ニジマスの塩焼きに飽きたら洋風で攻めればいいじゃない【鍋もいいぞ】

ニジマスは淡水の管釣りでポピュラーな魚。

ところが料理のレパートリーが少ない。川魚といえば「塩焼き」と「ホイル焼き」が定番。でも数が多いと……飽きちゃいますよね。

なら味をつけちゃえばいいんですよ。

管釣りで手に入れたニジマスを調理します

使ったニジマスは計8匹。仕込み段階で2種類を試しました。

  • 内臓を取り塩をまぶして熟成モード(いつも通り)
  • 内臓を取りそのまま冷凍モード(手間をかける出荷)

内臓をとって冷凍するだけは、スーパーなどで販売されている状況と似るように。熟成モードは塩フリージング状態ですね。

川魚の熟成は試したことがないので、これを機会に試してみました。

ニジマスのパスタ

ニジマスは火を通すと、身がとてもほぐしやすい。

これはちょうどいいなと、オイルベースのパスタに乗せてみたら……。まあまあいい感じの手抜きレシピみたいな感じに。

ニジマスをほぐして乗せるだけの簡単さ

これは……付け添えじゃな……?

ソース作りの段階で、ほぐしたニジマスをいっしょに焼くほうがいいでしょう。香草で香りをつければより楽しめそうです。

トマトソースの相性は良さそうだけど、それなら煮込みにするかなぁ。

味噌焼きはどうだ!

おでん用のつけ味噌があまっていたので、これを塗って焼いたらどうだろう……。

見た目からしてヤバそう

見た目からわかるように、残念な味になりました。

敗因は皮の弱さ。ムニエル風で焼いたけど、味噌は焦げ付きやすいから、皮がフライパンにはりつきやすくてボロボロに。

たっぷりのバターでやるムニエルなら勝利していたでしょう。

味噌煮込みなら大丈夫そうだけど、皮がぜんぶなくなりそう。

カレーを使えばなんとかなる

アクアパッツァを作ろうと思ったところ、邪な考えが浮かぶ。

「水がある。野菜を煮込んでいる。魚の臭いがちょっと気になるな……。そうだ、カレー粉を入れよう!」

そんなわけで、ニジマスのカレースープになりました。

ニジマスのカレースープ

見た目は映えてるけど、カレー粉をケチッたせいで風味が弱い。

身に香りをつける目的なら、スパイスカレーを作る感じでやったほうがいいですね。ニンニク・ジンジャーと魚の相性はいいしね。

ニジマスを1匹丸ごと使って、フィッシュヘッドカレーにすると良さそう。

404エラー

石狩鍋風でサケっぽく食べる

ニジマス試作でもっとも好評だったのは鍋です。

味噌を使って石狩鍋っぽくしたら、淡白な白身をうまくカバーしてくれたし、身もほぐれて食べやすいし、なにより野菜がウマイ!

鍋だからニジマスもブツ切りでOK。骨から外れやすいからとても食べやすいです。

鍋が一番簡単だしおすすめかもしれない。

鍋つゆが悩みどころですが、「プチッと鍋」という便利なアイテムがあります。冬は白菜とコレがあれば生きていける。

ノーブランド品
¥1,400 (2022/02/16 21:46時点 | Amazon調べ)

【考察結果】ニジマスは塩味で攻めろ!

川魚は淡白なので、やはり塩が決めてになるし、濃いめの味付けが重要だと気付かされました。

まあシンプルでも塩焼きが確実にウマイ……。けれど、何匹もそれじゃさすがに飽きます。

大漁なら塩焼きで済ますのが、もっとも手軽な方法かも。食べきれないなら冷凍しておけばいいし、塩をふっておけば熟成もすすむから、深い味わいになります。

冷凍するならブツ切りにしておいて、鍋料理の追加に入れるのがおすすめ。

鍋の具材はセット品で売られているから、一度食べきったところに”追い”で魚を使うと、旨味が倍増した鍋つゆがよく絡んで美味しい魚鍋になります。

ノーブランド品
¥1,400 (2022/02/16 21:46時点 | Amazon調べ)


error:Content is protected !!