【試行レシピ】和洋で挑むニジマス料理の考察

ニジマス料理といえば、「塩焼き」「ホイル焼き」あたりが定番といえるでしょう。

それ……ちょっと飽きてない?

管釣りで釣った数匹のニジマスを、定番から外れたアプローチな料理を試行錯誤しながら作ってみました。

ニジマスくんを愛のままに適当に、おいしいかもしれない料理をした結果

使ったニジマスくんは計8匹。内訳は「前回の釣行+お試し釣行で釣っていたもの」。

仕込み段階で2種類を試しました。

  • 内臓を取り塩をまぶして熟成モード(いつも通り)
  • 内臓を取りそのまま冷凍モード(手間をかける出荷)

塩の有る無しは、味が淡白になりやすい川魚にとって、保存状態でどのような影響をもたらすのか知りたかったから。

身をほぐしてパスタはどうだろう

ニジマスは身に味があるようでない魚なので、塩焼きと醤油が最強コンボなのは理解できます。

それは川魚全般にいえることですが、……味の淡白さがあってこそ、ソースを絡める料理が輝くってもんですよ!

というわけでパスタ!

椎茸とルッコラのオイルベースパスタに、塩焼きをほぐしたものを乗っけてみた。

……それって、塩焼きのニジマスを食べているのと、変わらなくね?

作った後にそう思った。──けれど、骨を除去しているから、骨が苦手なお子様にも食べやすく、何よりパスタは映えるでしょ

う~む、流石に手抜きすぎたのも否めない。

ただ、トマトソースなり貝出汁など、強めなソースと絡めれば無限の可能性は秘めていますね。

おでんの付け味噌が余っていたので塗って焼いた結果

ちょうどいい具合に、おでんの付け味噌が余っていたので、おフランス流に香り付けの感覚でやってみた。

見た目からしてまずそう。「惨敗」でしたね。

フライパン調理ではムニエルが最強といえるでしょう。粉が旨味を逃さず、バターが香りを倍増させてくれるから、淡白な川魚でも無難な選択。

そのソースに味噌を使うだけでよかったんや……。

この場合、味噌で漬け込むが正解でしょうね。大型のニジマスなら西京味噌を使って西京焼きにするのもアリでしょう。塩麹漬けも良さげ。

カレー粉を使えばなんでも美味くなる理論

カレー……カレー味ならハズレないはず。

本当はアクアパッツァをやろうとしたけど、アサリとか貝出汁がないし、このままじゃ水炊きになっちゃう! どうしたら……あっ、そこにカレーフレークがあるやん!

そんなわけで、ニジマスのカレー煮込みです。

これってむしろ、スパイスカレーのアプローチが正解じゃないかな。フレークの量をケチりすぎたせいでカレースープ状態。

ハズレじゃないけど、劇的にウマイわけでもない。

……なんて中途半端な料理だ。

一番適当に作ったのに最も好評だった「石狩鍋風」

ここまで散々な結果でしたが、最後は最も好評だった「鍋」です。

至った経緯は、「マスが降海すればサケになるようなもんだから石狩鍋っぽくすりゃいいだろ(ズボラ)」の感覚です。

こんな時に便利なのが「プチッと鍋」ですね。

ちゃんこ味は醤油ベースなので、どんな食材とも喧嘩しにくいのが魅力。保存も効くし小分けだからストックしやすい利点もあります。

あとは白菜なり大根など、あまり気味な野菜をぶち込んで、キノコ類を追加したら煮込むだけ。う~ん簡単。

そこにブツ切りしたニジマスを加えて、石狩鍋っぽく味噌を置くと、美味いニジマスの鍋ができました。

鍋だからニジマスもブツ切りでいいし、野菜もザク切りでいいから、調理が楽なのもいいですね。

【考察結果】ニジマスは塩味で攻めろ!

……とまぁ数種類試したわけで、失敗したと思った物に共通するのは、塩を控えたことです。

ちなみに保存状態で塩の有る無しによる違いは……塩焼きだけの選択じゃない限り、ぶっちゃけ関係ありませんね。むしろ塩漬けくらいでようやく、かも。

調理……てか洗い物が面倒なタイプなら鍋がおすすめ。

なぜなら、洗い物は包丁、まな板、鍋くらいで済むから。塩焼きだとグリルを使うし、網を洗うのって面倒なんですよね。臭い対策をする必要もあるし。

最後の手段は、絶対に外れない美味いものを保険に用意しておくことです。

日本各地のうまいものを!久世福のお取り寄せモール【旅する久世福e商店】