マイクロジグ「メタルショットTG 40g」で外洋マイクロベイト対策

TG(タングステン)を使うルアーは珍しくなくなり、ともなってメタルジグの超小型化が進んでいる。

ルアーは小さいほど釣れやすいが、重量がないと飛距離がのびない。

はる@釣行中
はる@釣行中

その弱点を補うのが、高比重のTG素材です。

紹介する「メタルショットTG」は、サイズと重量が豊富すぎるメタルジグ。

そこに新しく40gが追加されたので、外洋のマイクロベイト対策に役立つでしょう。

マイクロジギング向けでも最小クラスの「メタルショットTG」

シマノ(SHIMANO)
¥1,748 (2022/02/16 16:28時点 | Amazon調べ)

メタルショットTG」の重量は、最小で5gから最大は40gまでと幅広い。

おまけにフォルムは小さいのだから、
「メタルショットで釣れない魚はない!」といってもいいのではないでしょうか。

メタルショット TG 3g~40g | メタルジグ | ライトソルトルアー | ルアー | 製品情報 | SHIMANO シマノ
ショア・オフショアのマイクロジギングにおすすめのメタルショットに新色が追加!

ソアレはメバリングやアジングなどの、ライトゲームブランドとして認知されている。

なのでショアキャスティングを主とする私は、そのルアーを選んで買うことはないし、陳列されている棚も見ない。

はる@釣行中
はる@釣行中

でも「小型で重いメタルジグ」は、外洋キャスティングにとって垂涎の品なのです。

ルアーは小さいほうが断然釣れやすいが……

Gear-Lab(ギアラボ)
¥1,960 (2022/02/16 16:29時点 | Amazon調べ)

ルアーは小型なほど釣れやすく、それに伴って魚種も増えます。

はる@釣行中
はる@釣行中

ですが、狙う魚を絞ることが難しくはなります。

ルアーは小さくするほど釣れやすいのは業界も承知。

なぜそれが当たり前にならないのかは、デメリットがあるから。

物体が小さくなるほど質量も小さくなるので、魚が居る場所まで届きにくくなってしまいます。

はる@釣行中
はる@釣行中

ただ小さくすればいい話でもなく、バランスが大事というわけ。

小さくて重い金属は、それなりに高くつきます。

最近はタングステン製品も「安いレベル」に達し、小型でも魚に曲げられない強度と、十分な重量の確保。

はる@釣行中
はる@釣行中

つまり、釣れる要素の両立が完全となりました。

そして「マイクロジギング」が生まれたわけです。

Gear-Lab(ギアラボ)
¥1,951 (2022/02/16 16:28時点 | Amazon調べ)

これ、48mmで35gあるんですよ。

現状では業界随一の小ささと重量(写真だと大きく見えやすいですが)。

これに飛距離で勝るのが、メタルショットTGです。

メタルショットTG32gもショアジギングでは最小クラス

春から夏にかけてはベイトも小型化するし、小さいルアーが効果を発揮するシーズン。

サーフルアーを含むショアジギングのカテゴリでは、100m先に届かせたい場面も多く、飛距離が最重要です。

タングステンのメタルジグは増えてますが、そのメリットを活かした製品は少なかった。

「従来と変わらないのに値段は高い、そりゃ売れないわー」の代表格が、同社のベルサーテかな。

はる@釣行中
はる@釣行中

これだけは何で作ったのか、よくわからない。

メタルショットTGは、サーフや船上ジギングなどの外洋で使うのなら、32g以上がおすすめ。

40gならキャスティングでも100mが視野に入る。

はる@釣行中
はる@釣行中

「8cm以上のルアーにまったく反応しない……」

なんて時に試してもらいたい。

外洋のマイクロベイトといえばイワシ。

その幼魚である「シラス」がメインとなるシーズンは多い。

↑このようなゼブラカラーは部分的な色で、
ルアーをより小さく見せることができるので、ベイトが小さいシーズンに役立ちます。

捕食タイプが主に食べるベイトは6~12cmが多い。

時期によっては稚魚が含まれるので、5cm以下が必要とされることもあります。

はる@釣行中
はる@釣行中

春の終わりから夏にかけては、ヒラメやシーバスでも、飛ぶマイクロジグが活躍するシーンは必ずあるはずです。

シマノ(SHIMANO)
¥2,317 (2022/02/16 16:31時点 | Amazon調べ)