超小形ジグ「メタルショットTG 40g」で外洋マイクロベイト対策

 

メタルジグの小型化競争が加熱している。

TG(タングステン)を使うルアーは珍しくなくなり、その恩恵として挙げられるのが「メタルジグの”超”小型化」でしょう。

所詮は鉛の塊なので、”比重による飛距離”てのは些細なモノです。

 

シマノのソアレブランドは、メバルなどライトな釣りのイメージが強い。

「メタルショットTG」は5~32gとサイズと重量のバリエーションが豊富すぎるメタルジグ

そこに新しく40gが追加されたので、外洋のマイクロベイト対策に役立つでしょう。

 

スポンサーリンク

マイクロジギング向けでも最小クラスの「メタルショットTG」

 

メタルショットTGは最小5g、最大サイズは40gと幅広い。

全サイズ揃えればの話だけど、「メタルショットで釣れない魚はない!」といってもいいのではないでしょうか。

 

ソアレ メタルショットTG[SOARE Metal Shot TG]|ルアー|用品|製品情報|シマノ -SHIMANO-

 

ライトゲームブランドとして認知されているソアレ。

なのでショアキャスティングを主とする私は、そのルアーを選んで買うことはないし、”まず見る”陳列棚とは別カテゴリだから、アジ・メバル狙いの人以外からは存在感が薄い。

ライトタックルの方からすれば、20g以上あるジグが同じ棚に置かれると、「どう使えばいいんだ?」と重さに困惑してしまう。

 

でも「小型で重いメタルジグ」は、外洋キャスティングにとって垂涎の品なのです。

 

 

ルアーは小さいほうが断然釣れやすい。だが……

 

ルアーは小型なほど釣れやすくなります。

それに伴って魚種も増えます。が、ピンポイントに”欲しい魚”を絞ることが難しくはなります。

 

小型なルアーほど釣れやすいのは業界も承知です。

なぜそれが”当たり前にならないのか”っていうと、物体が小さくなるほど質量も小さくなるので、「魚が居る場所まで届きにくくなる」のが小型化のデメリットです。

それをシステムでなんとかした釣りがフライフィッシングですね。

 

ようはサビキとか毛鉤のほうが”釣れない魚はない”わけですが、「それ単体で数十メートルを飛ばせる?」て話。

サビキなら錘を使って投げたり沈めます。毛鉤ならラインの比重で飛ばすことができます。

小型ジグといっても、単体でキャストして沈めて魚を釣ることができなければ、それらより優位ではないので、製造するメリットが微塵もないし、対抗することもないわけ。

 

 

ルアーは「小型」で「よく飛ぶ」ほうが釣れやすいのは事実。

今までは小さくても”よく飛ぶ”ルアーを量産するのが難しかったのですが、最近ではタングステン製品も”安いレベル”に達し、釣れる要素の両立が完全となりました。

そこで新たに「マイクロジギング」が生まれたわけです。

 

 

これ、48mmで35gあるんですよ。

まさに”マイクロ”な業界随一の小ささと重量を誇っています(写真だと大きく見えやすいですが)。

これに飛距離で勝るのが、メタルショットTGです。

 

メタルショットTG32gもショアジギングでは最小クラス

 

春から夏にかけてはベイトも小型化するし、小さいルアーが効果を発揮するシーズン。

サーフルアーを含むショアジギングのカテゴリでは、100m先に届かせたい場面も多く、それには飛距離が最重要です。

 

そのための高比重、そして小型化。タングステンを使用したメタルジグは増えてきていますが、メリットを活かしたジグは少ない。

「従来と変わらないのに値段は高くなるからそりゃ売れないわー」の代表格が同社のベルサーテかな。

これだけは何をしたかったのか、よくわかりません。

 

メタルショットTGは、サーフや船上ジギングなど”外洋”で使うのなら、32g以上がおすすめ。

40gならキャスティングでも100mが視野に入るので、「8cm以上のルアーにまったく反応しない……」なんて時に試してもらいたい。

 

 

捕食タイプの魚って、主に食べているベイトサイズといえば6~12cmの範囲が主。時期によっては”稚魚”が含まれるので、5cm以下が必要とされることもあります。

春の終わりから夏にかけては、飛ぶマイクロジグが活躍するシーンは必ずあるはず。

縞模様のゼブラカラーは、色覚で更に小型の魚に魅せます。

普段使いなら、ナチュラルカラーと併用するのが効果的かと。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生