くっさいウェーダーをなんとかする方法

蒸れたウェーダーって、くっさいですよね。

それをなんとかするために、ファブったりして香りでごまかそうとすると、余計臭くなってしまいます。うーん、なんとかしたい!

 

結論をいうと、無臭は無理でもイヤ~な臭いを軽減することはできます。

その作業は時間がかかるので、釣行予定がない日にメンテナンスと合わせて洗ってあげましょう。

スポンサーリンク

ウェーダーの悪臭をなんとかする方法

ウェーダーがなぜ臭くなりやすいかは、通気性がすこぶる悪いためです。

にじみ出る汗などが生地に染み込み、そこで雑菌が繁殖しやすいためで、なんとかしようとするなら、滅菌する必要があります。

 

漂白剤と使うとか、熱湯を使うとか、滅菌のやり方はいくつかありますよね。

殺菌するには90度近くの熱湯を使うのが手っ取り早い。

でもウェーダーはゴム素材が多く、変形する恐れがあるため、この方法は無理です。

 

ドライヤーやアイロンでも殺菌出来無いことはないが、死滅させるのには効率が悪すぎる。

そこで活躍するのが漂白剤です。

雑菌を倒すための注意点と手順

ウェーダーの内部洗浄をする前に、事前に心の準備やらを済ませる必要があります。

ようは下準備ですね。それを以下に軽くまとめてみました。

 

  • 内部が乾きにくいので数日干せる余裕が欲しい
  • 塩素系の漂白剤を使用するので、着色した生地を使っている物NG
  • 塩素ガスでポックリしないため、風通しが良い場所でやりましょう。

 

以上を守ってジャブジャブしましょう

ウェーダーに水を溜めて洗浄丸をポイッと

洗浄丸は塩素系漂白剤です。

浴槽や排水口にポイッとするだけで溶けて、ぬめりや水アカを取ってくれるういやつです。

錠剤タイプの漂白剤は、ホムセンや100均の洗濯コーナーに大抵あります。

ウェーダーの脚に水を入れて、そこに1粒ずつ入れてしばらく放置。だいたい2時間くらいでいいです。

時間が過ぎたら中を水洗いして、乾燥させるだけ。

干すのもまた地味に面倒ですが、ブーツを引っ掛けるタイプのハンガーがおすすめ。

マルチハンガーはブーツがすぽんと入ります。

これでぶら下げたら、布団乾燥機やら除湿機で下から攻めたてると早く乾きやすい。

それがなければ、とにかく風通しをよくするか、中に新聞紙を詰めて定期的に入れ替えて、早めに湿気をとりましょう。

 

生乾きが続くとまた臭くなってしまうので注意!

メンテナンス
気に入ったら
「いいね♪」お願いします!
更新情報はSNSでも
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

さししをフォローする
とある浜松アングラーの一生