ナイトゲームでレッドヘッドが釣れる理由

古より釣れると評判の「レッドヘッド」は、赤と白だけの単純なカラー。

今よりカラーバリエーションが少ない時代に産まれつつ、七色に輝くレベルのカラーが当たり前な現代においても、レッドヘッドは時流に褪せない実績があります。

「なぜ釣れるのか?」

その理由を考えることで見えてくるのは、自然にあり得ない色ほどよく釣れる(真理)ってこと。

スポンサーリンク

ナイトゲームでレッドヘッドがよく釣れる理由

レッドヘッド」は紅白カラーで、すんごくめでたいルアーです!

シーバスルアー黎明期から前線で戦い、疑似餌の頭部が赤で、胴から後ろが白のルアーカラーがそう呼ばれています。レッドヘッドはナイトゲーム(夜)で特に実績が高い。

頭が赤で胴が白……そんな魚が世界に居るだろうか?

でもなぜレッドヘッドは釣れるのだろう? その理由は大雑把に3つあります。

  1. 赤を鰓だと思い「エサやん!」と飛びつくから
  2. 魚は赤色を認識せずに白の部分だけハッキリ見えるからベイトサイズに近くなる
  3. 紅白どちらかに食ってくるからメデタイ

言葉を交わせない相手だから、これらは”経験からの憶測”であって、絶対じゃないです。

疑似餌でなぜ魚が釣れるのかは、小魚と誤認するからと説明がつきますけど、自然界にない色でも危険を感じないのだろうか? の疑問はもっともです。

魚は「赤色」がみえにくい

日本国内で進む魚類学の話ですと、赤色は魚から見えにくい(認識できない)色とされています。この話に関しては、別記事で詳しく書いてます。

魚は赤が見えにくいのなら、レッドヘッドは人間が見るより小さく見えることになります。これ「10cmのルアーが5cmに見えるマジック」みたいな感じ。

色覚は人間のほうが優れています。七色を見て感動するのは人間くらいなんですよね。

ルアーメーカーが語る「レッドヘッドが釣れる理由」

「TAKLE HOUSE」のルアーデザイナーさんのブログで、レッドヘッドが釣れる理由が書かれています。

リップ付のミノーは泳ぐとき、尻尾を振っているように見えますが、このとき頭部も何分の一かで振れています。支点、つまり動かない部分が丁度レッドヘッドの色分けした位置ぐらいにあるのです。
 ところが実際の魚は頭部をそんなに激しくは振りません。その点、リップ付のミノーの動きは変なのです。レッドヘッドの赤い部分は、この変な部分を見えづらくするのに役立っているのかもしれません。目立つのは後半部分が主ですから。

レッドヘッドというカラーについて。 |K-TEN Laboratory

要約すると、より自然のベイトに近づけるには、頭を動かさないルアーを作るべき! みたいな内容。

たしかに自然に泳いでいる魚は頭をブンブン動かしません。

でもそれなら水族館で肉食魚とそうでない魚は、共存が不可能になるのでは?

自然から外れるほど釣れるルアーになっていく

ルアーはバタバタ動く物が多いです。

これは自然に泳ぐ魚とは違う動き──でも釣れます。

小魚だって大型魚が居ない時は悠々と泳いでいます。近づいてきたり、群れから外れると激しく泳いだりして、バタバタ泳ぎます。その動きが肉食魚に「メシだ!」のスイッチを入れると考えられています。

派手なアクションはそれを意識しています。……てことは、ほぼ動かないルアーはベイト群の一部を想定しているわけですね。

選択する時は水中の想像をして、「今日は派手にやったる!」などと考えることも、釣りの楽しみかと思います。

スポンサーリンク

レッドヘッドは経験を積んだベストな実績カラー

冒頭でいったように、レッドヘッドは夜に強いカラーです。

暗闇では白色がまだ認識できる色です。黒と白のコントラスト差で、魚からも「あれは何だ?」と見えているからなのかも。化学で答えは出ていませんが、実績から「夜は白!」と有効なカラーが導かれています。

私が思うレッドが釣れる理由は、魚が白色だけを認識するから、より小型の魚に見えるから食べやすいのでは? と思っています。

カラフルなルアーカラーは人を釣るため?

世界一忙しい釣具屋のオヤジにカラーの質問をすると、場所と状況によりけりの細かい選択を教えてくれますが、最後に「人を釣るため」と付け加えます。

この時はこうとある程度決めれますが、自分で選んだセッティングで釣れるのが、一番うれしくないですか? 達成感もあって。

だから人を虜にしたルアーで魚も釣れたなら、それはとても記憶に残るステキなことだと思いいます。

もしも釣れるカラー選択を追求するなら、自然色とのコントラスト差を意識しましょう。個人の考えでは、自分の好きな色や釣れそうと感じた色で選び──それで釣れたほうが嬉しいと思うので、「カラー選びは好みで選ぶ」のを勧めます。

それであまりにも釣れなければ、人に聞いたり、実績から選ぶのが妥当です。

インプレルアー
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
とある浜松アングラーの一生
タイトルとURLをコピーしました