感覚でだいたいわかる天気図の読み方と予測

 

台風3号が発生し、予想進路が日本列島を縦断しそうってことで話題に。

都心に最接近する頃は、終電がアウトなタイミングなので、会社に泊まり込むハメになりそう。

じゃあ明日の分もできるね^^」といわれかねません。

 

台風は予測可能な自然災害です。

今回は太平洋沿岸を沿う進路で、「なぜそうなるのか」などを説明するに、現在の気圧配置がかなり適していると思った。

天気図を感覚的に読んで、未来を予測する能力を身につけてみよう(誇大)。

スポンサーリンク

スーパーコンピューターの計算に勝てるのは人間の「感覚」だから

気象予測には、スーパーコンピューター(スパコン)が使われています。

人間がコンピューターに勝てるのは「」と「」。

 

気象予測でも、コンピューターが判断しきれない最後の詰めは、「長年の勘」を使っている。

それだけ人間が蓄積してきた「経験」と「勘」のデータは、馬鹿にできないわけ。

誰だって気象コンピューターに勝てる可能性はゼロではないってことです。

適当だからこそ読みやすくなる天気図

 

https://weather.yahoo.co.jp/weather/chart/

 

これは台風が長崎に上陸した直後の天気図。

「なんで台風が列島を散歩するの?」の答えはこんな感じ(↓)。

 

 

ユーラシアからの空気と、太平洋からの空気が均衡している境界線が「梅雨前線」で、画像だと赤の部分

この気圧配置のままなら、台風の上部は梅雨前線の下を通ることになりやすい。

ようは、赤いラインが台風にとっての「壁」であり、「道」みたいなものです。

 

台風が900hpa以下クラスで質量がヤバイと、高気圧など若干ぶち壊して進みます。

それでも気圧の谷は存在し、そこへ気流が流れるため、壁に沿って移動するのは違いません。

そのいい例が、2016年に東北や北海道に直接台風が乗り込んだケース

 

http://www.data.jma.go.jp/fcd/yoho/data/hibiten/2016/1608.pdf

 

この時の高気圧は、夏期にしては珍しい位置。

東北沖に沿いつつ、北海道の釧路沖だけちょっと張り出すようになっていた。

太平洋高気圧としては勢力が弱いてこと。

 

高気圧が張り出してないため沖縄・四国にも寄らず、東北沿岸に高気圧が花道を敷き、それに沿って台風が進んで北海道に3連続入場──。

ジャガイモが壊滅状態になったし、東北にも直接上陸したりと、観測史上初が多かった。

「なんで台風は沖縄から九州を通るコースが多いの?」

沖縄が餌食となりやすいのは、「気流と高気圧のあわせ技」だからです。

 

地球の北半球は『反時計回りの気流』が流れており、南半球は『時計回りの気流』が流れています。

これは「地球の自転」によるもの。

それを詳しく知るにはPanasonicのHPにある「台風のふしぎ」が最も参考になるかと。

 

赤道付近で発生した台風は、日本領海に入るとスピードを上げて斜め上に進んでいきますよね。

これは北半球の気流に乗って進み出すからです。

それに乗らなかったり、大陸の高気圧が弱いなどの理由があれば、日本から逸れて台湾に向かったりします。

 

停滞するタイプは、進行方向を気圧の壁が阻むから。

四国でぐるぐる周った時は、高気圧がちょうど中国地方から紀伊半島にかかっていたため。

台風は壁がない限り、日本了解から右上に進み出すので、天気図にある気圧の谷をチェックすれば、台風の進路も予測できます。

台風の中心部以外で大雨が降りやすい理由

低気圧が雨を降らせやすいのは、周囲から違う温度の空気を取り込みやすいため

台風は反時計回りに渦を巻いており、その影響力が高いのが東側の右半分です。

海面温度の高い太平洋からの風を取り込み、中心部ほど下がる気圧で雲が発生しやすく、また山間の高低差も引き金となり、局所的な豪雨になりやすい。

 

https://typhoon.yahoo.co.jp/weather/jp/typhoon/

 

四国で雨が降りやすいのは、ど真ん中に山間部があるため。

海上からの温かい空気が山にぶつかり、上昇して気圧が下がると雨雲が発生しやすく、そのため四国南部では特に降りやすくなります。

うどん県は山の裏側なので、表の高知や徳島で降りきってしまうから、年間降水量が少なかったりします。

 

東海地方で愛知と静岡の沿岸は、平野のため台風でも雨は降りにくいほうです。

高層ビルが多い都心や、上空に寒暖差のある前線が通る時は、それが雨雲のトリガーとなりえます。

ようは「低気圧に向かって風が流れるから、そこに遮る物があると雨が降りやすい」って感覚でOKです。

 

スカイツリーのような高層建造物も、周囲に噴水やらプールが多いと、頭頂部で雲が発生しやすくはなりますね。

そのおかげで某花火大会では残念なことになったような……。

天候変化の仕組みを理解すると急激な変化も予測しやすくなる

台風はどんな人でも驚異と捉えています。

いっぽう『春の嵐』や『爆弾低気圧』は該当せず、それと同規模の気象現象であるにかかわらず、驚異があまり知られていません。

そのため、春の嵐が来る時期は、各地の湖でボートが転覆したりなんだりが多いです。

 

それでライフジャケットの必要性を熱弁する人もいますが、気象庁が「危ない!」って注意してるし、予想してくれているのに、なんで? って話です。

アウトドアレジャーで、天候による続行or退避を最終決定するのは、自身です

 

リンク 予想天気図の説明|気象庁

 

知識として植えるなら、気象庁の説明を丸暗記するくらいが妥当。

記号の意味を知るよりまずは、「等圧線」を理解するようにしましょう。

等圧線は気圧の高低差を表したもので、幅が狭く密集するほど、風が強く吹きます。

 

台風の等圧線はみっちりで、接近すると急激に気圧が下がるため、動物の体調にも影響を及ぼします。

「本能」として察知するケモノもいますが、人間は予測できる知能があるし、事前の対策を心がけましょう。

 

 

気圧計がある腕時計も珍しくないですが、リアルタイムで下がっている場合は、時すでにオスシな気もする。

気圧の変化=気温の変化」だから、肌で感じやすい現象ではあります。

 

ただですね、山間部はその予兆を感じる余裕がありません。

なぜなら、今そこにいる場所で変化が起きるからです。

だから「山の天気は読みにくい」といわれるし、渓流アングラーこそ気圧計は持ち歩くべきです。

テクニック
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生