もう迷わない?遠州サーフのポイント案内本「サーフ道44+4」

 

遠州灘沿岸の砂浜は、地域名で一応区分けされていて、それが一応ポイント名になっている。

地図アプリなどでも表示されている所はあるけれど、大部分は「ここなんていうの?」な場所が多い。

サーフ道44+4」は、いうなれば遠州サーフを丸裸にした本かもしれない。

 

「遠州サーフの歩き方」って書名でもいいんじゃない?

スポンサーリンク

ただポイントを知るだけより使い道のある本

誰しも最初から遠州サーフ全てのポイントを知っているわけはないでしょう。

それを知っていくのは個人の意欲次第ともいえるし、こんな本がなくてもGoogleMAPを使えば「この砂浜にはどう行ったらいいか?」くらいはわかる。

 

人に教えてもらうのも早道。

──でも、ある程度経験値を積んだ人は効率的な場所を好み、そこをホームとするため、新規開拓には意欲的じゃなかったりする。

なんだかんだで遠州サーフ全域を知る人は、ガチ勢でもそれほど多くないと思う。

広すぎるからね。

 

「サーフ道」は遠州サーフの有名所を紹介している本。

ここで出ている浜の名前は、釣り情報でもたまに聞いたり、よく聞いたりするかと。

本で開示する前提として、駐車場と降り口が公共であるのが重要。ぶっちゃけると、わりと誰でも行きやすいポイントがメイン。

役に立つのは、降り口がわかりにくい愛知エリアと、降り口は多いが車を停めるとこが少ない御前崎~掛川かもしれない。

ポイント名を知ることで効率良く情報収集もできる

釣り情報をネットで限定的に集めるのは、仕組みからして最新を集めるのは難しい。

遠州サーフでは数多くのブロガーが釣行レポをしているので、降りた砂浜の名前さえわかれば、それを検索することで過去のデータを集めるのは容易い。

もし最新を集めたいのなら、SNSで検索するのが手っ取り早い──のだが、

 

釣り人は釣れた場所を公開するのはギルティなので、それは効率的じゃなかったりする。

 

横に広いサーフでも、元来の地形や潮回りで魚が入りやすい入りにくい場所は存在する。

釣果情報でよく名前が挙がる場所は、そういった要因が絡んでいるのでタイミングさえ合えば釣れる可能性は高まる。

経験すれば気付くだろうけど、離岸流が発生する場所って、案外固定されていたりする。

そういうピンポイントを抑えれるのが、ホームを作るメリットと考える。

 

でも初見にそこまで優しく「釣らせてあげるYO」を実現する本なんてほぼ無い。

「サーフ道」はポイント探しのサポート的な存在。広大な遠州サーフの釣れる一箇所だけではなく、全体でより良い場所を探すのには向いているかと。

ようは「視野を広げる」、「新天地を探すハードルを下げる」て感じですかね。

 

ぶっちゃけスマホのナビがあれば必要ないんだよなぁ…

砂浜に行くだけ」……ならね。

 

【まとめ】連休の遠州灘サーフで釣る!(おまけの浜名湖編)
3回に分けてお送りした「連休中の遠州サーフで釣りをしたい!」と考える人に向けた記事は、これが最後になります。 まあ「来てもいいけど、どうせ混んでるからやめておいたら!?」なツンデレ紹介がメイ...

 

私はなんだかんだでほぼ全域に踏み入れています。

その時役に立ってくれていたのがGoogleMAPさん。

 

ひとつのアカウントで地図情報を共有できるから、デスクトップなど大きい画面で地図を眺めながら、「あぁ~ここイケそうだな」てところにピンを落とし、スマホで開けばその情報が共有されているので、そこをタップして経路表示でナビスタート。

地図だけ見ても、降り口手前には大抵車が停めれそうな広い箇所があるので、そこを目標点にすればいいだけ。

車のナビだと地点入力が面倒ってのもある。今だとスマホと連動したそういうOS積んでるナビを選べば話が早いですけどね(タブレットでいいんじゃないかな)。

 

自分で探していきたい冒険欲があるなら、地図から探していけばいいかと(私はこのタイプ)。

情報は金になるし金で買える!」と、先よりも楽して短時間で知りたいのなら、「サーフ道」はいい選択かと思います。

 

──よく釣っている人ほど、一箇所で効率を求めるので、全体は案外知らなかったりします。

それを知っていたとしても、又聞きの曖昧な情報なので、精査の面ではガバガバなことも多いので注意。

書籍
スポンサーリンク
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生