【シーバスレシピ】トマトクリームパスタwithスズキ

 

「鮭のクリームパスタ」っぽく、シーバスをフレークにして和えるつもりだった。

でも置きホワイトソースがなかったので、トマト缶を使うことに。調理時間は30分くらいです。

 

スポンサーリンク

パスタwithスズキの超適当な材料紹介

 

※分量は2人前です。

 

 

ニンニク「1欠片」

タマネギ「1個」

ピーマン&ホウレンソウ「緊急登板」

ホワイトマッシュルーム「シイタケでもOK」

パスタ1.7mm「細めはキライ」

調味料「クレイジーソルト」

オリーブオイル「潤沢に」

 

これらは麺を茹でている最中の時間で仕込めばいい。

次は事前に用意しておく物。

 

 

 

 

生クリーム「なければ”クリーム”が消えるだけ」

シーバス(スズキ)「あらかじめ加熱しておくこと」

トマトソース「トマト缶か市販の物を」

 

コンロが2つあると15分以内で作れますが、1つだと20分以上30分未満てところです。

 

 

まずは「鱸のポワレ」から始めます

 

 

三枚おろしから一口サイズにカット。

皮に切り込みを入れ加熱で縮まるのを防ぐ。今回は新鮮ぴちぴちなので、身に隠し包丁を入れてあります。(ほぐして混ぜるなら要らない)

 

オリーブオイルをひいたフライパンを用意し、中火で両面に焼き目がつくほど熱して、あとは余熱で火を通します。

ポワレはこれで終わり。次の作業へ。

 

トメイトゥソースを作ります

 

 

パスタを茹でるのは、鍋かレンジの二択でしょう。

レンジを使うのはコンロが1つ減るから。それで10~15分かかるうちに、野菜カットなどをしています。

トマトソースの同時進行もできないことないですが、水気を飛ばすのが間に合わないので、先に仕込むほうがいいです。

 

 

トマト缶を鍋ぽいのにぶち込んで、マグマみたいにボコボコ沸くくらい水気を飛ばしましょう。深い鍋のほうが飛び散らないので片付けが楽です。

味付けは塩のみでOK。土俵を清める感じで。

 

パスタが茹であがるまでに野菜達を炒めましょう

 

 

まずはフライパンにオリーブオイルをだばーっと、刻みか潰したニンニクを温め香り付け。イタリアンのルーティンです。

スライスしたタマネギをしんなりさせてから、ホウレンソウ・ピーマン・マッシュルームを続々投入。全体がくたりとしたら、用意しておいたトマトソースを入れます(1人前=おたま1杯分)。

水気が多いようであれば、ここで飛ばしましょう。

 

”トマトクリーム”にするため、ここで生クリームを大さじ1~2ほど。赤が強いピンク色にする感じで。

粉チーズで塩気にとろみを好み調整。チーズはコクを増やします。溶けるチーズでもいい。

 

ソースと絡めて盛り付ける

 

──というわけで、出来ました。

 

 

シーバスくんは綺麗な身体だけあって、臭みもなく、ホクホクで甘かった。(味は慣れがあるので麻痺しているけれど)

トマトベースにするのは、どちらかといえば”クサイ個体”のほうが向いている。それは酸味で相殺できるため。

このシーバスだと、”クリーム煮”をベースにパスタと絡めるほうが、面白かったかなーと思う。味としては子どもウケするしね。

 

「もっと速くもっとウマく!」を実現する市販パスタソース選

 

白身魚に合わせるならトマトベースがマスト。そのほうが見栄えがする。

甲殻類の出汁で作ると抜群にウマくなるのだが、そう毎回用意すると手間と金がかかってしまいます。

 

ハインツ 大人むけのパスタ イセエビのトマトクリーム 130g×4袋
ハインツ日本 (2013-09-11)
売り上げランキング: 6,339

 

そんな時に役立つのが、魚介ベースのパスタソース(市販品)。

ハインツのこれは、クリームがちょい強めだけど、なんとなくイセエビを感じれる旨味があり、白身魚がコラボすれば美味しくないはずがない。

ちょい臭い魚なら、アラビアータのソースがおすすめ。

 

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生