【マグナムスプーン】厳寒期のソルトゲームでコノシロパターンを攻略する大型スプーンが流行りそう

スポンサーリンク

 

冬が寒いのは当たり前ですが、何故そんな時でも、アングラーは海へ向かうのか──

 

それは、デカイ奴(ランカー)を狙い撃てるから!

 

厳寒期の代表はコノシロパターン。30cm近いコノシロをバックバック食べるシーバスやヒラメを狙い撃てるため、冬はビッグベイトが熱い

──のだが、難点はルアーの重さと大きさにある。

 

ところがタックルの進化により、「ビッグベイトでも余裕で振れるし操作もできる」ようなロッドが多くなった。

今まではバスでポピュラーだったビッグベイト。

だが今冬はソルトが熱く、20cmもある大型スプーン『マグナムスプーン』が登場しはじめる。

スポンサーリンク

マグナムスプーンはバスフィッシングがリードする

日本はルアーフィッシングの後発組。

流行と新しいことはやはりアメリカに分がある。

 

数年前、バストーナメント上位者のほとんどが、使用していたのでマグナムスプーンが話題に。

8インチあるデカいスプーンは異様だが、効果は結果が物語っている

 

日本でも、最近は大型スプーンの開発記を目にする。

焦点となるのは冬のコノシロパターン

同サイズのプラグよりコストダウンできるし、飛距離とアクションの両立、そしてユーザーのタックルが対応できるようになったためでしょう。

サーフルアーでマグナムスプーンを使うための基礎知識

サーフは比較的重めのルアーを使うと思われている──けれど、視野を広くすればそうでもない。

サーフの「ヒラメ専用」で60g以上はなく、大抵30g前後に収まる。

 

マグナムスプーンは2oz(56.7g)が当たり前。

これでも小さい方で、平均は80gほどになるから、重いルアーを使うサーフ専用モデルでも、対応するロッドがなかったりする。

つまり、「流行に乗るぜ!」とマグナムスプーンを買っても、投げれるロッドがかなり限られるわけ。

 

今回の記事はサーフルアーに限定して、マグナムな重さと大きさを扱うための下準備の話。

ということで、「コノシロパターンを狙い撃つビッグベイトやマグナムスプーンを扱うにはどうしたらいいか?」についてまとめてみる。

【タックル選び】マグナムスプーンの難点は重さと大きさにある

キャストタイプで飛距離を伸ばすロッド選びのポイント
キャストタイプ別とは、投げ方のスタイルや必要な力のこと。 サーフルアーは「飛距離が重要!」と、なんでもかんでも遠くに飛ばそうとさせる。 重いルアーは確かに飛ぶけれど、数時間振り続けるの...

 

この記事で取り上げているロッドでも、ビッグベイトに向いているロッドはごく一部。

10ftは長い部類になり、重いルアーを扱うのはハッキリいって向いてない。

ビッグベイト設計のロッドは7~8ft台が標準

 

アメリカのマグナムスプーンは、200mmは当たり前、110g以上だってある。

この大きさを身近な物で例えると、500mlペットボトルと同じ大きさです。

ジョイクロ178(48g)で重いというようじゃマグナムスプーンは扱えない

DAIWA : モアザン SB-スプーン – Web site

 

DAIWA『モアザン SB-スプーン』は、「115mm35g」と「170mm73g」の2種類。

115mmならサーフ向けロッドでもいいけど、170mmをNESSAで投げれば、へし折れる可能性は十分高い(熱い風評被害)。

 

で、今国内にあるマグナムスプーンはほぼ全て輸入品。

アメリカンなサイズで、それゆえにデカイのである。

 

 

まあこれは国内の湖では大きすぎる部類。

けれど海では、マッチするシーズンがあり、それがコノシロパターン

シーバス界では20cm前後のマグナムスプーンの開発が熱いそうなので、その辺のサイズがぽこぽこ発売されると思っている。

 

 

180mm80gあたりがソルト用マグナムスプーンとして基準になると思う。

それ以下なら、“マグナム”と呼ぶ必要はなくない?

