かじられたワームを見て「ムヒョーw」としている人に知ってもらいたい【環境問題】

ワームがかじられた! バイトの証! ここに魚が居る!!!

……ちょっと考えていただきたい。

はる@釣行中
はる@釣行中

かじられたワームはどこにいったんだ?

マルキュー(MARUKYU)
¥572 (2022/01/30 13:17時点 | Amazon調べ)

かじられたワームはどこへ行く……?

ルアーフィッシングで使うワームは、合成ゴムなり天然ゴムなりのプラスチックで作られています。

ゴムを使うのは「柔らかさ」を実現するため。

柔らかければ水中でも小さな力で動くし、自然の魚(ベイト)に近い動きを表現します。よって食べる側の警戒心が弱まるから、釣れやすいルアーのひとつですね。

昨今はSDGsなり環境投資など、自然環境を今より破壊しないために、改善もしくは維持する動きが活発です。

海洋では「マイクロプラスチック」が問題視されていますよね。

そう……かじられたワームだって、マイクロプラスチックになるわけです。

釣り人はゴミとなる物を投げ入れてる自覚が欲しい

釣り人は釣具を水中に投げ入れています。

それは魚釣りをするために必要な行動。しかし、人によっては環境破壊を促すゴミを捨てているようにも見えます。

互いの価値観に違いはあるし、決して歩み寄れない事柄でしょう。

マイクロプラスチック問題って? データで見るその現状と世界の動き
レジ袋、食器、歯磨き粉な&

釣り人は、水中にゴミとなるものを捨てない努力をするべきです。

ワームを食べると魚もワーム臭くなる

もし魚がワームを食べた場合を考えましょう。

ワームは体内で分解されないため、消化不良として内臓にたまります。その量が多くなるほど、魚への健康被害が出ることはわかっています

ワームを食べた魚はどうなる?
  • 体内に蓄積しすぎて窒息、もしくは死ぬ
  • 分解しようとする過程で体内に臭いが移る
  • 細かいゴムを排出し、水底に溜まって水質悪化
  • 悪化した水質のせいで二次被害

人間がクサイと感じるワーム(ゴム製品)だから、魚に臭いがうつることで、食味が悪くなるし、売れない魚となってしまうでしょう。

生物が分解できないゴム製品は、何年何十年、それこそ数百年も水中に残り続けます。

自然が分解しきれないものだから、年月を重ねるほど、水中にあるプラ製品の量は増えていきます。もし人間が減らす努力をしなければ、海溝がプラ製品で埋まるなんてこともあるかもしれない。

海水・淡水で根深いワーム問題

バス釣りができる湖沼は、一部の管理下で「ワーム使用禁止」の措置がとられています。

バスアングラーは「なぜ禁止にするんだ!」と憤ることが多い。

憤るだけじゃなく、「なぜ禁止になったのか?」を考えて欲しい

ワームだけでなく、ルアー類は基本的にプラスチック製品なので、水中に残りやすいんですよ。

フックは金属なので、錆びてなくなることがほとんど。

でもプラ製品のルアーは残り続けます。特にワームは臭いを発するため、湖底にたまりすぎることで悪臭を発し、水質悪化の原因となっています。

魚釣りで「○禁止」となるのは、環境へあきらかな悪影響があるからです。

自然分解プラスチックがアングラーを救う?

マルキュー(MARUKYU)
¥572 (2022/01/30 13:17時点 | Amazon調べ)

近年は水中で自然分解するワーム(ゴム製品)も増えましたね。

はる@釣行中
はる@釣行中

パワーイソメは生分解性!

釣具でもワームなどルアーに採用され、生分解プラ製品のみ釣り大会で使用可能な規則を作るなど、ECO製品として認知されはじめています。

生分解プラスチックは、水中にいるバクテリアが食べることで、自然に無くなっていくプラスチックのこと。

しかし、すぐ消えるわけではなく、数ヶ月から数年かけて分解していきます。水に入れた瞬間に溶けちゃったら、釣りにならないでしょ?

<環境視点>海に優しく魚にも優しく エコな釣り具が登場:東京新聞 TOKYO Web
きょうは「海の日」。海の恵みに感謝する、島国・日本ならではの祝日だ。この夏は新型コロナウイルスの影響で海水浴場の開設中止が相次ぐ一方、...

生分解ワームは、「バークレイ」と「エコギア」が積極的に取り入れています。

釣り大会でも認可されているため、ワームを使う釣りをよくするアングラーは、これらのメーカーから選ぶといいでしょう。

Design for Fisherman - BIODEGADABLE WORM
デザインフォーフィッシャーマン、エコギア、フィッシュリーグ、プライムエリア、Design for Fishierman、ECOGEAR、Fishleague、Prime Area

ゴミは捨てない持ち込まないの努力を

自然にゴミを放置しないためには、「ゴミはゴミ箱へ」を守ればいいだけ。

しかしながら、それすらもできない大人が多いことが残念でなりません。

SNSでは釣り人が捨てただろう大量の釣り糸や、放置された釣具で怪我をした人も少なくありません。影響力のある人がそういう投稿をすれば、釣り人の立場は一気に弱くなります。

根がかりはテクニックで外すことが出来ます。引っ張ったり緩めたりを繰り返すとか、位置を変えてみるとか、あとは「回収機」を使うのも効果的。

特集記事

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!

気に入ったら
「いいね」お願いします!

最新情報をお届けします。
★Amazon売れ筋ランキング★
とある浜松アングラーの一生