ウェーダーの悪臭をなんとかする方法

蒸れたウェーダーはくさい……。その臭いに「ヴ!」となるたび、自分の体臭は大丈夫なのだろうかと不安になってしまう。

結論をいうと、無臭にするのはほぼ無理。でも嫌~な臭いを軽減することは可能

そのためにはウェーダーを洗う必要があり、作業に時間がかかるので、空いている時間を利用して、メンテナンス代わりに新品の香りを取り戻してあげましょう。

スポンサーリンク

ウェーダーの悪臭をなんとかする方法

ウェーダーが臭くなりやすい理由は、通気がすこぶる悪いのと、汗やら皮膚など老廃物が生地に残って雑菌が繁殖しやすい……そう、臭いの原因は雑菌なんです。

だから臭いをなんとかするには、滅菌すればいい! 殺菌・消毒をするには、「漂白剤」や「熱湯」で雑菌を倒す方法が代表的ですね。

ウェーダーで特に活躍するのが漂白剤です。

ウェーダーの雑菌を倒すための注意点と手順

ウェーダーの臭いをなんとかするには、内部を洗う必要があります。──これが地味に面倒で、「よしそれじゃ洗おう!」と先走ると、中が乾かずよけいにひどくなることもあります(経験談)。

だから下準備が大事。その要点をまとめてみました。

  • 内部が乾きにくいので数日干せる余裕が欲しい
  • 塩素系の漂白剤を使用するので、着色した生地を使っている物NG
  • 塩素ガスでポックリしないため、風通しが良い場所でやりましょう。

以上を守ってジャブジャブしましょう。

ウェーダーに水を溜めて洗浄丸をポイッと

「洗浄丸」は固形の塩素系漂白剤。水に溶けるため、風呂や洗い場の排水口やトイレなど、ブラシが届かない場所の水垢を、科学のチカラでなんとかしようってアイテムです。

別にこれじゃなくても、ホムセンや100均の洗濯コーナーにサイズもいろいろで、種類も豊富です。……溶ければ同じなんですけどね。

まずはウェーダーの両足部分に水を溜めて、そこに固形の漂白剤を1粒ずつ入れてしばらく放置。目安は2時間くらい。

時間がきたら水を流しましょう。漂白剤が溶けているため、素手や傷口に触れないよう注意してください。あとは中のヌメヌメを落とすよう水洗い。

そして乾燥させるだけなんですが、ここが一番時間がかかり、臭いをなくすために重要な工程です。

ウェーダーの洗浄は乾燥が命!

ウェーダーを干すのは意外と難しい。洗ったからと適当に干すと、次の釣行時にまだ湿っていたり、ひどい場合はカビだらけになっていることも……。

なので乾燥は重要です!

裏返しにすれば脚の部分はすぐ乾きますが、問題はブーツの部分。自然乾燥させるなら、ブーツを引っ掛けるタイプのハンガーがおすすめ。室内ならカーテンレールか、クローゼットの引き戸にひっかけたりとかね。

ただしこれだとウェーダー内部に風が通りにくい。ブーツ内部まで一晩で乾くのは難しいから、補助に布団乾燥機など除湿機があると便利です。

それがなければ、ブーツに乾燥剤を入れて補助してあげましょう。

ウェーダーの中が完全に乾かないと、次に使う時に気持ち悪いし、より臭さが増してしまう。

洗うのは適当でも、乾燥の工程はキッチリやりましょうね。

Tipsテクニックメンテナンス
スポンサーリンク

にほんブログ村 釣りブログへにほんブログ村 釣りブログ 東海釣行記へ

記事が気に入ったらシェアをお願いします!
スポンサーリンク
ブログを気に入ったら
「いいね」お願いします!
更新情報はこちらでも

海釣りがメインでたまに淡水も。2019年の目標は月イチ釣行、浜インしつつ遠州サーフを再度マッピングしていきたい。

SNSで更新情報を届けております!
とある浜松アングラーの一生