最低でもルアーウェイト100gを許容するロッドが欲しい

現状では磯で使う「ロックショアキャスティング向けのロッド」がおすすめ。

磯では長めが有利だし、10ftクラスのロッドも弾数はあるほう。

最高クラスで望むなら、ヤマガブランクスのブルースナイパー106PSや、MCworksのRagingbullシリーズみたいなスペックが欲しい。

 

でも高いんですよね。

別に最高クラスでなくとも、投げて魚を掛けたいだけなら、100gを許容しつつ長めのロッドを選べばいいだけ

『ジグキャスター106H』は1万円台で、120gも投げられます。

マグナムスプーンの性質を知ろう

大型のスプーンは当然重く、幅広となれば抵抗も増大するし、アクションでロッドに負荷がかかりやすい。

この辺りを詳しく解説しているのはこちらのサイト。

 

マグナムスプーンの使い方・フックチューンを秦拓馬が解説&実釣(動画
バスフィッシングの本場アメリカのトーナメントを席巻し、日本でもネクストアラバマリグとして注目を集めている「マグナムスプーン」――デザイナーであるBen Parkerの名を冠したNichols Lure

 

秦拓馬プロが実釣でやっているリフト&フォールを、10ft台のロッドでやるのは正直ツライ。

100gのメタルジグで同様のことはやれるけど、ベイトモデルに比べてグリップエンドが長くなるスピニングモデルではやり辛く、どうしてもストレスがたまる。

でもサーフだなら「まずは投げる」で深く考えなくてもいいかと。

 

何故マグナムスプーンでロッド操作が重要視されるかというと、スプーンはアクションの自由度が非常に高いから。

レンジを一定に引くタダ巻きから、激しいジャークまで対応できるので、アプローチする手段も組み合わせ次第で無限大。

100gでもジャークで曲がりすぎず、確実にリフトし、魚のトルクに負けない。

──そんなワガママなロッドが要求されますね。

ルアーの起源でもある万能なスプーンのアクションに死角なし

サーフヒラメでスプーンは使われているほう。

難点は幅広なので波に乗りやすく、アクションが瓦解しやすいところ。

それもサイズを上げることで、流れに負けないルアーになる。

 

 

重さのわりに飛ばせないのが難点だが、マグナムスプーンは、座布団キラーになる素質は持っていると思う。

【まとめ】次のフィッシングショーでマグナムスプーンが話題にならなければソルト業界が終わってる

マグナムスプーンは実際に使っている人もチラホラ。大きいシーバスを釣ったりと結果は出ています。

アメリカで流行ったのは2年ちょい前で、こっちで発売されはじめたのは1年ほど前。

 

「デカイ」「オモイ」「アタラシイ」でまとめると──

 

  • 「デカイ」からビッグベイトを食べているランカーサイズを狙い撃ち! 冬期に合う!
  • 「オモイ」からサーフの波と流れに負けず底をとれる。よってヒラメへのアクセスも抜群!
  • 「アタラシイ」においては、まだこれからなので、実際に使って結果を出せば余裕でテスターになれるかも? あと魚がこれに対してスレてない。

 

ってところ。

小さいルアー使って、小さいヒラメをいちいち「ソゲ(笑)」っていうくらいなら、デカイルアーを使ってソゲをシャットアウトしてみたら? って思う。

サイズを追い求めるスタイルなら、デカイルアーを選択しましょう。

 

「あんなクソデカイスプーンで釣れるわけないだろ…」ってのが、マグナムスプーンを目にした人たちの感想でした。

しかしバストーナメント最終戦で、入賞アングラーの大半が使用していたこのデカイスプーンが話題となり、日本にも輸入され、このたびソルトも注目しだしました。

 

フックを増やしただけのジグで満足してんじゃないぞと。デカイ魚だけ狙えるルアーもありゃいいじゃないかと。

 

良くも悪くも”万能受け”を狙いすぎて、製品は日進月歩じゃなく旧態依然です。

その中で良い悪いをユーザーが背比べしているだけだから、プロの構想が受け入れられず、無難な物しか生まれていない気がします。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。

海釣りがメインで、たまに淡水もやります。2018年は身近な浜名湖で、ポイントを転々と釣り歩いてマッピングしたい所存。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生