【利点と欠点】釣り人は新型ジムニーを買うべきか否か

 

ジムニーに数年乗っていたからこそいえることがある。

それは「(できれば)もう二度と乗りたくない車」であること。

 

20年振りのフルモデルチェンジ、2018年中に発売されることが”ほぼ確”な新型ジムニー。

ひとつだけいえることは……、現行からの乗り換えは確実に「お得」でしょう

 

スポンサーリンク

世界最高峰の悪路走破性を持つ「ジムニー」の歴史

 

 

20年振りのモデルチェンジで現代に蘇るスズキの「ジムニー」。実は2020年のオリンピックイヤーに、生誕50周年を迎えます

その歴史についてはwikiをどうぞ。

 

スズキ・ジムニー|wikipedia

 

カルトめいた人気で、中古車市場でも未だ高値で取引されている。

代わりのジムニーを一応中古車で探してみたけど、中古なのに「あれ? アルトを新車で買ったほうが安くね?(驚愕)」の値段が多い。この高値を支えるのは「ジムニスト」と呼ばれる愛好家たち。

……失礼ではあるが、乗っていた私でも共感できないクレイジー達である。

 

ジムニーの悪路走破性はワールドクラス。どんなものかは動画を見てもらうほうが早いでしょう。

 

 

軽でも4WDとギアの組み合わせで実現したハイパワー。電子装備が少ないので、壊れたらバラして磨けば大体OKなカスタム性。大雨や大雪などの悪天候でも、「でも、それでもジムニーならやってくれる」の信頼。

ジムニーが通れない道は他のどの車も通れないレベルってわけです。

そのためアウトドアに強く、砂浜や渓流に自然と集まる不思議な車。

 

古い車の問題である「維持費」

 

冒頭で”もう二度と乗りたくない”といいました。

理由のひとつは「乗り心地が最悪だし運転が疲れる(MTに飽きた)」。もうひとつは「自分のする釣りでは必要としなくなったから」──です。

これらはいわゆる”言い訳”で、本音は旧車の税金が今後ヤバくなる展望と、エコや安全装備での減税などが全く受けられないので、車検のたびに損した気分になるところ。

 

ようするに「節約したい」わけです。

 

新型が発表され、”ついで”に発売を待つか否か──のタイミングで、旧車らしい全体的な劣化やらのトラブルが頻発。でも壊れたor壊れそうな部品は総取り替えしちゃえばいい話。

けれども、軽く見積もって「中古のジムニー探すほうが良くね?」の考えに至る。

もうええやろってことで、向こう5年の節約思考で「ワゴンR」を契約していました。

 

道路が冠水するとテンションがあがるジムニスト達

 

ジムニーの強みはボディ剛性と強い足回り。

軽の弱点である足りないパワーを、パートタイム4WDと低速ギアで補う。地上最低高が高めなので、石がゴロゴロした道も余裕だし、砂浜だって問題ない。室内に水が入るレベルでも無難に走れるのはジムニーくらい。

 

現在多い「SUV(Sport Utility Vehicl)」は、ジムニーからすれば”にわか”である。

こちらは街乗りメインで、たまに天体観測をしたい時に都合のいい車。いわば子供を自然で学ばせたいファミリー向けのアウトドアカー。

 

対してジムニーは、「俺が道を切り開く!」と道なき道を走れるちょっとオカシイ開拓車。さすが旧式でも現代の衝突安全基準を満たしているだけはある。

スズキのSUVラインナップにジムニーは含まれてはいる。

外見で選ぶ人も多いみたいだけど、用途がハッキリしないと1年乗ってから後悔する系の車だと思う。

 

夏はゲリラ豪雨で冠水しやすく、冬は突然の大雪が多い地域だと、これ以上ない頼もしいパートナーとなりうることは間違いない。

 

ジムニーが釣り人に人気の理由

 

渓流と砂浜のジムニー乗車率は、銀座で見かける高級車より多い。

あらゆる車が通れる(停めれる)釣り場でのメリットはないが、「ポイントまでよりラクをする」考えだと最良だと思う。

 

渓流は場所によって、川まで車で降りれるところもある、でも大きな石がボコボコなので、普通の車では下をごりごり擦るし、故障の原因にもなる。

でもジムニーには関係ない。

砂浜も同様で、地上最低高が高めなジムニーは、他の車よりスタックしにくい。軽めの車重と低速ギアのおかげで、他の4WD車より格段と有利。

 

でも”そこに”侵入するのは、環境保全で禁止されている箇所が圧倒的に多い

なのでそういう所に行きたい趣味があるなら、あるほうがいいってわけです。

ちなみに遠州サーフの磐田~掛川間では乗り入れしている車が多いですが、行政が”見なかったことにしている”ため、グレーゾーンです。

 

 

20年ぶりのモデルチェンジを果たすジムニーはどのように進化するのか?

 

外見のリークは早かったけど、発売日はいまだ決まっていないですね。

これに関しては綺麗にまとまっている以下のサイトを参考にしてください。

 

スズキ新型ジムニー フルモデルチェンジ最新情報!発売日は2018年7月?価格や燃費についても|MOBY

 

義務付けられた安全装備が走りにどう影響するか。

ハスラーのようにナヨッとした感じじゃなく、現代でもオンリーワンはオフロード車であってほしい。

 

 

この形めちゃなつかしい。

 

ジムニーが必要かどうかはメインの釣り場で選ぶべし

 

ジムニストにオススメを聞けば、「ジムニー」と返ってくるだろうけど、”これから(はじめて)”車を買うって人にはどうだろう。

この車だけは「ライフスタイル」で選ぶべきです。(強調)

 

たとえば、「週1以上で渓流やサーフに行かないと死んじゃう!」くらいだと、ジムニーかパジェロを選ぶと吉。

駐車場まで舗装されているポイントなら車はなんでもいいんです。

サーフなら、ジムニーだと水際まで行けるから、足腰に不安があれば体への負担も少なくなる。なのでじっさまが乗っているパターンが多い。

悪路でも広範囲を探るのにもってこいですが、先にもいったように、全国でも禁止区域が多いですし、保全のアレコレで無用の長物化する可能性が高いです。

 

 

ジムニーEVモデルが登場する可能性

 

スズキ、電気自動車SUV「イー・サバイバー」初公開へ|SankeiBiz

 

欧州と中国が全ての自動車をEV化するのを視野にしているため、日本もようやくEV車の開発が本格化しています。

国内では当分ハイブリッドがメインとなるだろうし、おまけで自動運転技術ですかね。

国内メーカー連合として、EV車と自動運転の雛形を世界でいち早く作り出せば世界市場を掌握できるものの、ベンチャーより遅れたフットワークなので先行きは暗い。

国内はトヨタ主導で他社との共同戦線をしているようですが、推進している欧州と中国ではEV販売より開発インフラが間に合ってないので、投資目線ではそこも狙い目ですかね。

 

スズキの「イー・サバイバー」は、明らかにジムニーを意識したEVコンセプトカー。

小型SUVで完全EVともなれば、アウトドアにも光明が見える。まあ出先での充電をどうするかが問題となるが……。

発売するならジムニー50周年となる2020年が、話題的にも望ましいですね。

 

個体電池を開発したトヨタがEV車量産を2020年目処にするとして、化石燃料→電気の転換期となる欧州と中国市場を掌握すれば、日本経済に更なる活気が産まれるのではないでしょうか。

自動運転は高速道路上のみなら20年に間に合うだろうけど、整備が必要となるでしょうね。

絶好のプレゼンタイムとなる五輪開催地での運用は、はてさてどうなることやら。

特集記事
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生