スマートフォン使って全国の釣り友と常時会話する方法

2017123tp111

 

仲間と会話しながらエンジョイフィッシングしている方は多いかと思います。

待つ釣り”ならそれも楽ですが、”攻める釣り”のルアーメン達は、横に並んで会話するのは危ないし、ならばと離れれば声を大きくしないといけないので、疲れるし周りからバカっぽく見えるし魚も逃げます。

今ではSNSで会話するのも簡単ですが、会話のためにスマフォをさわさわすると、「私は今釣りができているのだろうか」と疑問に思うでしょう。

 

通信インフラが発達している現代において、常時通信・常時会話が可能なアイテムを使わないのは損です。

全国どこでも電波さえ入れば、数人でも常時会話できる方法があります。

そう、スマートフォンがあればね。

 

釣りが終わってダベるなら釣りの最中にダベればいいじゃない

 

釣りポイントや釣具店で、釣り談義に花を咲かせている人たちをよく見かけます。

なぜおしゃべり大好きな人たちは進路を塞ぐのだろうか。正直いって邪魔なことも多々あります。

 

それは置いといて──

おしゃべり好きであれば、釣りの最中でも会話できればもっと弾むし、わざわざたむろする必要もないのでは?

「今アタった!」などとリニアに会話できれば、釣りの楽しみ方も変わるのではないだろうか。

 

無線通話のパイオニアはバイクのツーリング

 

バイクのツーリングはどのように意思疎通をしているのでしょうか。

エンジン音や排気音がダイレクトに会話を邪魔するし、ヘルメットもかぶるので、近づいて大声で会話をする必要がありました。まあそれも”手信号(ジェスチャー)”でなんとでもなります。けれど、効率は悪いですね。

そこを改善したのが無線インカムです。

 

https://www.naps-jp.com/web/intercom/

 

バイクの無線インカムは、簡単にいえば、小型のトランシーバーをそれぞれが持って会話する──感じです。同時にデメリットとして「通信可能距離」が存在します。

このまま魚釣りへ輸入することも可能ですけど、離れすぎるとアウトなので、横に並んで釣りをすると会話ができない可能性が高くなります。

 

 

無線といっても、付かず離れずの会話でしか使用できないってわけです。

 

そこで便利なスマホアプリヘッドセットを使い、全国に散らばる釣り友と会話する方法を提案します。

 

 

データ通信を使い全国のどこにいても常時会話をする方法

 

※最低限必要なモノ

スマートフォン」「Bluetoothヘッドセット

 

スマートフォンは持っていても、ヘッドセットを持っている人は少ないかと。

「どんな物?」といわれればこんな物です。

 

 

ハンズフリーで通話ができるヘッドホンならなんでもよく、ぶっちゃけスマフォ付属のヘッドホンでも十分です(マイクがあれば)。

音質を重視するなら有線には敵いません。無線では低い音が弱くなりますが、高音は問題ないので、人の音声は逆に聴きやすくなります。

 

ヘッドセットなど無線機器は、電源を入れるだけで、Bluetooth(無線規格)でスマートフォンとペアリングをほぼ自動で行ってくれます。

もしできなければどちらかがその機能を切っているかでしょう。それもわからないのなら、「ちょっとは本体設定・機能を知ろうとして?」といいたい。

無事接続できたら次の段階。アプリの設定をしつつ、釣り友を勧誘しましょう。

 

SkypeかLINEで「グループチャット」をする

 

SkypeとLINEはデータ通信によって通話と対話ができるアプリケーション。

メリットとして複数人での同時会話ができ、デメリットはデータ通信量が発生することです。

 

Skypeのグループチャット設定方法

グループで通話する - Skypeの使い方 - スカイプらぼ
Skypeでは、仲の良い仲間同士で同時に音声通話を楽しむことができます。

 

LINEのグループチャット設定方法

LINEの無料グループ通話のやり方まとめ【iPhone/Android/PC対応】
LINEで最大200人と同時に話すことができる「グループ通話」機能がアプリ内(iPhone・Android版のバージョン5.11以降、PC/Mac版ではバージョン4.5以降)に追加されました。グループ通話のはじめ方や注意点に加えて、従来の「Popcorn Buzz」アプリを用いた方法やメリットについても解説します。

 

注意点として、通話の開始と停止は端末で操作する必要があります

これでアプリ内のグループにいる人達であれば、常時会話をすることが可能となります。

 

データ通信してると月ごとの通信制限にかかりやすくなるんじゃ?

