「塩フリージング」なら魚を冷凍庫で熟成できるし簡単!

冷凍保存は「まずくなる」と思われがち。ですが、正しい方法なら冷凍しながら熟成もできるんです。

その方法が「塩フリージング」と呼ばれる手法。

やり方は簡単。魚に塩をまぶして袋に入れて、冷凍庫に入れておくだけ……。簡単でしょう? やらなきゃ損ですよ!

スポンサーリンク

塩フリージングのために用意するのは袋と塩くらい

塩フリージングをするために用意するのは、意外と少ないです。

  • 保存する魚
  • 密閉しやすい袋(ジップロックとか)
  • 塩(食塩でも岩塩でもクレイジーでも好みで)

これだけです。道具が少ないからハードルも低いでしょう?

やり方なんてもっと簡単! 魚に塩をまぶして冷凍保存するだけ!

塩フリージングのやり方

簡単な手順は以下の順で。

  1. 魚の水気を切る
  2. 保存するには切り身でもいいし、鱗がついた丸々でも可能
  3. 塩をガッツリまぶす(塩水に漬けても可)
  4. 密閉できる袋に入れ冷凍庫にイン

これだけです。魚だけじゃなく肉・野菜でも可能です。

基本は”材料に塩をまぶして密閉し冷凍するだけ”。──特別なコツがあるわけでもないですが、しいていうなら、余分な水分をなるべく排除すること。鱗つきは新巻鮭みたいに、塩で固めるくらいでもいいです。

多すぎる水分は解凍する時に水っぽくなりやすい。水は凍ると膨張して組織を破壊するため、食感がダメダメになってしまう恐れがあるので、冷凍前の水気はなるべく切りましょう。

【節約】大型冷蔵庫使って~新鮮なうちに冷凍保存する~塩フリージングでまとめ買い - NAVER まとめ
のまとめ

冷凍保存することで寄生虫対策にもなる!

最強の寄生虫「アニサキス」は、加熱調理で倒すのが簡単ですけど、冷凍でも倒すことができます。その条件は、-20度で48時間以上凍らせること

業務用の瞬間冷凍なら24時間でもいけます。家庭用は-20度も行かないモデルがありますので、最低でも48時間冷凍してカチンコチンにすることを勧めます。

むしろ加熱しましょう

確実な寄生虫対策は加熱すること!

長時間の冷凍は、安全に刺身を食べるための方法。だから生より冷凍マグロのほうが安全だったりします。

近年は冷凍技術も向上し、瞬間冷凍で組織をなるべく壊さず保存できるため、生と冷凍の違いは昔ほど顕著じゃなくなっています。ありがとう水産業!

正しい解凍でおいしくいただこう

冷凍された生鮮食品の解凍方法は、常温か冷蔵庫内でじっくり融かすのがコツ

レンジの解凍機能や流水を使うのは基本的にNG。急速な解凍は、水分にうまみ成分が溶け出しやすく、本来の味を損なう恐れがあります。

冷蔵庫の保冷室なら、2日くらい置けば丁度いいくらい。

すぐ使いたいならやむを得ないけど、それなら日光の当たらない常温下で融かすようにするのが無難です。水が入らないようにして浸けるのもアリといえばアリ。

急がば周れ。美味しく食べたいなら、ここは我慢のしどころ。

スポンサーリンク

書籍で学ぶ塩フリージング

塩フリージングを紹介する書籍は多くありますが、第一人者に近いのはこちら。

書籍だと塩フリージングのレシピが豊富です。

冷凍しながら旨味を際立たせる手法だから、特に”冷凍しながら完成させるレシピ”となり、保存しながら調理できる感じなので、作り置きの新しいカタチといえるのではないでしょうか。

これに欠かせないのが密閉する袋ですけど、これは「ジップロック」が最強! ストローをさしてチャック閉め、空気を吸って抜くこともできるし、生臭ければぐいぐい押して抜きましょう。

次点が「アイラップ」。袋状なので真空状態に近い密閉が少しむずかしいです。

料理
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました