厳寒期サーフでも「かっ飛び棒」はなぜ釣れるのか

 

冬になると水温は下がりはじめ、それにならいアングラーも冬眠していく……。

でもサーフでは、JUMPRIZEの「かっ飛び棒」の釣果が、ひときわ目立つようになった。

それもそのはず、「フラットの活性が落ちてきたカナー?」なんて時こそ、真価を発揮するから。

 

改めて「かっ飛び棒130BRは冬でも強い理由」にクローズアップしましょう。

スポンサーリンク

かっ飛び棒のすごいところは巻かなくてもいいところ

『かっ飛び棒』が他のルアーより優れているところは、130mmの大きさかつ38gの重さなのに、水面直下も通せる浮き上がりの早さにある。

図体のわりにフォールが長くとれるから、魚の動きが鈍る時期でも、「……しゃあないな」と重い腰をあげてもらう程度のアピールが可能。

サーフで重要とされる飛距離も、メタルジグを超えるくらいに飛ぶ。

でもそれはオマケみたいな存在。

 

ルアーは巻く釣りと思われがち。

だけど巻かないほうが釣れやすい。

 

「……お前は何いってるんだ?」と、頭の心配をされそう。

今までのヒットパターンをよーく思い返してください。

──ほとんどが「フォール中」でしょう?

現実の魚に似せるだけがアクションじゃない

ルアーフィッシングは巻かないと成立しない。

あらゆる相手に食わせるアクションとは、「食わせる間=隙」を演出すること。

止める(ストップ)」そして「落とす(フォール)」の2点が重要。

 

これらのアクションはあらゆる相手に有効です。

ボーッと泳いでる魚は、水中にいくらでもいるでしょう?

その中でも弱っている魚は、他とは違う動きをしますよね。

ルアーは魚の動きを正確に真似る必要はなく、アクションにメリハリをつけたほうが見つけてくれやすいし、釣れやすくなります。

 

かっ飛び棒に関して細かいインプレは「こちらの記事」で書いているので──

今記事では「低水温の厳寒期でヒラメを狙えるかっ飛び棒の有効な使い方」について記述します。

【冬期遠州サーフ向けメソッド】季節風を味方につけるウィンドドリフト

冬期に遠州灘で吹く風は、常時7m前後の西寄り。

追い風になりやすいのがメリットで、場所によっては、10mの爆風だろうがやりやすく感じる時も。

 

でも強風下では、ラインが風にあおられ、ルアーが重量級でも浮き上がりやすい難点がある。

そのため沈ませるタイプ(シンキングミノー・ペンシル)は水面に出やすく、有効レンジから外れやすい。

こういう時は、潜らせるタイプ(リップ付きミノー・比重のあるメタルジグなど)が有利に働きやすい。

 

かっ飛び棒はジグミノー寄りのシンキングペンシル

カテゴリ内でも随一の重量(38g)があるが、それでも強風下では浮き上がってしまう。

そのため、あえて巻かないメソッドが成立する。

ピンポイントを攻めるドリフトコントロール

まずはピンポイントで狙うべき箇所を決めること。

それを決めないと闇雲なだけで、コントロールするとはいえません。

 

瀬の周りや離岸流の出口、そして中や周囲など、狙うべきポイントを見定めることが第一歩。

今回の例は、着水後に瀬の一部をフォールで狙いつつ、ラインを煽ってドリフトさせ、離岸流のオイシイとこを通す想定です。

 

かっ飛びドリフト説明1

 

風が自分の右手から吹いているので、沖の瀬のポイントやや右方向に着水させる

キャストしたら、ラインは全て水面につけ、風に煽られるのを防ぐこと。

ここでロッドを持ち上げ、意図的にラインを風にのせれば、ルアーが浮いてほぼ真横にスライドします

 

風が強い時は、フェザーリング(スプールを指でおさえる)しようが何しようが、メンディング中にラインが煽られます。

着底させたいのなら、煽られて移動する分を計算して、ポイントのやや右手に着水させる。

そうすることで、着水後は左へとスライドしつつ沈んでいき、着底させることができる

 

かっ飛びドリフト説明3

 

余裕のあるカウントで着底させた時、ラインはこんな感じになっているはず。

無理に真っ直ぐメンディングする必要はなく、強風下では時間の無駄。

余裕がありすぎても支障になるので、適度に巻取りましょう。

 

ラインが真っ直ぐの状態以外は、アタリをロッドで感知するのはほぼ無理。

こんな時はラインを注視しましょう。

「ビクッ」と張ったり、動いているのが止まったり、早く動いたりしたのがアタリです。

ヒラメは一度噛んだらそうそう離さないので、メンディングの時に「なんか重い」と思ったら合わせてOK(適当)。

 

瀬のポイントでアタリが来なかったので、ついでに離岸流の出口から中へ通します。

リールで巻取りつつ離岸流へ寄せ、そこで再び止めて落とす

「流し込む」表現のほうが的確かな。

 

かっ飛びドリフト説明4

 

風の力でスライドさせつつ底へ落としていき、アタリがあれば合わせるし、無ければ回収して再び同じことをやる──

のではなく、若干ズラして探っていきましょう。

ラインがたわんでいてもルアーは線をなぞってくる

風が強い時にラインを直線にするのは無駄な労力。

こんな時は、「水面に浮くラインを辿るように、ルアーは動く性質」を頭に入れておきましょう。

ようするに、ルアー通したいポイントにラインを置けばいいわけ。

 

長々説明したように、巻くことでアクションをさせずとも、落とす(流す)ことをコントロールできれば、強風時でもピンポイントの底を狙えます。

かっ飛び棒はこれがやりやすく、そして魚を連れてきてくれやすい。

これらのテクニックを活用して釣ったのがこの回。

 

投票にいったら偶然にも魚が釣れましたin湖西サーフ
期日前投票をサクッと終わらし、これで日曜に何の気苦労もなく出かけれるものです(釣りとか)。 それはそれとして、火曜のリベンジ戦に行ってきました。

 

この時は10m近くの西寄りの風で、ただ巻では底を通すことができないから、ドリフトで狙いました。

ドリフトをマスターすれば上下前後左右に動かす3Dアクションゲームが可能になる

風や波などを使うドリフト釣法は、ぶっ飛び君では「3Dメソッド」といわれています。

特別それじゃなくても、水平フォールするルアーなら同様のことができますし、軽めのメタルジグでも可能。

 

風が強い日は無理に巻かなくても、ロッドとラインの操作だけでアクションは成立できる!

 

ロッドを立ててラインを海側へ煽らせれば沖へ動かせる。

横に倒して煽らせれば真横に動かすこともできる。

特性を理解し、組み合わせれば、ただ巻くよりも長時間、ルアーを見せる時間が生まれる。

 

「止めて、底に落とすだけで釣れる」

これがぶっ飛び君やかっ飛び棒で提唱される、3Dメソッドの強み。

【まとめ】かっ飛び棒はなぜ厳寒期でも釣れやすいルアーなのか

 

  • 強風時でもルアーの重さでドリフト操作がやりやすい
  • 下から見れば細身、横から見ると大きいから、アピールしやすいスレにくい
  • 向かい風でも問答無用に飛ぶ(それなり)

 

活性が低くなるほど、ルアーは遅く長く見せるほうが効果が高い。

かっ飛び棒はその要素が十分備わっている。

だから厳寒期でも釣れやすいルアーなのです。