 

スマートフォンなどのデータ通信は月間転送量に制限があり、データ通信となれば「数GBを一気に消費してしまうのでは?」と不安に感じるでしょう。

でもそんなことありません。

 

LINE通話は約5分間で1.5MB。マヅメタイムの2時間を通話したとしても36MBです。1GBは1000MBのため、週2で2時間通話をしたとしても300MBを超えるか? ってところ。

携帯電話で会話する”通話料”より、割安になるのは事実です。

無料Wi-Fiスポットで通話している限り、無料で会話できることになります(水辺にあるほうが奇跡ですが)。

 

片手でスマフォを持ち続ける必要もないので、釣りをしながら会話することも容易でしょう。

情報共有にも一役買うと思います。

 

防水を兼ねるならランニング用を

 

片耳タイプは防水タイプがあまり存在せず、雨や湿気で即お陀仏になる物が多い(経験済)

私は普段付けているのが片耳タイプのJabra BOOSTで、ランニング時にはこういうのを使っています。

 

 

このタイプは音質もいいし、イヤホン側で音楽アプリのコントロールもできるので便利。汗をかくランニング中でも雨の中で使っても問題ありませんでした。

ただまあ、コードが邪魔です。

片耳タイプは目立たないので、移動時にポッドキャストを聴いたり通話したりと便利です。

でもこれはUSB給電がむき出しなので、雨の日にバッグに入れっぱなしだったら、湿気でアウトになったことがありました。

 

国産の片耳タイプはクソ(辛辣)

 

家電量販店には「◯レコム」や「◯ッファロー」の製品が多いです。

しかし、音質や着け心地など最悪でした。その代わり生活防水など、機器を守る方向性は十分ですけどね。

値段的には外国製のほうが安いし、音質もマイク機能も十分です。

 

ただ安すぎるのはアウトです。秋葉原で買った500円のヘッドセットは音質はともかく、通話するためのマイクがクソでした。

ヘッドセットの無難な値段は、平均3000円なら十分ではないかと。

 

 

【まとめ】離れた複数の友達と同時通話するためには?

 

結論として、「スマートフォンを持っていて、Skype・LINEを使うことができればどうにでもなる」でした。

イヤホン(ヘッドセット)は付属の物でもいいし、無理して新しく買う必要もありません。

あっ、通話する友人は自分で探しましょう

 

アングラーでもLINEは情報共有アプリとして活用されているようですが、通話として使う人は少ないのではないかと。

ヘッドセットを使い、何も持たず会話をしている姿は未だに、受け入れられることが少ないようです。携帯端末は持って耳に近づけないと会話できない──という先入観が根付いているのではないですかね。

ハンズフリーのイヤホンを使えば、釣りをしながら常時仲間内で会話できるようになりますよ。

 

LINEモバイルの格安SIMを使えば更に安くなる

 

LINEモバイルは格安SIMの中でも安い部類になり、ドコモの回線を使用するため品質もいいです。

なによりLINEやTwitterなど、国内人気SNSの通信量が無料になる「カウントフリープラン」が最強

 

 

格安SIMの運用で得をする方法はこちらで書いています。

 

スマホ料金の見直しでステラを買いませんか?【最低プランの活用法】
4月から携帯キャリア各社の料金体系が見直され、現状でスマホ料金の最低ラインはコミコミ月7,000円前後。 ”複雑なゆえに知らないほど損をする”のがスマホ料金。「どこでも”2年縛り”を強要されるのなら、そこで得をして大きな買い物(ステラ

 

LINEのグループ通話はビデオ通話も可能なので、釣り実況を垂れ流し放送するのもいいのではないでしょうか。

動画配信は通話のみよりも転送量が嵩むので、通信量には気をつけてください。

タックル・小物
タイトル通り浜松市在住のアングラー。その周辺に出没します。 当ブログは私に見える範囲での、釣り情報から釣り方の知識など、おまけに業界ニュースを主にとりあげています。 2018年はモバイルロッド片手に、浜名湖一周釣り歩きを計画中。
さししをフォローする
気に入ったら「いいね!」
お願いします。
最新情報をお届けします!

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

とある浜松アングラーの一生