【日焼け対策】山ガールから学ぶ完璧なUV対策

 

肌を守る美容の知識は、女子にとっては遺伝子レベルで伝わるチカラだと思っている。

女子男子に比べて肌が弱い。日焼けすること自体が老化につながり、対策を教わるなら先生より上になる。

釣りガールよりも山ガールのほうが多いみたいなので、この際山ガールに学んでみましょう。

 

スポンサーリンク

太陽に近い場所であるほど紫外線は強くなる

 

スキーやスノボをやった人なら、「冬なのになんでこんなに焼けるの!?」なんて経験をしたことがあるでしょう。

太陽に近づくにつれ、単純に紫外線量は増えていくのが理由です。だから山のほうが日に焼けやすい。

そんなところから、アウトドアを嗜む女子の中でも、夏の”山ガール”を参考にすれば、肌を出さずに涼しく感じる日焼け対策は万全になるのではないかと考えた。

 

実際に”釣りガール”のほうで検索してみたところ、釣りに特化したグッズやアパレルしかなく、「これじゃあ焼け放題やん?」と思った。

ちょっと海人の女子力低すぎんよ~(指摘)。

 

 

山ガールから学ぶ完璧なUV対策

 

男性と女性とでは「肌の造りが違う」と思われがちですが、実際それほどありません。女性の肌が紫外線に弱いのは確かで、これは男性に比べて保湿のための皮脂が少ないからです。

一方男性は皮膚が厚く、皮脂が多くて肌を保護する素質を生まれながら備えています。

 

魚で例えると、ウロコがあるかないかの違いみたいなもの。

 

なので女性は男性に比べ、紫外線で肌が衰えやすく、入念なケアが必要になります。ファンデーションを塗ってようやく男性の肌と同質──みたいなものです。

だから紫外線対策は万全にする必要があり、男性よりも知識が豊富なのです。

 

【起】素肌を見せずに清涼を追求する

 

単純かつ最も効果が高いのがコレ。しかし真夏で素肌を出さずに涼しさを追求するのは難しい。

なので上は”Tシャツ”に”アームカバー”、下は”短いパンツ”に”タイツ”がコーデの基本。

これには『暑くなったらそこを取り外す』という発想もある。

 

 

夏のフィッシングコーデも、わりとこんな感じが増えてきている。

釣具店のアパレルでコーデするのは情弱すぎるので、まずは近くのアウトドア用品店を覗いてみましょう。

 

 

黒地は熱こそ持ちやすいけど日焼けはしにくく、白地は熱を排出こそしますが日焼けはしやすいです。

夏はさわやかな色でキメるほど、実際には肌が焼けやすいんですよね。

 

【承】日焼け止めクリームの効果を知る

 

SPF”は(サンプロテクションファクター)の略。数値が大きいほど肌が日焼けするまでの時間を引き延ばせる効果があります。

SPF50ならば、10分で日焼けする肌に塗ることで50倍。──つまり、500分(約8時間)の猶予を得られる、という意味。

数値が高いほど焼けない」わけではありません。「数値が高いほど効果が持続しやすい」のです。

 

PA”は(プロテクショングレードオブUVA)の略で、「+」が多いほど紫外線カットの効果が高くなります。

++++」なら”かなりつおい(小並感)”効果になりますが、肌への刺激が強くなり、荒れの原因にもなります。

PAは時期や環境に合わせる選び方が基本です。

 

夏のアウトドアでは、「SPF30~50 PA+++前後」がオススメ。

一回での効果持続を優先させるならウォータープルーフのクリームタイプ。肌に優しく保護効果もある乳液タイプは、2時間置きくらいに塗り直すのがベター。

 

 

俺は肌を出すぜ?」という人は、安いのを2時間置きに塗り直すのが無難です。重ねるならスプレータイプでも可。

逆に”焼きたい”人はサンオイルを塗りましょう。塗りにくい背中は、近くで釣りしているオジサマにでも塗ってもらいましょう。

 

【転】涼しく感じるためのグッズに気を配る

 

着るものは通気性を重視して、汗が蒸発しやすい素材を選ぶこと。

一応いっておくと、釣りのアパレルは登山用の焼きましでしかなく、外注なので値段も高くなりやすい。

わいはスポンサーや!」という人以外は、スポーツ用品から探すほうが安上がりです。

 

 

こういうタオルもあると便利ですよ。海水でも効果はありますが、日焼けしている状態にあてるとしみるので注意。

 

【結】家に帰ったら肌の保湿などのケアは忘れずに

 

日焼けは皮膚のヤケドなので、冷やすことが重要です。

シャワーや水風呂で冷やしたあと、化粧水を塗ってからクリームで保湿するのがベター。たっぷり使うのがコツです。

あとは食事でも「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミンC」を積極的に摂り、栄養面でのケアも忘れずに。

 

化粧水などでも歯がたたない場合には、キッチンペーパーやタオルを濡らして、患部に当てているだけでも違います。

日焼けがひどい場合には、とにかく患部を冷やすことを優先に。ひどいと感じたら皮膚科に相談しましょう。

 

 

熟読してほしいまとめサイト

 

http://www.yamagirl.net/beauty/201206/
http://matome.naver.jp/odai/2140115935783583801

 

参考にさせて頂いたのがこれらのサイト。山ガール特集は見ておいて損はないですよ。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生