【遠州サーフ】浜松サーフで入れるポイントについて行政からひとことあるそうです

 

浜松サーフの防潮堤は絶賛工事中。

砂浜の延長は20何キロあろうが、立ち入ることのできる場所はほんのわずか

そこを行政がご丁寧に教えてくれていたので紹介。

 

遠州サーフの浜松エリアは、遠方から楽しみに来る人もいるだろうので、注意喚起しておきます

工事現場でもあり県が指定する以上、ここ以外から入ることは、ただの不法侵入です

スポンサーリンク

静岡県が教えてくれるわかりやすい浜松サーフポイント

 

静岡県/海岸利用する方へのお知らせ

 

この中で駐車スペースが多めの場所は、「中田島」「今切口舞阪側の表浜駐車場(有料)」

浜松サーフで釣りを含むレジャーをしたいなら、西端と東端くらいしか、車を停めてすぐできる場所はない

「中間点でやりたい!」なら、歩いたほうが早いですねぇ。

 

工事前はこの区間に10箇所ほど入る場所があった。

工事が開始されてから今に至るまで、中間点で明らかに工事現場を通過して釣りや波乗りに勤しんでいる連中もいる。

正直に端から砂浜を歩いても、「どこから来たんだい?」と聞きたくなる場所に、何故か人が居たりする。「正直者が馬鹿を見る」を体感し、ほんとバカバカしくなった。

湖西エリアは密集地になるが無難にやれる

新居~潮見坂までは湖西市になるため、防潮堤工事は予定されていません。

私がよく湖西サーフにインするのも、近場だし駐車場に自由が効くなどの理由。

 

こっちで明確な駐車場があるのは、「新居(有料)」「大倉戸」「白須賀」

あとは数台停めれる場所と、事実上の路駐がメインになる。

 自由度が高いのは天竜川から東のみ

天竜川東岸の磐田から袋井にかけて、車の乗り入れは一応黙認状態。

明確な駐車場は「駒場」「鮫島」「福田」「同笠」「キャタラー前」「菊川河口」とけっこう多い。

あとは数台入ればいいほうのスペースか路駐に、浜へ侵入することになる。

 

こちら側が遠州サーフとしてはメインでありメジャーな場所。

ポイントの自由度は高く、足で稼ぐ釣りは、こちらのほうがやりやすい。

 

【まとめ】連休の遠州灘サーフで釣る!(おまけの浜名湖編)
3回に分けてお送りした「連休中の遠州サーフで釣りをしたい!」と考える人に向けた記事は、これが最後になります。 まあ「来てもいいけど、どうせ混んでるからやめておいたら!?」なツンデレ紹介がメイ...

 

それぞれのポイントについては、別記事でまとめているので、参考にしてください。

釣り場を失くすのは主に利用している人が原因

車を乗り入れられる砂浜は、全国でも数少ない。

特に遠州灘沿岸は「アカウミガメの保護区域」もあるので、(表面上は)全面禁止にしているようなもの。

砂浜への侵入口にポールが立てられるか否かも、利用する人達の心意気に掛かっています。

 

湖西市方面では畑が多く、盛期はサーファーとアングラーの路駐に悩まされる農業従事者の話も聞く。

草刈りするにも前日から侵入禁止のコーンを立てたりと、余計な手間をかけたりしています。

 

サーフには釣りだけでなく、サーファーや海遊びを楽しむ人達はいます。

場所や人的トラブルは無いようにしてもらいたい。

ゴミを海に投げ入れている分、一般からすると心象が最悪なのは釣り人と理解してもらいたい。

遠州灘サーフ関連
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生