【中古釣具】リサイクル店巡りvsフリマアプリ監視はどちらが得なのか

 

ひとつは、移動に車や交通機関を利用しなければならない、近隣にあるリサイクル店で釣具を探す方法

もうひとつはネット回線さえあれば、どこにいても探せるフリマアプリで釣具を探す方法

どちらが得で楽なのか、そしてデメリットはあるのだろうか。

スポンサーリンク

自らを輸送させるか品物を輸送させるかの違い

ここ2週間ほど、クーラーボックスを中古で探しており、とりあえず手に入りはしました。

その時に考えたのが、「店舗を巡るのとフリマアプリで待つ方法、どちらがより効率的なのか」の疑問。

 

浜松市内で店舗を巡るには車が必須で、冷やす箱のために結構燃料を使っている。

フリマアプリ眺めるだけなら、通信料と電気代くらいで済むじゃない?

ようはどちらがより経費を使っているか、得した気分を得られるかに、疑問を持ったわけです。

 

知っての通り、宅配業者を利用した輸送は「送料」がかかります。

自らが店舗へ赴くにも「交通費」がかかります。

過去は「商品+送料」になる通販のほうが損と考えることが多かったけれど、輸送技術の発達で今は逆転していますね。

 

ポチった翌日に商品が届くレベルなら、「店舗に赴く必要なくね?」の考えに至ります。

でもそれがなくならないのも理由がある。

とある浜松アングラーが市内で中古釣具を探す場合

私が「浜松市内にある中古釣具を取り扱う店舗ほぼ全てを巡る場合」は、だいたい↓くらい必要。

 

  • 総移動距離 [約70km]
  • 総移動時間 [約5時間]

 

最良のルートでほぼ全てのリサイクル店を巡るなら、最低ラインがこのくらい。

望む品物があるであろう店だけを考えれば、中古も扱う釣具チェーン店の某グロを巡るだけで済むので、2時間以内でも余裕。

 

これにかかる金額を考えてみると──

1リッター15kmの車で70kmだから、約5リットルのレギュラーガソリンを消費し、原油相場を考慮すればだいたい「620円」てとこ

クソ路線のバスを利用するより、時間効率と費用も格段にお得です(暴言)。

でも毎度のように市内全部巡るわけでもないので、そうなれば平均として30km程度になります。

 

コンビニで飲み物買ったり、ちょっと小腹が空いたなーとかで立ち寄ると、1000円くらいは飛ぶでしょう。

毎回ではないが、ジュース1本は買うので「+200円」てとこに。

 

となれば、中古釣具巡り1回で使用するであろう交通費は、最低ラインで「1回500円」になります

 

てことは、1回で買えれば通販の送料より安くなる

1店だけで良い物が見つかる可能性はあるが、他により良い物があるのかもしれない。

同じ物だとしても、価格の比較をしてより安いほうがあれば選びやすい。

 

交通費を支払って店舗巡りするのも、エアコンが効いている部屋でフリマアプリを眺めるのも、それぞれメリットとデメリットがあります。

それらを主観を交えつつ、理由を問われた時の言い訳を考えてみましょう。

リサイクル店巡りで中古釣具を探すメリット

品物の状態をその場で見れることがメリットのひとつ。

メーカーや商品名を知らずとも、ひと目見て「良さそう(小並感)」と思える商品に出会いやすいのもあります。

チラシに載っている商品を買いにでかけたら他が安かったので紐が緩んだ」って感じですかね。

 

ハズレでも自己責任で済ませれるし、釣具以外の掘り出し物が探しやすいメリットも。

あとは道中で良さげな飲食店を見つけたりね。

リサイクル店巡りで考えられるデメリット

例に出した通り、1回の店舗巡りで最低500円を使用するため、何も買う物がないと損した気分になります。

徒労を感じてしまうこともあるでしょう。

走行距離が嵩めば車の価値も下がるし、交通事故に遭遇する可能性は増すし、使用した時間をゲームの育成に費やしていれば……などなど。

 

ただひとつの決まった商品を買うなら、ネット通販やフリマアプリだと、検索で監視もできるので楽ですね。

望む物がすぐ出てくる保証はないけど、送料を考慮しても安くは済みます。

店舗巡りの有利な店は、その商品とは別の良い物もついでに探したい場合ですね。

フリマアプリを利用して中古釣具を探すメリット

欲しい商品名さえわかれば探しやすく、こちらが移動する手間がない。

そのため「時間短縮」が最大のメリットです。

商品追加で通知がきたり、値段で検索設定できたりと、欲しい商品が決っているのなら最良の選択でしょう。

フリマアプリを利用することのデメリット

商品の状態が出品者や輸送業者の裁量によるため、紹介されたのより劣悪になる可能性は捨てきれません。

ゆうパックが適用できるサイズだと送料もまだ安いですが、極端に長く大きかったりする釣り竿(ロッド)は送料と梱包に手間と金が嵩みます。

あとすぐ届くとは限らないところ。

カタログスペックが頼りになるので、実際に見て触れることのできる釣具店よりかは、ハズレに当たる確率も高くなります。

 

商品名がわからないと探せない」が最大のデメリットですかね。

ジャンルやメーカーで探すこともできますが、五十音で区切られてない辞典から該当語句を探すくらい時間がかかります。

リサイクル店巡りとフリマアプリ監視はどちらが得なのか

商品を探すだけなら「フリマアプリを監視する」ほうがメリットは大きい。

より良い商品に出会いたいのであれば、「リサイクル店巡り」に分があるでしょう。

ようはどちらも一長一短

 

なるべく得をしたいなら、商品に対する造詣を深めるといいでしょう。

もともと高い釣具は性能も比例して答えてくれますが、廉価でもそれに負けない物はたくさんあります。

タコやエギング向けロッドは芯が硬めなので、青物にも汎用できたりとかね。

中古でもなるべく手を出さないほうがいい物

これは「リール」です。

釣具の中でも精密な作りであるし、メンテナンスも万人がやりやすい物ではない。

ハンドルを実際に回しても、カバーを開けて内部を実際見るまで信用しにくい難点があります。

物によっては即OH送りになって、新品買うほうが安くつくこともあるでしょう。

 

ロッドもはガイド欠損・破損程度なら、修理代は安いものです。

まあそれも、型が古すぎて釣具店に代用品がなかったり、メーカー欠品していると詰むので、過信は禁物。

最後にひとことでまとめると──

良い物を手に入れるには、どちらも通う(監視する)必要があることです

お得情報
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生