないと影響が残ることも……。長時間も外に居るアウトドアは、肌を守るためには”行かない”勇気も必要なくらいである。

でもアウトドアを嗜む女性も増えていることは確か。

なら完璧なUV対策は、山ガールに聞けばいいんじゃないだろうか?

スポンサーリンク

山ガールから学ぶ完璧なUV対策

男性と女性とでは「肌の造りが違う」と思われがち。

実際、女性の肌は男性よりも紫外線に弱いのは確かです。これは理由もあって、男性に比べて皮脂が少ないからです。つまりだよ? 野郎はテカりが紫外線予防になっているわけだよ!

そんなわけで、女性は男性に比べて紫外線で肌が衰えやすい。だからUV対策は”嗜み”なんです。

【簡単かつ華やか】素肌を見せずに清涼を追求する

単純で効果も高めなのは、素肌を日光に晒さないこと。

しかし真夏は肌を露出せずに涼しさを求めるのは難しいですよね。そんな時は、全身を覆うように冷感インナーを着て、脇など見えない部分に冷えピタを貼り、オシャレで通気性のいいアウターを羽織る──。

夏のフィッシングコーデはこんな感じでOK! 釣具店でコーデするのは情弱すぎるので、アウトドア用品店を覗いてみましょう。

タイツはともかく、腕はいつでも脱げる「アームカバー」で調整するのもアリ。

【肌を多く見せたい派】日焼け止めクリームの効果を知る

日焼け止めにある「SPF」は、サンプロテクションファクターの略。数値が大きいほど、肌が日焼けするまでの時間を引き延ばせる効果があります。

例えばSPF50なら……「500分(約8時間)はUVから守れそう(弱気)」という意味。

「数値が高いほど焼けない」わけじゃなく、「数値が高いほど効果が持続しやすい」だけなので勘違いしないように。

PA」はプロテクショングレードオブUVAの略。「+」が多いほど紫外線カット効果が高くなり、「++++」ならかなり強力な効果になります。反面、肌への刺激が強くなるため、肌荒れの原因にもなります。

夏のアウトドアなら、「SPF30~50 PA+++前後」が平均値です。

汗をかきやすい人や、プールなど水に入るなら、「ウォータープルーフ」のクリームタイプを選択しましょう。2時間置きくらいに塗り直すのがベター。

UVクリームは定期的に塗り直すのが大事ですが、面倒ならスプレータイプを使いましょう。

涼しく感じるアパレルなど着るものに気を配る

夏が暑いのはどうしようもないので、大事なのは「風が通ると涼しく感じる着こなし」です。通気性を重視することで、汗の気化熱で体温上昇を防ぐ狙いがあります。

これはトレッキングなど、登山系に豊富です。

アーバンなセレクトでも無いことはないですが、耐久性と機能性はアウトドアメーカーのほうが優秀ですので、ガチで攻めたいなら見た目よりも機能を優先するべきです。

はじめての山歩き【登山の基本装備・春夏編】(モンベル)
はじめよう、楽しみいっぱいの山登り! 山デビューに必要な基礎知識や基本装備をご紹介

「mont-bell」のページにある、春夏登山ウェアセレクトが参考になると思います。

【慈しみ】帰宅後は保湿など肌のケアは忘れずに

日焼けはヤケドによる症状。まずは冷やしましょう。水ぶくれが出来るようであれば、皮膚科で処方してもらうのがベストです。

肌は食事でもケアしましょう。

「タンパク質」「亜鉛」、特に「ビタミンC」は意識して必ずとるようにしましょう。レモン○個分の飲み物でもいいんですよ。

スポンサーリンク

熟読してほしい参考にしたまとめサイト

こちらは特に参考させていただきました。

山ガールの「紫外線対策」特集|ビューティー|山ガールネット 山とアウトドアファッションを愛する女子のための情報サイト
山では平地より強い紫外線に注意!今回は「紫外線対策」特集です。
はじめての山歩き【登山の基本装備・春夏編】(モンベル)
はじめよう、楽しみいっぱいの山登り! 山デビューに必要な基礎知識や基本装備をご紹介

山ガール特集は見ておいて損はないですよ。

タイトルとURLをコピーしました