アブガルシアのリール「カーディナル」のいいところ3つ

 

サーフルアーに使っていたリールの2代目が、アブガルシアのカーディナルSX

3代目に役目を譲ってから、シーバス用に投げから小物釣りなど、実に幅広い活躍をしてくれていた。

 

しかし、いい加減ガタをごまかし切れず、新しいのを──と考えると、また欲しくなってしまうのがカーディナルだったりする。何ィ? 今は「Ⅱ」があるんだって?

付き合いが長いからこそ、いえることもある。

 

スポンサーリンク

カーディナルの良いところを3つあげてみる

 

 

1つ2つはパッと出てくるけど、3つは……絞り出す必要があるな。

 

1.低価格でそれなりの性能

 

道具は値段がジャスティス!」と信じる方は多そう。

 

実際やってみた──の話で、リール購入時の機能維持は、使用期間が継続するほど値段が”保ち”に直結しやすい。そうなるのも、部品と素材にカネをかけているから、当たりまえの話である。

カーディナルは5000円くらいのリール。星の名前がついたリールに比べたら、「俺のスプールだけでお前を8個買える」みたいな、キャバでありそうな口説きセリフも吐ける。

 

「──で? それがなにか?」と返したい。

リールの”性能”に何を期待しているかは知らないが、10kgクラスを視野に入れなければ、それと大した違いはない。ドラグはある。糸は巻ける。スピニングの基本は揃っている。

何が不満なんだい?

 

2.替えスプールが標準装備

 

これが一番つよい。(確信)

5000円で実質2個もリールを買えちゃうみたいなもの。他にも替えスプール標準付きのリールはあるが、その中でも「安さ」でカーディナルは負けていない。

 

特にいいのは、スプールの糸巻き量がそれぞれ違うところ。

浅溝には100mくらいが向いているので、それほど投げない軽いルアー用。深溝は倍くらい巻けるから、重めのルアーで遠投したい時に使える。というような”使い分け”が楽にできる。

私は浅溝にPE巻いてルアー用。深溝にナイロン3号巻いてエサ釣り用で分けていた。どっちかやっててダメなら切り替え──なんてこともできる。

 

 

ライントラブルがそれほど多くない

 

安物のリールでPEを使うと、結構な頻度で絡まってくれたものだが、これはその経験があまりない。

ラインの巻き取り方がダ◯ワに近いのかな。とにかく、下に食い込んでゴバッと出たことは、数gのジグヘッドを使っていた時くらい。

 

ちなみにスピニングにおけるバックラッシュは、自分の腕が原因であることのほうが多い。

糸の巻取り、放出ともに、1万円台と遜色はなかった。

 

 

カーディナルのダメなところを聞いてみたい

 

これは内部機構の耐久力に尽きる。

密林レビューでも見かけたけど、ハンドルのガタがわりと早く訪れる。

バラしてチェックしたら、ギアは問題ないが、ハンドルを支える機構に緩みが生じ、それが「カコカコ」した巻き心地になっていると思われる。これはネジをきつめに締めても変わらない。

 

ハンドルを回すことの多いルアーだと気になるけど、ポイッと投げて放置のブッコミだと全然気にならないレベル。

あとはメッキが剥がれてくるのが早かったかな。塗装が弱いといわれるルアー並。

 

 

少ない道具で選択肢を増やしたい人におすすめ

 

ストレスなしで使いたいのなら、同じくらいで買える「クレスト」か「セドナ」を選ぶほうが3倍くらい賢い。ギア比とスプールの大きさも選べるしね。

ただし、少ない道具でアレもやりたいコレもしたい……なんて時は、替えスプールが同包されたカーディナルは有能。

 

リールの性能だけで比べれば、高尾山をトレッキングシューズで登るか、サンダルで登るかの違いですかね。「できないことはないけど辛いよ?」て感じ。

 

 

私みたいに、ルアーとエサどっちもやる人に、カーディナルは向いているかな。

リール
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さしし@釣りしたいマンをフォローする
とある浜松アングラーの一生