厳寒期サーフでも「かっ飛び棒」はなぜ釣れるのか

冬は魚もアングラーも冬眠していきます。でもサーフは(水温的な意味で)熱いまま!

激シブと多くが嘆く厳寒期こそ、釣果が増える稀有なルアーがあります。それがJUMPRIZEのかっ飛び棒。

改めて「かっ飛び棒130BRは冬でも強い理由」にクローズアップしてみました。

スポンサーリンク

かっ飛び棒のすごいところは巻かなくてもいいところ

かっ飛び棒の優れているポイントは、130mmの大きさで38gもあるのに、水面直下も通せる浮き上がりの早さにあります。

図体のわりにフォールが遅いため、なるたけ動きたくない魚の眼の前に、ゆーっくりとふらふら落ちるベイトを演出できるため、「……しゃあない、食ったろ!」と、重い腰をあげてもらえるわけです。

そして飛距離はメタルジグ同等に飛びます。雑な投げ方でも飛んでる最中に姿勢を正すため、キャスティング技術の差があまり現れません。

──でもそれらの要素はオマケみたいな存在です。

ルアーはなるべく巻かないほうが釣れる

ルアーは巻く釣りと思われがち。でも巻かないほうが釣れやすい。

「……お前は何いってるんだ?」と頭の心配をされそう。でも今までのヒットパターンをよーく思い返してください。──ほとんどが「フォール中」でしょう?

水温が下がると魚の動きも鈍るため、早いリーリングでは噛みつく前に逃げられる状態に。なので彼らの動きに合わせて、口に送り込むようなアクションが求められます。

かっ飛び棒に関して細かいインプレは「こちらの記事」で書いているので──今記事では「低水温の厳寒期でヒラメを狙えるかっ飛び棒の有効な使い方」について記述します。

スポンサーリンク

【冬期サーフ向け】季節風を味方につけるウィンドドリフト

冬期に遠州灘で吹く風は、常時7m前後の西寄り。人によっては”爆風”と感じるでしょうけど、追い風になりやすいのがメリット。場所によっては10mだろうがやりやすく感じます。

でもラインが風にあおられ、ルアーが浮き上がりやすい難点はどうしようもない。そのため沈ませるタイプ(シンキングミノー・ペンシル)は有効レンジから外れやすい。

強風下では潜らせるタイプ(リップ付きミノー・比重のあるメタルジグなど)が有利に働きますが、プラグはどうしても飛距離ができにくい難点があります。

……この難題を解決する方法はないのだろうか。

かっ飛び棒はジグミノー寄りのシンキングペンシル。カテゴリ内でも随一の重量(38g)はありますが、ラインが浮かべばどうしようもありません。

そのため、あえて巻かないメソッドが成立します。

ピンポイントを攻めるドリフトコントロール

まずはピンポイントで狙うべき箇所を決めること。それを決めないと闇雲なだけで、コントロールするとはいえません。瀬の周りや離岸流の出口、そして中や周囲など、狙うべきポイントを見定めることが第一歩。

今回の例は、着水後に瀬の一部をフォールで狙いつつ、ラインを煽ってドリフトさせ、離岸流のオイシイとこを通す想定です。

かっ飛びドリフト説明1

  1. 風が自分の右手から吹いているので、沖の瀬のポイントやや右方向に着水させる
  2. キャストしたら、ラインは全て水面につけ、風に煽られるのを防ぐこと。
  3. ここでロッドを持ち上げ、意図的にラインを風にのせれば、ルアーが浮いてほぼ真横にスライドします

風でラインが煽られる時は、いくらメンディングしようと無駄。ティップから出るラインを全て水に浸けるほうがマシです。波で折れる可能性があるのでティップは浸けないように。

ルアーを着底させるため、煽られつつ移動する分を逆算し、ポイントのやや右手に着水させましょう。すると左へと進みながら沈み、いずれ着底させることができます。

これを任意で調整するのがドリフトコントロール。

かっ飛びドリフト説明3

着底させた状態でラインはこんな感じで弓なりになります。真っ直ぐメンディングする必要はなく、少し張る程度で十分。この状態でアタリをロッドで感知するのはほぼ無理です。たるみがある時はラインでアタリをとりましょう。

「なんだよ、ハードル高いじゃねぇか……」、そう思うことはありません。

ヒラメは一度噛んだらそうそう離しません。だからラインをメンディング中でも「なんか重い」と感じたり、引っ張られたり、よくわかんねぇけどラインが真っ直ぐなってたりしたら、それがアタリです。

かっ飛びドリフト説明4

瀬でアタリが来なかったら、そのまま離岸流の出口から中へ通します。これは巻取りつつ離岸流へ寄せそこで止めて落とせばいい。「流し込む」のほうが的確かな。

一連の流れをざっくり押さえると──

  • 「ここに居そう!」なポイントから風上に向かって着水させる
  • 風の力でスライドさせつつボトムまで落とす
  • ラインの変化を逃さなくても、巻いて重ければヒラメさんが着いてる

基礎知識があると、「水深AならBグラムでC秒かかるから、あのポイントからDメートル離して着水させるか──」てな具合に組み立てることができます。

ラインがたわんでいてもルアーは線をなぞってくる

強風時のドリフトコントロールで難しいのは、たわんだラインでルアーがどこを通ってくるのかわからない点でしょう。この解決法はすごい簡単。

水面に浮くラインがそのままルアーの通り道になります。

ようはルアー通したいポイントにラインを置けばいいわけ。これは無風条件でも同様。

ドリフトをマスターすれば上下前後左右に動かす3Dアクションゲームが可能になる

ぶっ飛び君やかっ飛び棒を使ったドリフト釣法は、「3Dメソッド」といわれています。

別にこれじゃなくても、水平フォールするルアーなら同様のことができますし、軽めのメタルジグでも可能。風が強い日は無理に巻かなくても、ロッドとラインの操作だけでアクションは成立できます!

  • ロッドを立ててラインを海側へ煽らせれば沖へ動かせる。
  • 横に倒して煽らせれば真横に動かすこともできる。
  • 特性を理解し、組み合わせれば、ただ巻くよりも長時間、ルアーを見せる時間が生まれる。

風を味方にすると、こんなことだってできるようになります。

スポンサーリンク

【まとめ】かっ飛び棒はなぜ厳寒期でも釣れやすいルアーなのか

  • 強風時でもルアーの重さでドリフト操作がやりやすい
  • 下から見れば細身、横から見ると大きいから、アピールしやすいスレにくい
  • 向かい風でも問答無用に飛ぶ(それなり)

厳寒期に釣れるルアーを選ぶコツは、遅く長く見せることができる性質を選ぶこと。かっ飛び棒はその要素が十分すぎるほど備わっているため、オールシーズンでよく釣れるルアーなのです。

ルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生