外道のほうが美味い説3~ゴンズイ~

ヘチ釣りや根魚狙いの外道として名を馳せる「ゴンズイ

私は愛をこめて「ゴンさん」と呼んでいる。

 

実は海に棲むナマズ……どう進化したらそうなるのか。

毒がなければ、『H×H』の「ゴンさん」みたいに、見た目はキモいが愛される存在になれたかもしれない。

釣り人からは雑に扱われるが、おいしいことは知られていない。

スポンサーリンク

誓約のため死んでも毒が残るゴンさん

ゴンズイは「背びれ」と「胸びれ」に毒棘があります。

これが硬く強力で、やわこい靴底は余裕で貫通しちゃうので、踏みつけないよう注意しましょう。

刺された場合の対処は、患部を消毒して痛み止めなどで我慢すること。

タンパク毒は水に溶けやすいため、口で吸い出すと、歯茎から全身に回ったりするのでしないこと。

 

 

地上に放置されカピカピになっているゴンズイも、少なからず毒は有しています。

放置する人は自分で踏んで泣けばいい。

スポンサーリンク

ゴンさんを食べよう!(ゴンズイの下処理)

 

 

ゴンさんはぬめぬめしており、小さいから包丁で捌きにくいけど、キッチンバサミで捌けます。

大きくても20cmちょいだし、骨も強いわけではないので、意外とラク。

棘があるヒレは真っ先に落とすこと。

ゴンズイを食べよう①-下処理&鍋料理 : 房総フィッシング
11/22(土)、南房・乙浜港で深夜、良型ゴンズイが入れ掛りになりました。2014/11/22(土) 闇夜の大潮回り(乙浜港)『釣ったら食べる』『食べないなら釣らない』… と我が家のローカルルールを作って実践してきました。…が、実は色々と理由をつけて、食べずにリリースし

詳しくはこちらを参考に。

最大限に身を確保するためには、背びれと胸びれから、頭に向かって斜めに切ればOK。

 

ゴンズイは良質な白身の魚。

加熱すると甘みがでるので、「煮る料理」に向いており、特に味噌汁は絶品とされる。

ぶつ切りしてぶち込むだけでいいので、調理としても楽。そして美味しい!

煮たり焼いたりしてみた~ゴンズイを食べよう~

とりあえずゴンさんを煮て、食べてみた。

味としては「エゾイソアイナメ(ドンコ)」となんら変わりはないレベル。

皮をはいで身だけで食べさせると、誰でも「うまい!」というんじゃないかな。

 

じゃあ今度は焼いてみようと、簡易的な蒲焼きに。

タレはそこにあったオイスターソースを使ってみた。

 

 

3日ほど寝かせたら、身のしっとり感が増してほぐし辛く、食べづらい。

意外と筋肉も多いから、かぶりつくほうが楽ですね。

煮るほうが食べやすいことがわかりました。

スポンサーリンク

ゴンズイは夜行性

ゴンさんは日中でも釣れるけど、本能は夜行性。

夜はもうゴンさんオンステージで、日が沈みかけると急に釣れてきたりする。

 

これを見て「ゴンズイを食べたい!」と思った奇特な方は、夜に港内でヘチ釣りをするのがオススメ。

This way…

 

 

私くらいの経験を積むと、引きとぶら下がっている感触だけで「あっゴンさんだ」とわかるくらいになる(どうでもいい)。

夜間は照らさないと魚がわからないし、毒を持つ魚を鷲掴みにするリスクを考え、照らして確認してから針を外しましょう。

カサゴかと思ったらオニカサゴだった──なんてこともあるので(色でわかる)。

魚を知る
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました