ウェーダーの悪臭を完全に排除したいならこう洗う!

蒸れたウェーダーは臭い。「この臭いが俺から……だと……」って絶望したいくらい臭いときもある。

ウェーダーに残った悪臭は、消すことが出来るのだろうか?

結論を先にいうと、無臭にするなら新品買うのが早いです。それがもったいないのなら、嫌~な臭いを軽減することは可能です

スポンサーリンク

染み付いた臭いを取るのは難しいが…

ウェーダーの臭いは、汗や皮膚に含まれた老廃物なり、それを目当てに繁殖した微生物が原因であることが多いです。

だから、臭いを取るには滅菌することが重要!

それに使うのは、簡単お手軽なら「お湯」を使うことがひとつ。化学のパワーを信じるなら「漂白剤」を使う手もあります。

それぞれの方法と注意点について補足。

アツアツの風呂にウェーダーを漬け洗いする場合の注意点

ウェーダーはゴム製品であるため、60度を超える熱湯をかけると、変形したり溶ける可能性があります。

なので風呂くらいの熱さ(40度)が丁度いい! 洋服や靴のつけ置きでも、風呂の湯は大活躍します。

方法は簡単。風呂を沸かしたらウェーダーを30分ほど沈めておけばいいだけ。──問題は乾燥です。

裏返して日干しが乾きやすいですが、ブーツの内部まで乾かすのが難しい……。乾燥機を使うわけにもいかないし、ドライヤーをずっと当て続けるわけにもいかない……。丸めた新聞紙を入れても風が通らないと意味がない。

ウェーダーを干すなら、ハンガーに吊り下げて、除湿機の風を入るように設置するのがベストかつ速いです。屋外でもいいですけど、晴天か風がある日を狙いましょう。

吊り下げると下から空気が入りにくくなります。

除湿機がなければ、扇風機なりサーキュレーターなど、ウェーダー内部に風を送り込む工夫をしましょう。

漂白剤を使ったウェーダーの洗浄は確実な殺菌が可能

ウェーダーに使う漂白剤は、水に溶ける錠剤タイプを使うと便利。

洗浄丸」は固形の塩素系漂白剤。ウェーダーに水をためて、洗浄丸を両方のブーツにポイッと。あとは1時間くらい置いておくだけ。

漬け洗いが終わったら水でよく洗い流し、先と同じように干して乾燥させましょう。

生乾きは再び臭いが蘇る可能性があります。しっかり乾燥させ、仕上げに日光(紫外線)を当てると、臭いはほぼ完全に取れます。手間はかかりますけどね……。

洗浄丸はホムセンやスーパーのキッチン掃除コーナーで見かけると思います。

最後に──ウェーダーの洗濯は乾燥が要!

ウェーダーを干すのは意外と難しい……。

蒸れやすい季節は初夏~秋にかけて。この時期は湿度も高めで雨も多くなります。室内も屋外でも、なかなか乾かないことが多いですね。

屋内で干すなら、衣類除湿乾燥機があると便利。送風して乾燥しやすくなるので、屋外よりも速く乾きます。

アイリスオーヤマなら安めだしオススメ。夏場は湿気取りにも使えるし、洋服を室内干しにする時にも使えます。だからあって損することはありません!

タイトルとURLをコピーしました