完璧なUV対策は山ガールから学べばいいのでは?【最強はLa Roche-Posay(ラロッシュポゼ) 】

女性は男性よりも肌が弱いです。だから肌ケアを欠かせないし、長時間のアウトドアで日焼け対策は入念にする必要があります。

……なるほど、つまり、完璧なUV対策は山ガールに聞けばいいんじゃないだろうか?

山ガールから学ぶ完璧なUV対策

女性の肌は男性よりも、皮脂が少ないため、乾燥肌になりやすい。

ようするに、男性は脂でバリアーが張られているような状況です。だから女性よりも肌が強く、わりと雑でも乾燥肌になりません。

とはいえ、肌が弱い人もいるのは事実(自分含めて)。日焼けで肌が赤くなるだけの人は、UV対策をしっかりしましょう。

アウトドアのUV対策については、おそらく山ガールがもっとも詳しいのではないでしょうか。

【最良】なるべく肌を外に出さない

日焼け対策でもっとも簡単かつ効果が高いのは、素肌を外に出さないことです。

しかし、真夏に肌を出さないのも、体の熱が逃げにくく、熱中症になる恐れが増します。

山ガールはどんな工夫をしているのだろう……。

つばが広い帽子で首元まで日除け。

足はレギンスなりパンツで完全カット。冷感素材ならなおよし。

腕は日焼け止めを塗りやすいから、動きやすさと放熱で半袖が有利。涼しくなってきたらパーカーなどのアウターでガード。

……ってところですね。

【肌を多く見せたい派】日焼け止めクリームの効果を知る

日焼け止めにある「SPF」は、サンプロテクションファクターの略。

SPFの次にある数値は、数が大きくなるほど、肌が日焼けするまでの時間を引き伸ばす効果があります。

例えばSPF50なら、「500分(約8時間)はUVから守れる」という意味。

「数値が高いほど焼けない」わけじゃなく、「数値が高いほど効果が持続しやすい」だけなので勘違いしないように。

PA」はプロテクショングレードオブUVAの略。

「+」が多いほど紫外線カット効果が高くなり、「++++」ならかなり強力な効果になります。反面、肌への刺激が強くなるため、肌荒れの原因にもなります。

夏のアウトドアなら「SPF30~50 PA+++前後」が平均値です。

日焼け止めクリームは「ウォータープルーフ」のクリームタイプがベストでしょう。ウォータープルーフは汗で流れにくいものです。

汗っかきなら選ぶべきだし、雨で流れないため曇天でも使えます。魚釣りは水辺のレジャーですし、耐水性能が高いほうがマストでしょう。

最強の日焼け止めと謳われてるのが、こちら。La Roche-Posay(ラロッシュポゼ)

UVクリームは一度つけたら終わりじゃなく、2時間から数時間ごとに塗り直してください。

もし塗り直しが面倒なら、スプレータイプを選ぶといいでしょう。

涼しく感じるアパレルなど着るものに気を配る

夏が暑いのはどうしようもないので、大事なのは風が通ると涼しく感じる着こなし。

通気性を重視することで、汗の気化熱で体温上昇を防ぐ狙いがあります。

「mont-bell」のページにある、春夏登山ウェアセレクトが参考になると思います。

エラー|モンベル

【慈しみ】帰宅後は保湿など肌のケアは忘れずに

日焼けはヤケドによる症状。まずは冷やしましょう。水ぶくれが出来るようであれば、皮膚科で処方してもらうのがベストです。

肌は食事でもケアしましょう。

「タンパク質」「亜鉛」、特に「ビタミンC」は意識して必ずとるようにしましょう。レモン○個分の飲み物でもいいんですよ。

熟読してほしい参考にしたまとめサイト

こちらは特に参考させていただきました。

山ガールの「紫外線対策」特集|ビューティー|山ガールネット 山とアウトドアファッションを愛する女子のための情報サイト
山では平地より強い紫外線に注意!今回は「紫外線対策」特集です。
エラー|モンベル

山ガール特集は見ておいて損はないですよ。